ピエール


「まぼろしのどうけしロボじゃ。あいてをまどわせるきじゅつがとくいじゃぞ」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』の登場ロボット
濃い美形担当変態エセ貴族ポルポル君どこぞのRPGの仲間になるモンスターではない)。
……ではあるのだが、実際にはゲーム本編では一切登場しない上、デモなどにも登場しない。

では一体このロボットは何なのかというと、『ジョイメカファイト』のROMカセット内に
スプライトのデータのみが入っており、それ以外は操作するプログラムもない、所謂没キャラなのである。
そのスプライトのデータを利用し、yamabe氏がMUGENキャラとして製作したものである。
名前は元々がジョイメカのデータで見つけたのはスプライトデータだけだったので適当だとか。
道化師のような姿をしており、お笑い担当に見えるため
スカポンボコボコの立ち位置だったのではないかと思われる。
やられ顔もかなりおかしなものになっている。ちょっと不気味。
スカポンとガワ替えチートで操作

性能、操作性は『ジョイメカファイト』に基づいており、ジャンプ頂点位置はやや低い。
また、モーションは今のところさまざまなロボのモーションの使いまわしのようだ。
元々、キャラクターのデータ以外は操作や技はおろか、名前すらもない状態だったので仕方ない

「マジカルボール」は飛び道具。クエイクウェーブがモーション元。速度調節で高さまで変えることができる。
「ジャグリング」は連打技。ジオクラッシュがモーション元。
「ジャンピエール」は対空、突進技。モーションはサスケのジャンプキック。隠しコマンドの別軌道が存在する。
「スープレックス」は投げ技。モーションはジオの同名技。

とりあえず、借り物の技とはいえ、こうしてMUGENで日の目を見れたのも、何かの縁だったのかもしれない。

参考動画

出場大会