コダック


「……コパァ?」

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン。ゴルダックに進化する。
初出は初代であるが、『緑』では捕まえやすいが『赤』では殆ど登場しない。
それ以降も登場し続けており、何気にシリーズ皆勤賞である。
(一応、ポケモンはキャラクターのリストラなどはせず、全シリーズで何かしらの方法で全てのポケモンを登場させることはできるのだが)
また、アニメ版ではカスミの手持ちポケモンとしてよく知られている。
+カスミのコダックって?
無印第27話『スリーパーとポケモンがえり!? 』にてカスミにゲットされた…というより自主的にモンスターボールに入ったコダック。
みずタイプなのに泳げないうえ勝手にボールから出てきては溺れたり弱いのに勝手に出てきて相手ポケモンにボコられたり
色々問題の多いポケモンだが頭を攻撃されると頭痛が激しくなりエスパー技を使いこなすなどたまにはやれる子。
しかし本人はその時の記憶をしっかり忘れているという定番オチもついてくる。

ポケモンアニメの元祖ボケ要因として金銀編まで活躍した。

外見はデフォルメした黄色のアヒルまたはカモノハシといったところ。
いつも頭痛に悩まされており、それがひどくなるとテレキネシスを発動させてしまう。
このときは脳は熟睡状態になっているらしく、再び起きたときにはきれいさっぱり忘れているらしい。
DPPtでは頭痛で立ち往生しているコダックが道を塞いでおり、チャンピオン・シロナから貰える「ひでんのくすり」で
その頭痛を取り除くと言うイベントまで用意されている。
(ちなみに「ひでんのくすり」とは「金銀クリスタル」のとあるイベントで登場しており、
 後にそのリメイク版「ハートゴールド・ソウルシルバー」への伏線となっていた)
また、ポケパークと言う施設で一緒に散歩ができるポケモンの一匹でもある。

最も最短で入手できるのは「ダイヤモンド・パール・プラチナ」のクロガネゲート、
逆に最長となるのは「ブラック・ホワイト」でストーリークリア後に行けるビレッジブリッジ・11ばんどうろ・14ばんどうろに
生息しているゴルダックを捕まえ、タマゴで孵化させて手に入る。
なお『赤』以外は出現率が高く、ゲットするのは容易。

タイプは「みず」単独だが、「エスパー」の技もいくらか覚えてくれる。
ただ、初代のエスパー至上主義の時代では、正真正銘エスパータイプを持っている上にHPが高いヤドランや、
エスパー持ちの上にステータスも高く、強力な技を大量に覚えてくれるスターミーと競合するため、価値は若干低かった。
ステータス的にもあまり突出したものを持たない上に種族値も低めで、さらには エスパー最強の「サイコキネシス」を覚えてくれない。
(ただし『金銀クリスタル』以降ではタマゴ技として覚えることが可能になった)
そのため、初代での対戦で積極的に使用している人はあまりいない。

現在での対戦事情で見ると、進化後のゴルダックはみずタイプで唯一クロスチョップが撃てるため、特殊の天敵ハピナスで止まらない、
場に居る限り全ての天候の影響を遮断する、専用特性「ノーてんき」(伝説のポケモンのレックウザの特性と同効果)があるなど、
数居るみずタイプの中でも独自性を確立しており、さいみんじゅつも持つため、それが強力だったダイパのころは更に強みがあった。
現在は天候パーティ対策などには優秀なのだが、ステータスは良くも悪くもどれも平均的なため、メジャーなポケモンとまでは言い難い。
(なおエスパータイプは弱点技の増加等の影響で、初代と比べるとかなり弱体化しており、わざとしても不一致では選択肢にかなり入りにくい)

そんなわけでそれなりに恵まれているポケモンで、なぜ皆勤しているかというと、
ポケモンシリーズのディレクターである増田純一氏のお気に入りで、 ディレクター権限で登場させている らしい。
流石初代のCMでリザードンと共にアニメーションで動いただけはある。

が、そんな増田氏の愛とは裏腹にトレーナーによってはとくこうの努力値稼ぎの為に狩られる場合もあったり…


MUGENにおけるコダック

海外のWilloughbyJackson氏によるものが公開されている。
なお、ディスプレイネームは海外名である「Psyduck」になっている。

通常のゲージ以外に「頭痛ゲージ」なるものを持っており、通常ゲージから転化したり殴られたりすることで増える。
このゲージを使用することで、強力な技を繰り出すことが可能である。
このゲージが減少するのは「技が当たったとき」なので、はずれてもゲージは減らない。

戦闘では主にテレキネシスを応用した攻撃を使用する。
また、必殺技の使用を禁じる「かなしばり」や、相手のコマンドを無視してめちゃくちゃな行動をとらせる「ちょうおんぱ」など、
トリッキーな技も持っており、飽きさせない。

さらに、ストライカーとしてカスミのポケモンであるタッツーやスターミーを召喚可能。
どうも、このコダックのトレーナーはカスミのようである。

AI無し、振り向かない、必要な画像が足りないので攻撃などの動作で消える、色化けしており修正も効かないetc…
等の理由から動画で見る機会はまず無いだろう。

出場大会

  • 「[大会] [コダック]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル