ゴウカイザー





本名 : 凱座勇人(かいざ・いさと)
コピー : バーニングヒーロー
所属 : 第22区学徒校舎 ベルナール式最終格闘技修得クラス2年
年齢 : 17歳
生年月日 : 1999年8月1日
血液型 : A型
身長 : 180cm
体重 : 74kg
好きなもの : バイクのチューニングとツーリング、チリソースドック
嫌いなもの : 筆記試験全般(出来ないからではなく生理的に嫌い)、塩辛
宝物 : RF900F-ISATOスペシャル(親父から)と、母から渡されたボロ道着




「行くぜッ!カイザァァァ、ゴォー!!」

テクノスジャパンの変身ヒーロー対戦格闘『超人学園ゴウカイザー』のキャラクター、そして主人公。
本名は凱座勇人。読みにくいが「かいざ いさと」と読む。声優氏。
巨大学園都市ベルナール学園に最近になって外部から転入してきたいわゆる転校生である。
謎の石カイザーストーンを取り込んだことで真紅のアーマーを身に纏った姿に変身する能力を身に着けた。
それからは謎のヒーロー・ゴウカイザーとして学園内で話題になるほどの活躍を見せる。
しかしそれは、ベルナール学園校長・王崎冰こと絶対神王牙の壮大な計画の一部だった……。

性格は一匹狼的なアウトローながら悪を憎む熱血漢。このあたりはCVが檜山修之という時点でわかりやすい性格と言える。
とはいえ過不足ない主人公らしい主人公のため逆に個性が目立たず、やや地味な感じは否めない。
人間関係では、かりんからはゴウカイザーとして熱愛されている(正体はバレていない)。
彼女のことを少々面倒に思っており、正体がバレないよう気をつけている。
ただし、かりんのエンディングでは正体を知られてしまい、「ゴウカイザー様ってばあ…。」と執拗に付きまとわれる結果に。
OVAでは最初から正体を知られているが、ゲームほど面倒な好かれ方ではないようだ。
なお、ゴウカイザーの姿では金髪碧眼だが、変身前の勇人は黒髪に黒目である。
また父・轟一郎はバトルマスター神龍(シェンロンの異名を持つ拳法の達人であり、このゲームで「変身」しないキャラクターの一人でもある。

エンディングでは唯一、数枚の絵だけでメッセージがない。演出だと思われるが拍子抜けというか地味である。
流れとしては、ラスボスの王牙を倒したあと腕の変身ブレスレットを投げ捨てて新たな旅立ちを予感させるという感じになっている。

飛び道具「バーニングスラッシュ」、上昇系無敵対空「カイザーストライク」、突進技「バック・ファイヤー・エルボー」という
三種神器の他、空中飛び道具「ハイアースラッシュ」奇襲技「トリックスターキック」を持っている。
必殺技が当たると相手は燃えるため派手で、性能も悪くなくバランスよく揃っているのだが、言い換えればステレオタイプすぎるせいか、
はたまた他キャラが濃すぎるせいか、どうにもパッとしない感が拭えない。 というか主役のヒーローなのにカッコ良くない。
ちなみに「バック・ファイアー・エルボー」は通常必殺技なのにコマンドが「↓↙←↓↙←+Pボタン」なためとっさに出しづらい。
「トリックスターキック」はトレース可能技で、自身がトレースすると「ハイパートリックスターキック」を覚える。
…え?主役なのに奇襲技を伝授&強化するの?
超必殺技乱舞技「カイザー・エクスプローラー」を持つが、それとは別に隠し超必殺技「バーニィ・サモナー」を持つ。
炎を纏いながら上昇し、炎の龍となって突進する技で、どこぞの爆裂究極拳とよく似ている。
これは自分がピンチの時(自分の体力だけが点滅している時)のみ使える、見た目も威力も派手なまさに奥の手である。
余談だが「カイザー・エクスプローラー」は直訳すると「冒険家」と意味不明になってしまうことが一部でネタにされた事がある。

「見たか! 人のみが持つ無限の可能性を!」



MUGENにおけるゴウカイザー

死門氏による原作を基にしたゴウカイザーが存在したが現在は入手不能。原作通りキャラクターは縦に大きい。
技などは揃っているが、トレース技などで一部未実装のものもある。
Nori氏による5段階にレベル調整の可能なAIパッチがJ・J氏のサイトで代理公開されている。
隙あらば執拗に乱舞技「カイザー・エクスプローラー」を狙ってくるなかなか手強いAIなので要注意。


出場大会


「へっ、なかなかやるじゃあないか お前のパンチ、きいたぜ。」