ジェル

「このロボのひっさつわざをしったとき、もうおまえはおわりなのだ!」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』の登場人物。
ワルロボとしてステージ2の8体の敵キャラクターのうちの1体として登場。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアすると対戦で使えるようになる。

特徴はクリームのような頭に眠たそうな半目。全身は透き通っており、背景に透過している。
文字通りジェルっぽい。しかしジョイメカ。なんなんだアンタ
性能は投げ・空中技・突撃技、そして特殊技の「ドロロンパ」である。


  • ドロロンパ AB同時押し ダメージ無し
他に同じ効果が存在しないジェルの固有技。
モーションこそホノオの「ファイアーフレア」と同じだが、使うとジェルが画面から見えなくなる。でも効果音は消えない。
解除方法はもう一度同じコマンドを入力するか、体力が少なくなるか、気絶するか、攻撃被ヒット時か……。
実はカメラワークのブレでも、おおよそ姿がわかる。ファミコンで遊んだ人ならわかると思うが、TVの砂嵐画面でもうっすらと姿がわかる。

余談だがドロロンパ状態でKOされるとダウンエフェクトが出ず、効果音だけがむなしく響く仕様になる。
ジョイメカが一体ポツンといる所に、いきなり「ボガーン」と大きな音が出る光景はシュールでちょっと怖い。

もちろん活用できるのは対人戦であってCPU相手には何の意味もないので注意。
しかし、ジェルの最大の持ち味はこの寂しい性能だけではない。
それは 隠しコマンドである

  • ジェルツイスター 空中でA+B 8POW
センジュの「フライングドリル」と同じ。空中投げを持たない相手には非常に有利。
回転中の効果音が違うが、ドリルに該当するパーツが出ていたりと性能は似通っている。
したがって隠し要素もまったく同じで、この技は A+B同時押し追加入力で加速 するのだ。

  • ジェルスロー 相手の近くで →+A 14POW
ジェルを相手に投げつける技……ではなく全キャラ共通の変わり映えしない投げ。
モーションはスカポンの「スカポンナゲ」、性能はサスケの「トモエナゲ」と同じ。
……と思いきや、間合いは狭いが実は Bボタンで 威力が 20POW にあがる。
ジョイメカ投げダメージ最大値ランキングは26POW24POW22POW、20POWと4番目。
若干見劣りするが、それでも充分高い威力。

  • ジェルキック ←ため+B 8POW
突撃技。隠れていた膝パーツが出てきて、そのまま水平に飛び膝蹴り。
性能はタイガーの「フライングニーキック」と同じ。
この技の隠しコマンドは 2つ ある。
  1. コマンドを「←ため↓+B」か「十字キー斜め左下+B」(ようはジェルキック中に↓を押しっぱなし)にすると 着地タイミングが早くなる
  2. 「ジェル キック」が発動しても十字キー斜め左後ろとBを連打すると、なんと相手接近時に 20POW の「ジェルスロー」が暴発する
    これは1.のときも可能だが、単独で、十字キー斜め左後ろとBを押して投げない。バグ要素っぽい?

……と、 ジェルは実は投げキャラだったんだよ!
「ドロロンパ」で消えて、「ジェル キック」と「ジェルツイスター」で距離をつめ、「ジェルスロー」という黄金コンボを使いこなせれば君もジェルマスターだ!
こういうステージ2面という序盤キャラに隠し要素をふんだんに使ったキャラクター性はいい。

総評としては「ドロロンパ」が死に技となるCPU戦に強さを期待できない以上、上位を狙っていくのは難しい。
しかし対人ならば、「ドロロンパ」を極めた猛者がいる。「ジェル キック」はかく乱に使えるし、「ジェルツイスター」を絶妙な高さで当ててくるし、
20POWの「ジェルスロー」を容赦なく使ってくるだろう(というか、そうしないとジェルが詰む)。

強さランク的にはプレイヤーによって上の下~下の中までは変動するのでは(トップ10入りはキツイかもしれないが)。


MUGENにおけるジェル

yamabe氏が制作したものが存在する。

さらに卵寒天氏が製作したものも存在し、IX氏によるAIが公開されている。
ただし、現在は氏のブログ閉鎖に伴い本体は入手不可。
ドロロンパでゲージを消費するかわりに飛び等具無敵が付加されている。
さらにダメージを受けても透明化が解除されず、原作とは違って中下段の区別もあるため
かなり強力な技になっている。


出場大会




添付ファイル