菊地真



 年齢:16歳
 誕生日:8月29日(乙女座)
 身長:157cm
 体重:42kg
 3サイズ:73-56-76
 血液型:O型
 趣味:スポーツ全般
 イメージカラー:黒
 CV:平田宏美

「へへっ、やっりぃ~」


プロフィール

アイドル育成ゲーム『アイドルマスター』の登場人物で、765プロに所属するアイドル候補生の一人である。
名前の読みは「きくち まこと」。「しん」ではない。また「菊真」や「菊地」など誤記されやすい。
2つ合わさったら実在する物理学者だと言った奴、お前は何を言っているんだ。

一人称は「ボク」。凛々しく精悍な顔立ちをしており、ぶっちゃけパッと見美少年である。
性格は真面目で元気がよく素直で正直。体育会系な面もあり、良い意味で男らしい。
アイドル駆けだし当初は異性より同性に人気があったり、美少年アワードで優勝してしまうイベントもある位なので相当なもんである。
しかし本人は「かわいい」というワードや乙女チックな物に凄く憧れていたりする。
だが本人は自分の好きなものと自分の対外的イメージが違うことを理解しており、一応表向きは隠している。
可愛さに何か間違った認識を持っており、時折可愛く振舞おうとしてとんでもないことを言い放つこともある。まっこまっこりーん!

勉学が苦手であるようだが、卓越した体力と運動神経の持ち主で、空手の達人(初段・黒帯)でありダンスも得意である。
スト3の同名少女とは名前だけではなく、少年風の外見や空手要素などいろいろかぶっているのは何の因縁だろうか…
他のアイドルと違ってダンサー志向が強い。
レッスン用のジャージをプライベートでも着用。レッスンの時は上着を脱いで背中に「真」と書かれたタンクトップ姿になる。
良い事があると「へへっ、やっりぃ〜」と喋るのが特徴。気合を入れる時は相手と拳骨をぶっつけ合う。
亜美・真美につけられた愛称は「まこちん」。

他アイドルとの絡みが見られる作品では、年の近い春香や、同じく運動神経のいいとは一緒に行動する場面が多い。
お嬢様育ちで高飛車な水瀬伊織とは性格上そりが合わずにつっかかったり対立する場面も多いが、互いを認め合っている節も見られる。
男性恐怖症の萩原雪歩からは、女性でありながら男前なためかなり好意的な関心を抱かれており、公式でもこの組み合わせは推されている。
真の選んだフリフリ衣装に「 誰も得しないよ! 」と強くダメ出しされカッコイイ系衣装に強制お色直しされるなど、
最近は雪歩側が少々暴走しすぎな気がするが…。
また王子様に憧れる星井美希も彼女を「真 くん 」と呼び慕っており(一応上記の春香や雪歩などからは「真ちゃん」)、同性アイドルからもモテモテ状態である。

嗚呼、可愛いが遠ざかる。

アニメ版では、自らもアイマスファンである監督のお気に入りアイドルだと公言されており、メインの活躍以外にも細かい出番に妙に恵まれている
(あくまでも嫌味にならない程度であるが)。
+ ★真士による真の魅力108(+α)

+ 『アイドルマスター シンデレラガールズ』


ニコニコ動画における菊地真


凛々しい声のお陰で、他のキャラでは無理がある男性ボーカルでのコラボが多数存在する。

その男の子らしい外見をネタにされ、MADの中で男役をすることも多々ある 。
コメントでも「なんという男前」、「真は俺の婿」、「こんな可愛い子が女の子のはずがない」
などと一見酷いものが目立つが、愛情の裏返しなので気にしてはいけない。
しかし逆に男っぽいことをあまり過剰にネタにすると気に障るファンもいるので何事も程々が肝心である。
(「男の娘」などと言われ続けていたからかは定かではないが、DS版で本当に 男の娘 が出てきちゃったりする。
あまつさえ、漫画版『Neue Green』では彼がアイドルを志す理由が「町で助けられた男らしいアイドルに憧れて」である。
…誰の事かは、言わずともご理解頂けるだろう。真、お前は今、泣いていい
こうした経緯からなのかは不明だが、2では少し髪が伸びて女の子っぽさ増し増しになった。

他にも特撮(特に仮面ライダー)ネタのMADが多く、
持ち歌の迷走mindは汎用OP曲として多くのアニメや特撮とのコラボMADが作られた。

架空戦記においては、その運動能力の高さから武力に特化したステータスが割り当てられることが多い。
よく言えば猛将。悪く言えば脳筋というタイプ。
その強さから数々の作品の作中で「鬼神」(きしん)と呼ばれることもしばしば。
そのためゲーム内での一騎打ちを代表とした重要な戦闘シーンではよくメインに扱われ、
特に著しい功績をあげた名勝負では、「鬼神真・名勝負数え歌」のタグが付くことも。
しかしその反面として、脳筋キャラクターとして扱われることも多い。
これらは(デモストレーションで相手が油断してたとは言え)現役のプロレスラー選手を一撃でKOするシーンなどの影響や、
また、ゲーム中の描写からかなりおだてに弱く単純なところが見られる事にあると思われる。

