ディアルガ&パルキア


「グギュグバァッ!!」

「ガギャギャア!!!」

データ

ディアルガ

分類: じかんポケモン
タイプ: はがね / ドラゴン
高さ: 5.4m
重さ: 683.0kg
特性: プレッシャー(自分がわざの対象になった時、そのわざのPPを1多く減らす)
   テレパシー(ダブルバトルの際、味方の攻撃に巻き込まれない・夢特性)

パルキア

分類: くうかんポケモン
タイプ: みず / ドラゴン
高さ: 4.2m
重さ: 336.0kg
特性: プレッシャー
   テレパシー(夢特性)


任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』の第4シリーズ、『ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場するポケモン。
青い方がディアルガ、白い方がパルキアである。互いに対になる存在であり、
シンオウ地方の伝説ではディアルガが「時間」、パルキアが「空間」を司る神と呼ばれている。

ストーリーでは、彼らに関する事を初めてお目に掛かれるのがハクタイシティのポケモン像であり、
後にチャンピオン・シロナの故郷カンナギタウンの祠の裏でディアルガとパルキアの壁画を見ることができる。

「テンガンざん」の「やりのはしら」のイベントで遭遇し、戦闘することになる。ダイヤモンドではディアルガ、パールではパルキアと戦う。
プラチナでは殿堂入りを果たした後、必要なアイテムを入手することでいずれにも出会うことができる。
なおダイヤモンドではパルキア、パールではディアルガは出現しないが、古い書物でその姿が確認できる。
(これをやらないと交換しないかぎり、シンオウ図鑑を完成することが出来ない)
また、シナリオで主人公に立ちはだかるギンガ団にも大きく関わってくる。
+ 彼らに関する事、ストーリーネタバレ注意

映画やポケモンダンジョンにも登場し、それぞれ重要なポジションについている。
アニメでは彼らに関することについて原作の要素に色々と追加点が加えられ、
ギンガ団編では専門コーナーが作られ積極的にPRが行われたスペシャル回として放送された。

ちなみにパルキアのテキスト上の鳴き声はパールでは冒頭の通り、ディアルガの「グギュグバァ」と見事に対になるものだったのだが
プラチナでは パルパルパルパル 「ぱるぱるぅ!」 と妙に可愛らしいものになってしまった。何故だ。

またポケダンでは一人称が「俺」なうえ、悪のポケモンの策略にあっさり嵌って主人公をブチ殺そうとしたり、
映画ではサトシの「パルキアのバカヤロー!!」と言う台詞、姿形から何か卑猥なものを連想させるなどネタ要因となっている。

『ポケモン+ノブナガの野望』ではディアルガは出演しているがパルキア(ついでにギラティナも)は出演してない。
能力が高い上にドラゴン+鋼とポケナガにおける強属性の複合のためポケナガに登場する伝説ポケモンの中でもかなり強い。
欠点は技に反動があり、使用すると次のターンは使えない事だがリンク値を100%にすることで反動がなくなる(ちなみに他の反動有りの技も同様)。
リンク相手はタダカツ(本多忠勝)。ブショーパワーによって高い攻撃力と防御力を更にあげることができる。

大乱闘スマッシュブラザーズ』では「X」から登場。
ステージ「テンガンざん やりのはしら」のやくものとして、空が青い時にディアルガ(たまにクレセリア)が、紫色の時にパルキアが登場する。
ステージの足場を一部破壊したり(一定時間で元に戻る)ファイター達に攻撃を仕掛けてくる。
加えてディアルガの場合はゲームスピードを遅くしたり、パルキアの場合は画面を上下逆さまにしたり左右反転(操作も逆になる)にしたりしてくる。
「for」ではパルキアのみがモンスターボール及びマスターボールから現れるポケモンの一体として続投。
「あくうせつだん」で画面の上下を一定時間逆転してくる。


