マスター・タエクック

マスターテェグゥー!

「おぬしがここまでやるとは、危なかったわい。」

純韓国産のバカゲー、『ファイトフィーバー(正式名「王中王」)』のキャラクター。
原作では中ボスを務め、VSモードでのみ使用が可能で、CPU戦での操作はできない。
名前の綴りは「Master taekuk」。
「タエクック」という名はアルファベット表記を日本語読みしてしまったために起きた誤表記であり、
読み方としては「マスター・テグ(テクー)」の方が正しく、ゲーム中の発音もそうなっている。
テグ(taekuk)とは「太極」の意味を持ち、テコンドーの型のひとつ。
つまり名前は「テコンドー・マスター(現・跆拳(テコン)王)」という意味である。

白い髭を蓄えた老人で、オープニングで崖の上でなんか頑張っているお爺ちゃんである。
顔グラフィックは煎餅じじいとそっくりで、東方不敗にも似ている気もする。
テコンドーを極めた達人らしいのだが、手がすっごい伸びて攻撃する必勝技「引手破」を始めとした奇想天外な技の数々は、
どっちかというとヨガマスターなんじゃないかという気がしてくる。いやヨガを極めても手が伸びたりしないんだけどさ。
この人以外が自分手裏剣だったり腹ばい回転だったりただの飛びつき引っかきだったりいろいろアレな中、
必勝技はオリジナリティ溢れたカッコいい物が揃っている。…あれ?毒されてる?
作中でストーリー等は語られないが、OPデモや設定から考えると、山奥で修行をする極めてストイックな人物なのであろう。
…と思いきや、EDでは子供たちと一緒にすっごい楽しそうな顔でジェットコースターで遊んでいる。ワシには解らん

性能はボスだけあって高く、飛び道具「回足破」(名前からすると足から撃ってそうだがそうは見えない)と
空中から強襲し投げを喰らわす「鷹爪握」の性能は並だが、それ以外の技が非常に厄介。
相手を引き寄せ蹴り飛ばす「引手破」は出が早く画面半分に届く長リーチでそのうえ中段
正確にはしゃがみガードした相手は引き寄せず、中段の打撃技となる。ガードされても隙はまるで無い…というか当てて有利
しかも、仕様上連続技がないこのゲームの中で「しゃがみ小P→引手破」はガード不能にでもなるのか唯一の連続技になっている
更に画面外へ跳び上がり相手の脳天に急降下して蹴りをくらわす「直立撃」はガード不能という時点で既に酷いのだが、
技が始動して落ちてくるまでこちらがガードポーズを取り続けてしまい動く事が出来ないのである。もちろんこのゲームにバックステップはない。
一応、レバーを入れなおしてダッシュで避ける事も可能だが、技の出が早いのでたとえ普通に動けたとしても避けるのは困難。
また、通常技も隙が少なめなうえ基本的には単発技だがガード時のみ戻り際にも判定があるという謎仕様の物が多く、
その部分をガードさせると硬直がほぼゼロなため通常技キャンセル行動のような事が出来る。
これを利用した固めが凄まじく、例えば近距離大キックの二段目をガードさせたと同時にジャンプすると、
相手のガード硬直が解けた頃には落下し始めている、と書けばいかほどのものか分かるだろう。
細かい所ではしゃがみガードの体勢が非常に低くなるため、一部キャラの飛び道具が当たらなくなる。
このためCPU戦では鬼の様な強さを誇り、空手先生よりも苦戦したというプレイヤーも存在する。
弱点といえば通常投げが無く、対空にやや難があることぐらい。CPU戦でもそこを突いていく事になる。
名称不明の超必勝技は引手破と同じモーションで相手を引き寄せ乱舞する技。
こちらは中段では無いがリーチと出の早さは変わらず

ちなみに彼に勝利するとプレイヤーの勝ちセリフが文字化けする
文字化けするくらい跆拳王になれたのが嬉しかったのだろう。多分。


MUGENでのマスター・タエクック

  • の。氏制作のタエクック
基本的には原作再現で、基本的な技は全て搭載されている。
超必勝技は再現が難しいらしく氏曰く「想像の範囲」で作ったアレンジ技となっている。
iswebライト終了によるキャラ公開サイト消滅後、流れ者氏が代理公開を行っている。

ほしおでん氏(旧名:おでん氏)のAIパッチが存在している。
ケン・カスタード氏によって
不足音声を追加し、こもっていたボイスをクリア音質にするボイスパッチが公開されていたが、現在は公開停止中につき入手不可能。

また、死門氏による改変版も存在したが現在は入手不能。

+ 大会ネタバレ

「どうじゃ、わしの跡を継がんか。」



出場大会


出演ストーリー