他のシーンの描写から察するに決して頭が悪いわけではないようだが……。
あまり考えようとはしないさっぱりとした性格、といった所だろうか。

???「真殿はまっこと素晴らしい方でござる」
???「まったくです!」

アニメではハシゴの上やハシゴに掴まりながら屈強なSPのお兄さん方と戦うシーンが描かれた。
まるで風雲黙示録である。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15423839


MUGENにおける菊地真

下記の製作前にストーリー動画のアイマスターで、ストIIIのまことを菊池真ポジで登場させていたことがあったが、ふうりん氏によりやっと本人がMUGEN界に降臨した。

  • ふうりん氏製作 菊地真
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7936084
スパイダーマッFC美鈴の作者であるふうりん氏による手書きのもの。
独眼ちゃんののワさんに続く『アイドルマスター』からの3人目のMUGEN入り。3人目にしてようやく正規キャラの登場である。
名前繋がりで「チェストー」したり「チェストー」したりグレンカイナしたり、
はたまた昇龍拳までするが、元々体育会系のキャラなので割と違和感は無い。
そして該当するキャラ中の人含む)の特殊イントロも豊富。

他にもアイドル仲間の、ニコマス界隈では『修羅場トリオ(と言っても殺し合ったりはしない)』と呼ばれる「星井美希」と「萩原雪歩」の二人を
ストライカーとして召還可能。特に雪歩の超必「ゆりしー大宇宙」は文字通り宇宙へ行く派手な技になっている。 ゆきぽ宇宙へ!!
その他にアイドルらしく(?)歌とダンスで攻撃したりもする。

基本的に美希のストライカー攻撃以外の飛び道具を持たず、対空技もない突進型のキャラになっている。
非常にゲージ効率が悪く、1ゲージ貯めるのにも難儀するが、その分ゲージ技の性能は高い。
ゲージ効率の良い相方とタッグを組むことで、大会でも活躍が期待できるだろう。

また、本体が近接一辺倒な分ストライカー二人はそれぞれ発生の早い落下系中段飛び道具(雪歩)と弾速が遅く長く留まり相手の飛び道具をかき消す飛び道具(美希)とどちらも強力。
二人同時に同じ画面に居られないという欠点はあるものの、真本人の穴を補う性能になっていてその強さはかなり底上げされている。

おまけの人氏とお家氏の両氏によってAIが作られた。おまけの人氏のAIは接近戦重視のガン攻めタイプ、
お家氏のAIはストライカー攻撃も使用するバランスタイプになっている。

なお、おまけの人氏のAIは最新版の本体に対応しておらず、また動画使用も厳禁となっている。
キャラ公開場所の変更にともなって旧版を入手出来ないため、今後見る機会はないだろう…
お家氏のAIは最新版に対応しており、動画使用も大丈夫なようだ、今後の活躍に期待しよう!


  • ふうりん氏製作 D4菊地真
同じくふうりん氏によって2012年6月に公開された、D4化された菊地真。
名前であるk-makotoのkは「空手」で「風間流」で「菊地」のトリプルミーニングという事で
接近戦を得意とするキャラになっている。

具体的には
  • より鉄拳風なシステムに変更。地上チェーンの他に立ち途中、屈み中攻撃が加わり、下段捌きなど独自システムも搭載
  • ストライカーを廃止、飛び道具が無くなり、風神ステップで飛び道具を避けての接近が求められるように
  • 小パンで8F、49ダメージとより全体的に発生が遅く重くなりノーゲージの空中コンボで3割以上を叩きだす高火力キャラに

最新の更新では「鉄拳」シリーズでお馴染みの10連コンボや
鉄拳6から登場のレイジシステムがそれぞれ1ゲージ超必殺技として使用可能になり、勝ちポーズやイントロも追加。
AIは未搭載だが、神無月薙氏によるものが公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19022414


  • こうさん氏製作 SF3 "っぽい" 菊地真
2015年10月公開。
ふうりん氏のD4菊地真をストリートファイターIIIっぽく改変したもの。
飛び道具として追加されたのが自転車に乗ったドット絵のアイマスキャラを手から放つ技。
(走っていくのは三浦あずさ、萩原雪歩、如月千早( 72 ダメージ)、そして天海春香)
鎖骨割り疾風迅雷脚断空脚(元ネタはアニメ8話で見せた2段蹴り)といったSFキャラっぽい技も。
「きゅんっ!ヴァンパイアガール」は瞬獄殺系の技で、MUGENアイマスキャラ定番のボーカルが流れる演出が入る。

デフォルトAIは搭載されていない。


出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー


その他