原作での性能


種族値

ディアルガ
HP:100
こうげき:120
ぼうぎょ:120
とくこう:150
とくぼう:100
すばやさ:90

パルキア
HP:90
こうげき:120
ぼうぎょ:100
とくこう:150
とくぼう:120
すばやさ:100

ミュウツーギラティナなどと同様に、バトルタワーなどのルールでは使用禁止に当たる「禁止級伝説」と呼ばれる区分の二体。
両者とも伝説のポケモンだけあって、全体的に能力は高め。
互いの種族値を見るとHP・防御はディアルガ、特防・素早さはパルキアの方が高いがあまり差はない。
共通して特攻に優れているので、それを生かして技は特殊系が中心になりやすい。
弱点は特攻を上げる積み技がないのでいわゆる「ハピで止まります」になることだが、技構成を工夫して補うことは可能。
ちなみに直接対決した場合は、タイプ相性の関係でディアルガが有利。
抵抗タイプもディアルガが多いのだが、弱点の少なさではパルキアに軍配があがる。
(ディアルガはじめんとかくとう、パルキアはドラゴンのみ)

また、ディアルガは「ときのほうこう」、パルキアは「あくうせつだん」とそれぞれ専用技を覚える。
いずれもタイプ一致な上に威力は高いのだが、前者は使用後1ターン行動不能になってしまう。
後者は使い勝手自体は悪くはないが最大PPが5と少ないので、調子に乗って使いすぎるとあっという間に切れてしてしまう。
こだわり系のアイテムを持たせている時は、特に注意。

火力自体は高いのだが力押しになりやすく、戦法を読まれやすいという欠点もある。
もっとも、大抵のポケモンは耐えきれずにあえなく落ちるのだが。
主に対策として使用されるポケモンは、パルキアには流星群や逆鱗を放てるディアルガやレックウザ、
ディアルガにはタイプ一致地震が放てるグラードン、全ポケモンで最も高い特殊耐久を持つハピナス辺りといったところ。
とは言っても、上記の通りこちらが強力な物理技の「げきりん」を使ったりと、わざ構成でカバーは可能。

伝説ポケモンが出場可能なWCSの大会では強力な能力に加え、使用率の多いカイオーガに相性的に有利な事もあって、両者とも採用率は高い。
またこの手の大会では能力や台詞つながりか某吸血鬼スキマ妖怪妬み妖怪等のキャラクターや美少女系キャラの名前、
ネタ的なニックネームが付く事が多くそのギャップの激しさに動画視聴者の腹筋を破壊している。


余談だが、ニコニコ動画での「ポケモンバトルレボリューション」のネット対戦動画のうち、
伝説のポケモンばかり使うトレーナーが自分の負けが確定した時に回線の切断を行った動画に、
パルキアの技からとった「あくうせつだん」という名のタグを付く事がある。

『ブラック・ホワイト』では、ディアルガは「アイアンテール」が追加され、はがねタイプの技がさらに充実するようになった。
その一方で、パルキアは「アクアテール」を二度覚えるようになった。なぜその技を二度も…


MUGENにおけるディアルガ&パルキア

Ricepigeon氏によって、原作のドットを用いて作られたものが存在していたが、現在はHP移転により東方キャラ以外公開終了でDL不可。
キャラ名が「ディアルガ&パルキア」となっており、交互にディアルガとパルキアが出現しながら
それぞれが持つ4つの技からランダムでどれか1つを放ってくるというもの。ハイパーアーマー状態である。
なお、技名はすべて海外版の名称となっている。

ディアルガの技

Ancientpower(げんしのちから):
地面から岩石が飛び出してくる。
Dragon Claw(ドラゴンクロー):
炎が渦巻いた後、斬撃が繰り出される。炎にも攻撃判定あり。
Flash Cannon(ラスターカノン):
ディアルガが前方に向かって灰色のレーザーを放つ。どう見てもマスタースパーク
見た目に反して威力は低いが、自動で相手の方を向く仕様なので反対側に回って避けるということはできない。
Roar of Time(ときのほうこう)
体力が半分以下になると使用してくる。一定時間相手の動きが遅くなる。

パルキアの技

Earthquake(じしん):
地面の衝撃で相手を吹き飛ばす。空中の相手には当たらない。
Draco Meteor(りゅうせいぐん):
画面全体に隕石が降ってくる。1発辺りの威力は低い。
Aqua Tail(アクアテール):
巨大な水の竜巻を発生させる。
Spacial Rend(あくうせつだん)
ブラックホールのようなものが出現し、吸い込まれるとしばらく行動不能になってしまう。

技が繰り出される前には原作風のメッセージウインドウ(ただし英文)が画面下部に表示されるので、
それを見ればどの技が来るのか判断することができる。


また、めるふぃむ氏によってポケダン風(?)の単体ディアルガが公開されている。
カラーを上げれば神キャラとなる。

出場大会

出演ストーリー


その他