スカポカーン


「このナンセンスさで、わらいじにしてもらおう!」

任天堂がファミコンで出したロボット格闘ゲーム『ジョイメカファイト』に登場するキャラクター。
ワルロボとしてステージ4の8体の敵キャラクターの内の1体として登場する。
倒しても仲間にはならないが、ハードモードをクリアすると対戦でも使えるようになる。

主人公であるスカポンコンパチだが、性能的には完全な上位互換。
(スカポカーンに限らず、ステージ4のロボはすべてイーロボの上位互換版)
特徴的だった点目が普通の目になっている。だが定まらない視線のせいでなんか
ちなみにカラーリングについて、
CPU戦でのスカポカーンは黄色カラーがデフォなのだが、スペシャルでのカラーはスカポンと同じピンク色。
一方のスカポンは1Pがピンクで2Pが黄色と、お互い逆になっている。
ちなみに対戦で操作する時はスカポン同様1Pがピンクで2Pが黄色となるためスカポンとの対戦で同じ配色になるということはない。

他のステージ4のロボと違ってスカポンと見た目がほとんど同じなため、見間違えやすい。
ニュートラルポーズの途中で一瞬こちらに背中を向けるのだが、そうなるともう完全に同一人物である。
一応上記の目の他にも胴の飾りや手足の模様と異なる部分はあるが形状自体は変わっていない。
スカポンがお笑いロボットなので、きっとコイツもそうだろう。ワルナッチ博士も「笑い死に」とか言ってるし。
タッグならジョイメカ版「ざ・たっち」がお目にかかれるだろう。

スカポンは他のイーロボと違ってさらわれてワルロボに改造されたことはないはずなのに、
戦闘データだけでアッパーキャラを制作できたワルナッチ博士は何気にすごい人物なのかもしれない。
Dr.ワイリーロックマン上位互換(ワイリー的には寧ろこいつ等?)を作るようなものである。
とはいえワイリーはロックマンのプロトタイプ兼おにいさんであるブルースを戦闘用に改造した張本人。
(ライト博士から脱走して行き倒れていた所をブルースはワイリーに助けられた)。
ライト博士がロックマンを戦闘用に改造するのはブルースよりも後なのでぶっちゃけ(ry
閑話休題。


原作での性能

スカポカーンの性能は、はっきり言って ひどい の一言に尽きる。
プレイヤー操作では、ホウオウを抜けば確実にトップ3に入る。
攻めのレオ・守りのカエン・一発屋のスカポカーンというところ。

技性能解説

  • ローリングポカーン (←ため→+B 20POW)
スカポカーンを象徴する必殺技
見た目は高速で回転しながら突進するだけ(スカポンの「ローリングスカ」と同じ)だが、
攻撃力が大幅に上がっており(「ローリングスカ」は12POW)派生技もある。
+以下、派生技一覧(威力はすべて20POW)
  1. 対空ローリングポカーン(←ため十字キー右斜め上+B)
  2. 空中ローリングポカーン(空中で←ため→+B)
  3. 真上方向へ飛ぶ(ローリングポカーン後追加入力でA 十字キーによる方向修正でも可)
  4. 放物線を描いて飛ぶ(ローリングポカーン後追加入力でB 十字キーによる方向修正でも可)
これらの派生により対地、対空、奇襲、逃げ、めくり永パのすべてをカバーできる。
しかもガードすると跳ね返ってしまうため、飛び道具や突進技のないキャラはまともに反撃できない。
「ローリングポカーン」に対抗するには相討ち覚悟で強判定の技をぶつけるか、先読みして捌くしかない。
ブロッキング直前ガード、避けなどがある後世の格ゲーならまだマシな技だったのだが……。

なお、この技は追加入力のタイミング次第で追尾版ホウオウキャノンすら飛び越える
誘導+高速のホウオウキャノンでさえそれなのだから、他の飛び道具は推して知るべし。
相手が確実にダウンするので、一発当たれば勝ったも同然。プレイヤー操作ならどこまでもエグくできるが、CPUはやや有情。
  • トンデケポカーン (→OR←+A 16POW)
頭を外して飛ばすこと以外は何の変哲もない飛び道具。それでも持ってるだけで有利である。
威力はスカポンの飛び道具である「トンデケー(8POW)」「コンナンイラヘン(14POW)」よりも高い。
  • ハチャメチャクチャ (A連打 1HITあたり10POW)
「飛び道具は一つで充分」と言わんばかりに、連打技も搭載している。コンナンイラヘンは本当にいらなかった。
連続ヒットではないので喰らってからでもガードできるが、密着から直撃すると5、6発当たって半分近く減る
気絶値も高く、ガードしても2割は持っていかれる。
  • スカポカーンナゲ (相手の近くで十字キー+A  24POW
そして「最も最も最も最も最も最も最もおそろしいィ――――ッ!」のが、この投げ技。
なんと全キャラ中、最高の威力を誇る上、投げ間合いが非常に広い
他に24POWの投げ技を持つのは、パワーキャラであるギガントとボスキャラであるラーだけ。

