モタロー










モータルコンバット』シリーズのキャラクター。『3』の中ボスとして初登場。
名前の由来は『太郎』だが、設定や外見にそれらしい部分は無いため単に名前を取っただけだと思われる。

ケンタウリアン族と呼ばれる半人半馬の魔人。ゴローキンタローらショカン族とは対立関係にある。
『3』では下半身が馬になっているケンタウロスのような姿だったが、後に『モータルコンバット アルマゲドン』に再登場した際は
ショカン族によって呪いをかけられ、二本足のミノタウロスのような姿になっている。
これは四本足という特殊な体型を3Dモデリングするのが当時の技術では難しかったから、という制作者側の都合によるもの。
結局「出さない」か「姿を変える」かの二択で後者が選ばれ、そのような姿になったという訳。
仕方ないとは言え、残念な話ではある。
『Mortal Kombat9』でもこの問題の為か、『3』以前の全キャラが登場する中で彼だけ登場することができなかった。
一応ストーリーモードには登場するものの、ライデンに一撃で倒され退場するという冷遇っぷり。

また、『3』では 飛び道具常時反射 という、間接攻撃重視のキャラ涙目のとんでもない特殊能力を持っていた。


MUGENにおけるモタロー

  • OMEGAPSYCHO製作 『3』仕様
間合いが広く空中の相手だろうと平気で掴む投げ技(名称不明)がかなり強力。
相手によってはしゃがまれると当たらないため、正確にはガード不能の打撃技なのかもしれない。
AIも搭載されており、この巨体でガンガン突撃してくるのはなかなか怖いものがある。
ただし、FATALITY関係の記述がcmdファイルの微妙に下の方にあり、AIは使ってくれないことも多い。
そういう類の描写が苦手な人には逆に安心かもしれないが、そういう場合は完全に使わせないようにした方が確実だろう。
逆に、確実に使わせたい場合は記述を上の方に移動させると良い。
ちなみにこのモタローのFATALITYには、尻尾を突き刺して破裂させる物と相手の体内にテレポートし破裂させる物の二種類がある。

また、 飛び道具常時反射も実装されている ため、とてつもない弾幕キラーとなる。
これがMUGENでどれほど恐ろしいかというと、大半のキャラのストーリーモード立ってるだけで クリアできるくらい。
つまり攻撃手段が飛び道具しかない奴は文字通り詰みとなる。サワキちゃん?知らん。

  • JEHOVANSS氏製作
現在は公開停止となっている。
こちらも飛び道具反射は備えており、とにかくテレポートを多用して後ろに回りこんでくる。
かなりの強さであり、下手をすると凶クラスの強さである。
とにかく攻撃ヒット時の 出血が尋常じゃない量 で、フェイタリティの際には画面全体が血まみれになるものもあるので苦手な人は注意。
またストライカーとしてキンタローやシャオ・カーンを呼ぶことが出来る。
ちなみにシャオ・カーンとキンタローはイントロや勝利デモの際に
たまに首をもがれたり、真っ二つにされてしまうことがある。南無。

こんな感じで反射してきます

弾幕? 何それ? おいしいよ?

出場大会