アイ(ジョイメカファイト)


「かくらんせんぽうをとくいとするロボじゃ。ジャンプのはやさはいちばんじゃ。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』の登場人物。
NBC女主人公ではない。こんなのがヒロインだったら怖すぎる
最初はワルロボとしてステージ1の8体の敵キャラクターの
うちの1体として登場し、倒せばリョウシンカイロを組み込まれて仲間に戻る。
目玉(eye)が印象的で、手足に爪がついた昆虫のようなデザイン。
撹乱戦法が得意らしく、見えないところから第3の爪を出して攻撃することができる。移動速度も速い部類に入る。

性能は遠距離からの攻撃(奇襲)が得意で、後述のカッターキックからの固めが強力。
通常技で非常に使えるのがキョウパンチ(→A)。
仕様により発生は1F、リーチに優れ判定もそこそこ、持続が短いのでガードされても隙がない上に爪にやられ判定が無いと非ッ常に高性能。
ダウンは奪えないもののヒットバックが大きいので相手との距離が離れ、カッターキックが出しやすい距離になる。


「アイ アストロン」は体力を消費して一定時間無敵になり攻撃判定が発生する技。
瀕死時には出せない、途中でキャンセルできない等デメリットもあるが、ガードされても無敵時間がなくなるわけではない、復帰硬直がほぼないので出せさえすれば安定。
モーションはブランカのエレクトリックサンダーに似ている。

「アイ コプター」は身体を回転させて浮遊する技。
足に攻撃判定があり、空中制御が出来るのでめくることが可能。出している間に↑Bでもう一度滞空できる。

「カッターキック」は片足を突き出し高速で突進する技。
ジョー東のスラッシュキックを思い浮かべると分かりやすい。
無敵時間はないがガードされると近距離でジャンプし、そこから空中技(アイコプター含む)を出すことが出来る。
ここからの固めが強力で、例としては「カッターキック」→ジャンプ攻撃(AorB)→着地でキョウパンチorカッターキックなどなど。
無敵技を持たないキャラでは脱出が困難で、修羅の心を持つプレイヤーとの対戦ではこれだけで削り殺される可能性がある
対策としてはカッターキックのコマンドミスを待つくらいである。
ガード後にアイコプターで後方に逃げるという選択肢に反撃できるキャラは非常に少ない。

「アイ スープレックス」はモーションは短いが普通の投げ技。


MUGENにおけるアイ

yamabe氏が製作したものが存在している。


出場大会




添付ファイル