りゅういち

りゅういち「よくきたな! おれたちが だぶるどらごんと よばれる りゅういち! と」
りゅうじ「りゅうじだ! ここから いきてはかえさん! かくごしろ!」

テクノスジャパンのアクションゲーム『くにおくん』シリーズの登場人物。
初登場はファミコンの『熱血物語』。


フルネームは「服部 竜一」(はっとり りゅういち)。双子の弟に竜二(りゅうじ)がいる。
元々は服部学園に通っていたが、冷峰学園の「山田 大樹」(やまだ たいき)に負けたのをきっかけに部下となって冷峰学園に転校。
冷峰四天王を実力で圧倒し、弟共々「ダブルドラゴン」と恐れられた。
りきの恋人まみをさらったのも彼らであり、冷峰学園の女子高生はせべによると「おんなのこをさらうのはだれよりもうまい」らしい。
台詞だけ見ると犯罪臭がひどいが、まあ忍者だから仕方ない。汚いなさすが忍者きたない
ちなみにりゅういちは犬、りゅうじは猫が大嫌いであり、熱血物語SPによると、りゅういちは飼い犬、りゅうじは野良猫を見るだけで驚くとか。
そして自分を棚に上げつつそんな事でビビってる相手に呆れている模様。


忍者の家系であり、様々な格闘技をマスターしている。
具体的には、 空手5段、柔道8段、剣道6段、ボクシング、中国武術。
戦うときは、主に中国武術を使う。
(一応言っておくと、彼らがダブったりしてない限りこの段位は絶対取れない。…まさかそういう意味でもダブルなのか…)
見ての通りイラストとドット絵が全然似ていないが、
これは、「ダブルドラゴン」の主人公兄弟と同じものを使用しているからである。
(その後の「熱血べーすぼーる物語」において、イラストと同様の物に変更された)

ゲーム中でも、ラスボス「やまだ」が待つ屋上への階段の前で「りゅうじ」共々戦闘になる。
余談だが、このときのBGMは同社のベルトアクション代表作「ダブルドラゴン」のテーマ曲であり、
竜一竜二兄弟自体が「ダブルドラゴン」の主人公兄弟をモチーフにしていることによる。
おかげで原作でもダブドラのテーマ曲が流れると「りゅういち・りゅうじの曲」なんてコメントが流れたりする……

その強さは、はっきり言って 異常 の一言に尽きる。「あくのおおぼす」の「やまだ」より苦戦した人も多いのではないだろうか。
最終ボス手前の敵だけあってステータスも高く、攻撃範囲の広い必殺技「龍尾嵐風脚」を持ち、
さらに、弟のりゅうじもほとんど同等の性能の上、二人同時にかかってくる。
もっとも、2人プレイもできるため、二人がかりでハメて倒すこともできるのだが。
なお、これらの技の名前は全てりゅうじがつけているらしい。

リメイク版となるゲームボーイアドバンスの『ダウンタウン熱血物語ex』では、
多くのキャラクターにファミコン版『熱血物語』以降に発売されたシリーズ作品で使用できた必殺技が追加されている。
りゅういち、りゅうじも例外ではなく、りゅういちは「爆魔脚(爆魔龍神脚)」、りゅうじは「天殺拳(天殺龍神拳)」が追加され、
新技「」も会得し、さらに行動ルーチンも強化されている。
加えて、イベントの進め方によっては冷峰学園前生徒会長の「おにづか」も戦闘に加わり、3人を同時に相手する事になる。
ファミコン版の時よりも相当な苦戦を強いられる事は間違い無い。
そんな彼らを退けた後のラスボスやまだは…彼ら以上に強化されて実にラスボスらしくなっていた。
簡単に言うと追加技「やまだのじゅつ」が回避困難かつ超破壊力。
過去のシリーズ作品でのこの技を知る人はこの作品での威力の高さに目を疑う事になるだろう。
なお、GBA版ではりゅういちはそのままだがりゅうじは金髪になり、兄弟のグラフィックに差別化が施されている。
ちなみに「びっくり熱血新記録」ではオクラホマハイスクールの選手としてりゅういち達と同じ顔をした(ジミー・リーと思しき)「じみー」が登場している。

更に2度目のリメイク作である3DS『ダウンタウン熱血物語SP』では、グラフィックが以前の同じ髪色のものに戻された。イベント中のポーズは差別化されている。
超必殺技として「双龍転生・蒼(りゅうじは紅)」という前世の記憶を呼び覚ましてパワーアップする技が追加された。
ストーリーでは忍者の家系という事を意識したのか、イベントでの動きが高速移動となっている。足の速さが自慢のかっとびのもつこと望月にはそんな演出はつかなかった。
またルート次第ではダブルドラゴン、おにづかに加えて冷峰四天王ヘッドのこばやし(+親衛隊二人)の6人を同時に相手にする事になる。

また、クローンゲームの『熱っ血格闘伝説』ではストーリーモード
操作キャラとパートナーのどちらかでそれぞれくにおとりきを選んだ場合はラスボス戦後にりゅうじと共に、
パートナーをくにおにしている場合はりゅうじに加えてとうどう、やまだの4人で隠しボスとして登場。
(ストーリーモードでは上記の4人を選ぶ事ができない)
後者では同作のシステムに則ってりゅういちが「カンフー」タイプ、りゅうじが「マーシャルアーツ」タイプで戦うが、
前者ではダウンタウンシリーズでお馴染みの制服姿&モーションで現れ、更に独自システムとして「すーぱーこんぼ」を搭載。
ゲージが貯まる事で通常よりも強い技を放つ事が可能になり、手ごわい相手となっている。
前者の場合 後者の場合
ちなみに元ネタの『熱血格闘伝説』で二人の名前でキャラ作成すると 「柔道家」タイプになってしまう。 いや確かに空手より柔道の方が段高いが…
また携帯アプリ版ではデフォルト登場したもののなぜか新規追加の 「暴走族」タイプ もう一方で「忍者」も追加されてたのに何故
これらの点に納得いかなかったプレイヤーもいたことだろうが、その雪辱はこれで晴らされたのかもしれない。

また『熱っ血』及びその原作『熱血格闘伝説』のラスボスの名前は「とらいち」「とらじ」、
兄弟名も「ダブルタイガー」と、ダブルドラゴンを髣髴とさせるネーミングが施されているが、関連性は不明。
『くにおくん』シリーズの生みの親こと岸本良久氏は「ダブルドラゴンとダブルタイガーが戦ったらどっちが勝つの?」
という質問に対しては「ダブルドラゴンでしょうね!」と回答していた。


MUGENにおけるりゅういち

とけい氏が製作したファミコンドットのものが存在している。
DOS版推奨だそうであるが、WIN版でも問題なく動く。

ジャンプやダッシュ、バックステップなど原作にはない動作もできるが、空中ガードはできない。
さらに、ジャンプがA+Bボタンで上ボタンではない。要注意。

技も原作で登場したものをそろえているが、さすがに足りなかったのか、
りゅうじの技である「天殺龍神拳」や「ゴージャスパンチ」さらには別人の技である「びっぐばんぐ」などが搭載されている。
また、超必殺技としてりゅうじとの協力技である「ダブル殺法・爆魔龍神掌」と「ダブル殺法・龍尾乱風脚」も使える。
ちなみに、これは漫画版の技であり、原作ゲームには登場していない。

+ MUGENにおけるストーリー

出場大会

  • 「[大会] [りゅういち]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル