ワイ


「いひょうをついたこうげきで、さいこうのあくむをみせてあげよう。」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』のキャラクター。
ワルロボとしてステージ4の8体の敵キャラクターのうちの1体として登場する。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアするとSELECTボタンで対戦でも使えるようになる。

イーロボである「アイ」のアッパーキャラ。
大きな目とカギ爪が特徴的。ニュートラルモーションでは見えないが、一部の技で爪が飛び出してくる。
アイの目がパッチリしているのに対し、こちらはやや寝むたげ。

その気だるげな表情に反し、動きは非常に素早い。もはや意表をつくというレベルではない。
ステージ4のロボの中でも、予想外の苦戦を強いられたプレイヤーは多いのではなかろうか。
「アイのアッパーキャラ……ねぇ?wいっちょやってみっか!」
試合開始直後。なんとなくワイがアイのワルロボ状態に似てるので少し舐めてかかる。

「あ、あれ?ちょwwwおまwww」
ゆったりしたBGMにはそぐわない超スピードで突っ込んでくるワイ。

なん…だと…
プレイヤー ハイボク!! 「ゲンジツハ ヒジョウデアル
特に難易度スペシャルで2ラウンド取られると攻撃パターンが一変し、
狂ったような猛攻を仕掛けてくるので、「発狂王」として恐れられている。

一見するとワンパな試合に見えるが、パターンにハメてさっさと倒さないとこっちが死ぬので仕方ない。

ジャンプが速く空中からの攻めを仕掛けられるのも大きいため、
全体的に高性能なロボが多いステージ4でも、トップクラスの性能を持っている。
ただしワイの戦闘スタイルゆえ、カエンレオなどの最上位キャラには一歩劣る。
詳しくは後述。

性能解説

ティッシュジャンプが多い本作において異色の「速いジャンプ」を備えている。
空中からのラッシュをかけられる数少ない存在である。
  • ワイコプター
    • 空中で↑+B 12POW
空中でゆるやかに回転しながら、わずかに浮き上がる。発生後に十字キーで軌道修正可能。
無防備にジャンプしている敵にはほぼ確実にヒットする。
しかも一度のジャンプで二回まで出せるので、一回見切ったからといって油断してはならない。
「ワイコプターの持続が切れた! 攻め……ウボァー! 」は初心者によくあること。
空中竜巻旋風脚を好きな高さで二回出せるようなもの。当然めくりにも使える。

ただしスピードがかなり緩やかなので、空(地)対空が強いロボや動きの速い相手にはあまり使えない技でもある。
同時押しには1フレームのズレも許されない というゲームの仕様上、少しでもコマンドをミスるとただのジャンプキックになるからだ。
こうなると着地点をずらせないので、ワイコプターでの空中移動を当て込んで適当な距離でジャンプした時などは大惨事になる。
むしろ足の速い相手には、最初からスキが少なく投げハメに移行できるジャンプキックを出しておいたほうがよい。
うっかり暴発してスキだらけにならないよう気をつければ、どちらも優秀な戦法である。

  • スラッシュアタック
    • ←↓→ +B 18POW
片足を突き出して、高速で地面を滑っていく突進技。
ガードされると空中に飛び上がり、そこからジャンプ攻撃やワイコプターを出せるので反撃を受けにくい。
発生も移動スピードも速いため、相手の飛び道具や着地時のスキを容易に突いていける。
これと本作最強とも言われる強パンチを織り交ぜた横押しが強い。無防備にしてる相手には出し得。

  • ワイスープレックス
    • 相手に接近して→A 16POW
足が速いのでわりと決まりやすい。威力もなかなか。
技自体はごく普通の投げ。地味だが決して死に技ではない。

  • バルカンクロー
    • A+B 8POW
アイの「アイアストロン」の代わりに装備された対空技。
自分の右斜め上にカギ爪を飛ばす。斜め上に出る百裂張り手と考えれば分かりやすいか。
一発あたりのダメージは低めだが多段ヒットする。とはいえ、画面端という概念のない本作ではせいぜい2~3ヒットが限界。
カギ爪の届かない正面は無防備なので、読まれてスカされると大変なことになる。スキも大きい。

空中からの攻めが優れている反面、いざ攻め込まれた時の反撃性能が若干アイに劣っている。
バルカンクローも悪い技ではないが、対空・切り返しという点では 完全無敵で全身攻撃判定 のアイアストロンに軍配が上がるからだ。
得意の空中殺法も、最終的には対空技の的という事実には変わりない。
それでも間違いなくトップ5を狙える実力の持ち主ではあるが。

MUGENでは

卵寒天氏によるものが存在していた。現在は氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
氏の他のジョイメカキャラと同様に現代風のアレンジが施されていて、
ダッシュ・バックステップ・上下ガードの区別・空中ガード・キャンセルなどができるようになっている。
ちなみに原作ではお馴染みのやられ中の無敵はなかったことにされた。

さて肝心となる各種必殺技の仕様であるが、やはり現代格ゲープレイヤーにとっつきやすい配慮が加えられている。

ワイコプターはコマンドが「空中で↓↑+X」に変更された。
当時のジョイメカプレイヤーには造作もない調整だが、原作の↑とボタンを押すコマンドは、現在では牙をむく。
ハイジャンプ、二段ジャンプ、空中受け身復帰が搭載されているゲームで慣れた人には、ワイコプターの暴発が怖い。
スパⅣのサガットのアングリーチャージ暴発くらい怖い状態だったので、この調整で暴発率はグッと減った。
ボタン同時押しコマンドだったバルカンクローもコマンド技も変更。こちらも出しやすさに特化させた結果であろう。
氏のジョイメカキャラの、同時押しコマンド技の仕様変更は通例となりつつある。
ちなみに発生は6Fになった。また繋ぎの起点として使うことも可能に。バルカンクローからスラッシュアタックもOK。

乱入者氏によるAIが公開された。このAIはレベル設定が可能となっており、原作の発狂もレベル7、8で再現できる。
貧弱なシステムを補うためレベル1から超反応を自重せず、当て投げも多用するなど中々に凶悪な強さに仕上がっている。
なかでもワイコプターによるフェイントは、嫌らしくもバラエティ豊か。
ふらふらとワイコプターを出したかと思いきや、相手の直前に着地し1F投げ。
スラッシュアタックがガードされた時の強制跳ね返りジャンプのフォローに使う。
通常のジャンプ着地の瞬間に不意打ちで出すこともある。

よく使用するコンボ(リドミに掲載)には最後にスラッシュアタックを決めるものが多い。
スラッシュアタックの単体ダメージは180だが、その倍以上の威力を叩きだすコンボもある。
相手を転ばせた後に2択をせまる強烈な攻めもする。

出場大会

凍結



添付ファイル