ゴーストン

「このラーのぼうれいロボが しのせかいへとみちびいてくれるわ!」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』の登場人物。
ワルロボとしてステージ3の8体の敵キャラクターのうちの1体として登場。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアすると
SELECTボタンで対戦でも使えるようになる。

ステージ2のボスキャラであり、四天王ロボの一体でもあるラーの亡霊ロボ。
ロボットなのになぜ亡霊になるのかは不明。
骸骨の頭部にボディ、そして人魂パーツが4つというラーに似た姿をしている。パーツは減っているが。

動きが独特で攻撃範囲が広く、ラーの特性の多くを受け継いでいる。
一番の変更点はゲーム中最強と噂されるアシバライ。
出は若干遅いものの威力は必殺技並みで、持続が長く判定も強いと出したもん勝ち。
ジャンプキックも食らい判定が小さく昇りで出しても着地まで判定が出てるのでかなり使える。
必殺技は「ソウルショット」「スカルダンス」「ボルキャノン」「ゴーストンスルー」の4つ。
「ソウルショット」はラーにはなかった飛び道具。三日月形の青い飛び道具で使い勝手は普通。
「スカルダンス」は突進技。頭部の判定はそこそこだが、ガードされたら反撃確定。
「ボルキャノン」は一応対空技。攻撃判定は広いが判定が微妙。飛ばさないように使うのが関の山。
「ゴーストンスルー」は投げ技。ゴーストンが大型キャラなので投げ間合いも標準より広い。

いずれにせよ、ラー同様かなりの強敵であることは間違いない。
もっとも、全体的にスキが大きいという弱点も直っていないようであるが
食らい判定が見た目より小さいので、なに気にすることはない。


MUGENにおけるゴーストン

卵寒天氏が製作したものが存在していた。現在は氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
他のシリーズ同様、現代の格闘ゲームらしい様々な要素が追加されている。
IX氏によるAIが公開された。


出場大会