万能の突進技、スタンダードな飛び道具、削りに使える連打技と高威力の投げ。
一見するとホウオウと同じくらい詰みに入るような気がするが、スピードだけはやや控えめ。
ジャンプもかなり緩やかで、通常移動もほとんど進んでくれない。
あと飛び道具の性能もホウオウや他のキャラには劣るので、CPU戦ならすんなり倒せることもある。
「ローリングポカーン」でほとんどの状況に対応できるが、逆に言えば「ローリングポカーン」に頼らないと話が始まらない。
「ローリングポカーン」一本でトップ3入りしたと言っても過言ではない。イメージは『ストIII3rd』のユンの幻影陣が近いか。


CPU戦でスカポカーンと闘うなら空中投げとスピードに長けたサスケか、飛び道具の性能がいいキャラがオススメとなっている。
「ローリングポカーン」は発生が早くても無敵技ではないので、MUGENではそれほど脅威ではないかもしれない。
距離を取って動きをよく見ていけばなんとかなる……はず。

プレイヤー戦ではローリングポカーンゲーになるであろう。
特にスカポカーンVSスカポカーンでは、いかに相手に先にローリングポカーンを出させるかの駆け引き勝負になる。
ローリングポカーンには無敵が一切ないので、後出しの方が有利だからだ。
ただし、当たり前だが、後出し側も無敵無しなので相打ちや判定負けも十分ありえる。

+何?もっと超!エキサイティン!したい?
実はローリングポカーンにはパワーアップバージョンがある。
  • 強化版ローリングポカーン (→↓←A+B  28POW~35POW
この技は当たるタイミングによって威力が変わるというギャンブル要素を持つ。
しかもモーションがまったく同じ(一瞬だけ赤く光る)なので、見分けるのは難しい。
使いこなせれば、緊張感のあるバトルが味わえるだろう。
ちなみに35POWというのは、mugenの標準(ライフ1000)で換算すれば397ダメージである。
別の例えで言うと、高火力で名高いストI波動拳とほぼ互角である。 (厳密には強化版ローリングポカーンの方がちょっと安い


MUGENにおけるスカポカーン

卵寒天氏によるものが存在していた。現在は氏のブログ閉鎖に伴い入手不可。
他のキャラクター同様現代風のアレンジが随所になされている。
具体的には
 ・ダッシュ
 ・バクステ
 ・上下ガードの区別
 ・空中ガード
 ・キャンセル
 ・連続技

卵寒天氏のジョイメカキャラにとっては、もはやお馴染みの調整である。
+詳しい解説
ジョイメカといえば全技1フレーム発生だが、卵寒天氏のスカポカーンはちょっと違う。
通常技はすべて5フレーム~11フレームに調整されている。必殺技もすべて1フレーム発生ではないので安心。
1フレーム発生はスカポカーンナゲとローリングポカーンだけ!

トンデケポカーンが「←ため→+ボタン」のタメコマンドに変更された(発生17フレーム、150ダメージ)。
元のゲームに慣れていると、ついついタメ時間を短めにしがちなので注意(十字キー後ろ入れっぱで出る)。
そのため原作レベルの弾幕合戦は不可能となった。
また、ジョイメカの飛び道具は発射した後に十字キーでスピードを調整できる共通システムがある。
氏はこの仕様を押すボタンを変えることで低速・普通・高速の3段階を再現させている。

次にハチャメチャクチャ(発生7フレーム、5×nダメージ)。
こちらもボタン連打コマンドから昇龍拳コマンドに変更。元のゲームに比べ暴発率はグンとダウン。
この技を対空として使うと中々美味しいので、現代格闘ゲームに見合った変更といえる。

発生も1フレームなので、是非とも狙っていきたいスカポカーンナゲ(220ダメージ)。
投げ範囲は24ドットに設定されている。

そして本題のローリングポカーン(発生1フレーム)。
威力は約200ダメージで統一されているものの追加入力・空中ガード不可は健在。
有能な技だが無敵はない。よって相手の無敵技には切り返されてしまうので気をつけよう。

  • ローリングポカーン1
いわゆる原作と同じコマンドで出せるごくごく普通のローリングポカーン。空中可
(氏のリドミによると空中版はローリングポカーン2という位置づけ)。
追加入力でXを押すとその場でちょっとだけ跳ねる。
追加入力でAを押すとそれなりに跳ねる。飛び道具の回避ができるくらいには飛ぶ。
追加入力で24+X+Aを入力すると 威力があがった状態(350ダメージ)で飛び跳ねる。
  • ローリングポカーン3
コマンド4ため9+Aで出る対空ローリングポカーン。斜めに放物線を描くように飛ぶ。もちろん空中でも可。逃げにも使える。

乱入者氏によるAIが作成されている。
レベルは1から9まで設定可能(ただしLV9を動画で使う場合は氏の許可が必要)。
対人向けと対AI向けの境目となる標準LVは4とのこと。
ワイと同じく発狂度の調整が可能(くわしくはAIリドミで。ただし自己責任である)。

また、2013年8月29日にIX氏のAIが氏のSkyDriveにて公開された。
こちらは5段階にレベル調整が可能かつ性能改変パッチとなっている。

  • コンボ
レシピ ダメージ
パンチ×3→ローリングポカーン1 440
トンデケポカーン→ローリングポカーン1 350
アシバライ→ハチャメチャクチャ→ローリングポカーン1 270
スカポカーンナゲ→ローリングポカーン1 420
CPUは上記のようなコンボも狙ってくるため、ジョイメカといえど油断できない。

出場大会

削除済み
凍結