ARX-7 アーバレスト


「教えて欲しいか……
  陣代高校二年四組。出席番号四一番。二学期もゴミ係の――

――相良、宗介だっ!!」

賀東招二のライトノベル『フルメタル・パニック!』シリーズ及び、それを原作としたアニメ作品に登場した
ラムダ・ドライバ搭載の最新型アーム・スレイブ(通称AS、所謂人型ロボット兵器)。
AIの名前は「アル」。声優は室園丈裕氏。
パイロットは主人公であるソウスキー・セガール相良宗介(声は関智一氏)。

「M9 ガーンズバック」の試作機をベースにブラックテクノロジーを投入して製作されている。
(ブラックテクノロジー:ウィスパード((未来から)囁かれし者)と呼ばれる人間により作られた未来技術)
骨格系等にM9とは異なる専用のパーツが用いられているため、作中では予備パーツが不足気味であった。
機動力が高く、ECS(電磁迷彩装置)等の特殊な装備も持ち、強襲や連続技に向いている機体である。
反面戦闘可能な時間がM9よりも短く制限されているため、長期戦は不得手。
実のところを言うと稼働時間のみならず搭載されたブラックテクノロジーのせいで、元となったガーンズバックよりも
全般的な性能がやや落ちている。
ただ、ブラックテクノロジー「ラムダ・ドライバ」の効果がそれらの欠点を補って有り余るほど強力である事と、
敵のラムダ・ドライバ搭載機に対抗できるのは同じラムダ・ドライバを搭載したアーバレストのみである為、原作では縦横無尽の活躍ぶりを見せる。

ラムダ・ドライバとは端的に言えば「搭乗者のイメージ次第でなんでもできるようになる機能」
(身も蓋もなく言えば「人工固有結界発生器」)であり、
作中ではバリア、指鉄砲から衝撃波、重力と慣性を無視して本来なら自立も論外レベルの巨大ASを動かし戦わせる、
同様の手段で薄い看板を足場に跳躍する、人質に取られた味方機の寸前でパンチを寸止めして後ろにいた敵機にのみ衝撃波を浴びせる、
といったような効果が確認されている。
外部作品だが、スパロボJではラムダ・ドライバを搭載したガウルン(宗介のライバル)のASがマジンカイザーのターボスマッシャーパンチを弾き返し、
スパロボWでも、ガウルンのASと相対したヒイロのウイングゼロをもってしても
ゼロシステムに敗北を確定される(この時点ではアーバレストはいない)などラムダ・ドライバの超性能っぷりを示されている。
「気合いで敵をぶっとばす!」などという精神論とは無縁の職業軍人思考であった宗介とは当初相性が悪く、最初は思うように機能を発揮できなかった。
にも関わらず、唯一のラムダ・ドライバ搭載機(後付けのTRPGリプレイ作品の存在により、最低でももう1機アーバレストが存在しているが所属部署が別)ということで重要な局面を任されることも多かったため、
重圧にキレた宗介が思わず、ヒロインの千鳥かなめに溜まりに溜まったストレスを八つ当たり気味にぶちまけてしまい、
泣きながら走り去る彼女の姿を見た同僚に、そのことで殴られることもあった。

長編『つづくオン・マイ・オウン』において、レナード・テスタロッサの手によって完全に破壊されてしまう。
その後、宗介はアーバレストの意志を継承した機体「ARX-8 レーバテイン」を受け取る事となった。

なお、作中では1機しか登場しなかったが、上記のTRPGリプレイ作品『アンダカヴァ』にて
複数機生産されていた事が明らかになっている(この設定は原作者の許可を貰っている)。
『アンダカヴァ』に登場したアーバレスト二号機(セカンド)は宗介が乗った一号機の一部機構が
開発者の死でブラックボックス化したため、通常のパイロットの他にウィスパードを乗せる事で
ラムダ・ドライバを起動させる事が可能になっているが、二人で同乗しないと操縦出来ない。
パイロットはニコ・キャンベルと田中美兎。
その他三号機以降もまた、別仕様で生産されている事が示唆されている。
なお、四号機のみ二号機と同じ仕様だが、四号機はTRPGのシナリオ用であり、
その動向に関しては各GMの任意とされている(逆に言うと、二号機の扱いは原作サイドが認可した公式の物である)。
ちなみにこのリプレイ、原作イラストレーターの四季童子氏と
原作主要人物であるテレサ・テスタロッサ役のゆかな氏がプレイヤーとして参加するという豪華な事になっている。
まぁ『魔獣戦士ルナ・ヴァルガーRPG』なんて前例もあったし。
(リプレイに原作者が参加しており、後にプレイヤーキャラ達が原作に登場した。原作主人公の祝勝パーティーに参加しただけだけど)
声優がリプレイに参加している事で有名な『主八界シリーズ』もあるし。
この二人のようにTRPG版で声帯の声優さん本人が直接プレイヤーとして演じた『艦これRPG』の例もある。

+ ゲームでの活躍


MUGENにおけるアーバレスト

※チーム戦の補正切り無し
『スーパーロボット大戦J』の画像を使用したものが、エルリク氏によって製作・公開されている。
ECSとラムダ・ドライバも再現されており、非常に完成度が高い。
なお、ECSを使用すると機体が透明になるが、AI対戦が中心のニコニコ動画では当然のごとく意味がない。
……という訳ではなく、実はECS使用中は殆どの攻撃がガード不能になるため案外使える。
ただし、ECSの使用中はゲージがどんどん減っていくので使用には注意が必要。
AIはデフォルトで搭載されている。

また、にゃん☆鬼龍氏版泉こなたの超必演出でも、こなた自ら乗り込む形で登場する。
これは、アニメのこなたがスパロボのようなゲーム(のような会話演出)でアーバレストに乗っていたため。
+ 参考画像
動画で見る機会はこちらの方が多いかもしれない。

出場大会

凍結

出演ストーリー

MUGEN STORIES INFINITY(相良宗介)
ななやものがたり(相良宗介の戦闘時の姿)

 「まったく……

  カシム、カシムと……。馴れ馴れしいんだ、クソ野郎」

(ガウルンの部下時代にカシムと名づけられていたため、敵となった後もガウルンがカシムと呼ぶ事に対するもの)



添付ファイル