ガーボーグ


「あとひといきで、わたしのいるワルナッチじょうだ。ここまできて、まけるのはくやしいだろうなー。」
「きょうふのシテンノウロボその3、ガーボーグ!たっぷりくやしがらせてあげなさい!」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』のボスの一体。
ワルロボ四天王の一体として、ステージ3のボスキャラクターとして登場。
四天王で唯一、鳥をモデルモチーフとしていない。

アイと同じく一つ目、手はとげつきの鉄球と肩パーツ、胴体は駒のようなものが二つ、縦についている。
名前の由来はガーディアン+サイボーグ……だろうか?
CPUでのAIはプレイヤーの技に対応した技が強すぎるため、凶悪なボスとなっている。
相性によってはホウオウよりもひどい戦いになることも。

ダチョーンラーに輪をかけて強い。
技構成は2体と違い必殺技のラインナップが何かに特化しているわけではなく、
遠距離ではハンマーウェーブで牽制、スキができたらメタトルネード、密着されたらリフトスローというように対応型の技を見事なまでに搭載している。
メタトルネードの突進速度や削りダメージからややアームウォークがかすむように思えるが、
近距離でのメタトルネードはガードされたあとのスキに対空技で手痛い反撃を受ける恐れがあるため、
中距離での攻防ではアームウォークの方が使い勝手が良いといえるだろう。

  • 「メタトルネード」
    • ←↓→+A+B ダメージ16POW
無敵・突進・対空のガーボーグの代名詞でみんなのトラウマ。
この技一つで対空・中距離からのけん制への差し込み・切り返しが全てできてしまう。
落下時にスキができるが、落下速度が速いため慣れないと追い討ちに苦労する。
ガードしても反撃は可能だが多段判定でもあるため密着でガードするとものすごい勢いで体力が削られる。
ただし対人戦だとそのスキからかなりのダメージをもっていかれることがあるので乱用は厳禁。
さらにコマンドがジョイメカの中でも難易度の高いコマンド入力+同時押しタイプなので、慣れないと不発に終わることも。

  • 「ハンマーウェーブ」
    • ↓ためAorB ダメージ12POW
ファイアーウェーブと同じ、打点の低い飛び道具。
自分の胴体を叩いて発射する、ちょっとユニークなモーション。これも発生時の前後キーで速度変化。
発射までが遅く弾速も遅いので撃ち合いになると不利だが、それでもガーボーグの相手を飛ばせる数少ない手段の一つで、飛び道具にしては結構威力が高い。

  • 「アームウォーク」
    • ←ためA ダメージ16POW
名前のとおり手で歩いて足で攻撃する突進・多段削り技。 ベントーイカガッスカー
移動速度は遅く持続も長いぶっちゃけ隙だらけな技だが、手で歩くため本来判定があるはずの足元の部位に判定がなくなり、一部技をすかすことが可能。
こちらもガードするとものすごい勢いで体力を削るが、やはり反撃が確定するため発動は計画的に。

  • 「リフトスロー」
    • ←or→+A ダメージ16POW
真後ろに投げる投げ技。
効果音のおかげで強く感じるが、性能は普通のロボと同程度である。



ステージ3のボスであるが対人戦でのランクは中堅程度。確かにメタトルネードは破格の強さだが、
3ボスにしては火力が低くろくな連続技もなく、メタトルネード以外の技やロボの性能が はっきりいって微妙 なのである。
特に歩きがとても遅く、 前進速度がほとんどのロボの後退速度に追いつけないほど。
ジャンプ時の横移動のベクトルも小さく、前述の飛び道具の撃ち合いに弱いのもあり、待ちはかなり強いが相手に待たれるととたんにきつくなる。
飛び道具にあわせてメタトルネードをすればいいのではと思われるが、流石に画面端ぎりぎりまではとどかないことが多く途中で上昇してしまう。
そして一つの技だけ強力というのは裏を返せば それだけその技を警戒されやすい ということでもあり、うかつにぶっぱなし外してしまうと
前述のとおり手痛い反撃を受けてしまう。コマンドが難解なのもマイナスか。
ただしそれを除いてもメタトルネードが強力な技であることに間違いはなく、上位ロボでも対空に弱いワイ等には露骨に強い相性差の激しいロボである。
高難度CPUクラスの精度や超反応でメタトルネードを出せれば上位クラスを狙えるが、それを人間に求めるのは酷か。

対人戦の一例


MUGENにおけるガーボーグ

yamabe氏が制作した原作再現のものと卵寒天氏が作成した格ゲー風アレンジ仕様のものが存在している。
卵寒天氏のガーボーグは氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
氏の他のキャラ以上に原作からアレンジされており、IX氏によるAIも公開されている。

+ 詳しい解説

出場大会