ジャイアント


「パワーじまんのロボじゃ。うごきはおそいが、てきにあたえるダメージはすごいのじゃ。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』の登場人物。
サスケネオと同じくワルナッチ博士によってワルロボに改造され、ステージ1の8体の敵キャラクターのうちの1体として登場し、倒せばリョウシンカイロを組み込まれて仲間に戻る。
ジャイアント」の名の通り他のキャラクターに比べ一回り大きく、頭は茶色い岩のような形で、手は黒光りする鉄球
よく間違えられるが、彼のアッパーキャラはギガントではなく、ガイアンである。

プロレスなのかボクシングなのかよくわからないファイティングスタイルである。
性能は投げ・飛び道具・突進技と対空。
こちらも基本がそろったロボとなっている。
投げは隠しコマンドで威力が強化するというメリットがある。

「クエイクウェーブ」は速い飛び道具。発動時やや後ろに小ジャンプする。
飛び道具にもかかわらず 「↓タメ←+A」と、最後に敵と反対方向にキーを入れる という変則コマンド。(入力自体は難しくはないが)
また、このキャラに限ったことではないが発射寸前に前後キー入力で速度調節が可能。

「ダッシュストレート」はバイソン同様のコマンドで性能もほとんど一緒。
移動距離は調節できない。
また判定は手の部分だけなので飛び込まれると弱い。
ガードさせて射程範囲内の場合 投げが決まる という
とんでもないメリットがあり、これを使った永パも存在する。

「ヘッドバット」は対空技。少し前進しながら頭突きをかます。
多段削りがあり地上隣接でガードさせると3,4回は削れてほぼダメージを与えたも同然になる。

「パワーボム」は投げ技。→↓←か←↓→を入力した後Aで強化版。(通称裏ボム、この技に限らず隠し技は「裏○○」と呼称されるが、発売された年代的に考えて裏ワザの裏を取っているのだろう)
ジャンプしながらのパワーボムとなり、威力が8Pow上昇する。



MUGENにおけるジャイアント

yamabe氏が制作したものが存在している。
標準でAIを搭載していて、近づくと「パワーボム」で投げられ、離れると「ダッシュストレート」で距離を詰めてパンチや「パワーボム」につなげてくる。

出場大会