ガラック

「きょだいなハサミで ズタボロにしてくれるわ!」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲームジョイメカファイト』の登場ロボット。
ワルロボとしてステージ2の8体の敵キャラクターのうちの1体として登場。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアすると
SELECTボタンで対戦でも使えるようになる。

高く掲げたハサミ状のアームパーツと、4つあるレッグパーツが特徴的。
やサソリのような甲殻類を彷彿とさせるデザインになっている。

ハサミを利用した攻撃は間合いが長く、牽制に適している。
ただし必殺技が、
その場対空の「リバースキック」に
投げ技の「ガラックスロー」
移動技の「シャカシャカキック」、「ガラックアタック」しかないため
待ちで牽制しつつ隙を見て飛び込む作戦になる。
その場合、攻撃力が低めなのが若干ネックになってくる。

しかし近年の研究では永パの発見などにより熟練者が使用した際はステージ2トップクラスの強キャラになる。

永パの方法は突進技のガラックアタックを相手にぶつけ、ヒットしたらシャカシャカキックを出し浮いた相手にぶつけダウン、
ガードさせたらガラックスローで硬直を投げダウンさせ、起き上がりにガラックアタックを重ねヒットorガードを繰り返すというもの。
ヒットさせた場合即座にシャカシャカキックを出さなければならず遅れるとシャカシャカキックが当たる前に着地されてしまい繋がらず。
ガードされた場合に投げではなくシャカシャカキックを出してしまうと反撃を受けてしまい、
ジョイメカファイト自体ダウンからの起き上がりの早いゲームなのでガラックアタックを重ねるのも難しいためハメの難易度は高い。
ハメvsハメ



MUGENにおけるガラック

卵寒天氏が製作したものが存在していた。現在は氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
他のシリーズ同様、現代の格闘ゲームらしい様々な要素が追加されている。
乱入者氏のAIが公開されており、AIレベルの調整が可能な他、
原作のCPUを意識した負けるごとにアルゴリズムが強化される発狂システムを搭載。一定操作で最初から発狂度を上げることも可能。
貧弱な性能を補うためにレベル1から超反応を自重せず、
条件こそ厳しいものの、決まれば6割は持っていくループコンボを使ってくる。


出場大会