クエスチョン




  「深淵が見詰め返す」
  「人心を解き放たねばならん。
    俺達の時代には無理だとしても、
    次の世代にはきっと」
  「俺にはできない。その力は無い。
    俺は答えではない」

  「――――ただのクエスチョンだ」

クエスチョン(The Question)とは、スパイダーマンの生みの親の一人スティーブ・ディッコが作り出したヒーローである。
以前はチャールトン・コミックス社が権利を保有していたが、現在はDCコミックに所属している。
バットマングリーンアロー、ハントレスなどと共闘する事が多い。
また『ウォッチメン』におけるロールシャッハのモデルになった事で有名。

キャラクター設定

本名はチャールズ・ビクター・サース 。別称ヴィク・セージ
人気TVリポーターとして活躍していたヴィクは、ある時ローダー教授という人物と接触する。
ローダー教授は、かつて自分と共に人工皮膚を開発していたトレウィン教授の悪事を暴いてくれと頼みに来たのだ。
トレウィン博士の開発した人工皮膚には恐るべき毒性が秘められているにも関わらず、
しかしトウェイン博士はその事を隠したまま、第三国へ人工皮膚の販売を継続しているというのだ。

持ち前の正義感から怒りに駆られたヴィクだが、証拠は無く、彼自身が有名すぎる為に、まともな調査すらできない。
そこで彼は、ローダー教授の開発した人工皮膚のマスクを被り、トレウィン博士を調査・追跡。最終的に逮捕する事に成功。
こうして自らの正義感を貫く術を手にしたヴィクは、ローダー教授と共に、ヴィジランテとして活動を開始する。

――クエスチョンの誕生である。

当初は他のヴィジランテ同様、クエスチョンもまた街の犯罪者を叩きのめすという行為を続けていたのだが、
やがてその方向性は、より巨大な悪――拠点としているハブ市の不正を暴き、その上層部を潰すという風に変化していく。
ハブ市は「賄賂、不正、および暴力と同義」と呼ばれる程の都市であり、ゴッサムをも上回るほどに腐敗していたのである。

母親と暮らした幼い頃のような、平和な街を取り戻したいと考えていたクエスチョンであったが、
やがてハブ市から不正を無くそうとする女性市長の命を救うため、やむをえず殺人に手を染めてしまう。
以来彼は「必要であるなら、何も感じないで、再び殺す」と誓い、社会悪との戦いへ身を投じたのであった。

彼の性格は他のヒーローと比べて過激で冷酷。そして極度の右翼主義者である。
例えば下水で何人かの犯罪者と戦っていた時、突如として濁流が彼らを襲い、犯罪者たちが溺れてしまった事がある。
放置すれば溺死は免れないというのに、クエスチョンは助けを求める彼らの声を拒否すると下水道から立ち去ってしまったのだ。
その目的は、犯罪者が万が一にでも助かった場合に捜索する為警察へ通報するというものであった。

この過激な姿勢は、スティーブ・ディッコの主義や思想そのままである。
ディッコ自身もまた右翼主義者であり、自らの信念を絶対に曲げないタイプの作家なのであるが、
熱烈な無政府主義者であるアラン・ムーアに言わせると、
ディッコのように批判を恐れず、己の主義をはっきりと主張する人間は、
その思想が受け入れられるかどうかはともかくとして、尊敬に値する。
という事らしく、そういった要素がクエスチョンが人々に好まれる要因となっているのだろう。

ヒーローとしての能力

はっきり言うと無い
リチャード・ドラゴンというカンフーマスターに格闘技を習った以外は、全くの常人である。

特徴的なのは、そのノッペラボウのマスク。
ローダー教授によって改良が加えられた特殊人工皮膚でできており、専用の接着ガスによって装着する。
接着ガスはヴィクの髪の毛と衣服の色まで一瞬で変えてしまう為、素早くクエスチョンに変装する事が可能なのだ。
また一種の毒性を持っている為、悪人への威圧として噴霧することもある。

一応、ガスを噴霧する装置を組み込んだベルトのバックルと、カードを所持しているものの、
他にヒーローらしい特殊装備は無く、単純な戦闘能力で考えるならば、DCユニバースでも下から数えたほうが早いくらい。

ただ、そんな彼をヒーローたらしめているのは、やはりというか何と言うか、超人的な意思の力である。
それに起因するのかはわからないが、調査力・推理力ではJLAの中でもトップクラスであろう。
他にも表向きの顔が人気TVリポーターな為、そういった方面でのコネも豊富らしい。

コミックスでは『ジャスティスリーグ』に参加していないのだが、後にアニメ版でメンバーとなる。
その性格からジャスティスリーグに加盟した後も、基本的には単独での行動を継続しているのだが、
ある事件以来、ハントレスというヒロインとのみは協力して捜査にあたる事が多く、
お互いに決して認めないだろうけれど、ある種のロマンスのような関係が続いている。

アニメ版『JLA』のメンバーとしては「より良き未来」を阻止する為の戦いを続けている。
「より良き未来」とは、ある平行世界が辿った歴史の事であり、
そこでは合衆国大統領となったレックス・ルーサーが、人類の為にヒーローへ宣戦布告。
最終的に平行世界のJLA「ジャスティス・ローズ」(ローズはRoseではなくてLords=君主の意)達が
勝利を収めた結果、ヒーロー達による完全管理社会が誕生し、地球上からは全ての犯罪が消滅したのである。
+ 突き詰めた話
そしてジャスティス・ローズはJLA世界にも「より良き未来」をもたらそうとした為に戦いが起き、
これにJLAが勝利したため(この時勝利に貢献したのは誰あろうJLA世界のルーサーだったりする)、
一先ずは難を逃れたのだが……。

ふとした偶然から、この一連の事件の真相を知ってしまったクエスチョンは、
「より良き未来」が到来するのを阻止するべく、たった一人での戦いを開始した。
そのためにはルーサーの暗殺も辞さないあたり、彼の性格が良く現れていると言えるだろう。

+ 頑張って戦った結果がこれだよ!

+ ロールシャッハの元ネタとして…

「大衆は享楽にふけるばかりで、まるで気づいちゃいない」
「自分達がペットにされていることに」
「道理、真実、正義――自由」
「今や人々の心は千々に砕け散った。ベルベットに包まれ、甘い毒に浸されて」
「悪の誘惑に駆られた人々は、安い売春婦さながらに尻を振って見せた」
「それでも、俺だけは屈するものか。俺はこんな世界を絶対に認めない」

「――妥協はしない」

+ クエスチョンの現状


二代目クエスチョン

初代クエスチョンであるヴィク・セージが肺ガンに侵されて死亡した後、
元ゴッサム市警の女性刑事レニー・モントーヤが二代目クエスチョンとして活動している。
なんかマイコーに見えるけど多分気のせい。
ちなみに彼女はハーレクイン同様アニメ版『バットマン』からコミックに逆輸入されたキャラである。

彼女自身は殺人行為は悪だと信じていたが、クエスチョンとしての殺人との矛盾に苦しめられていた。
しかしヴィクとの会話の中で、不正と戦うことを決意し、改めてクエスチョンを襲名する事を決意した。
ダークナイト・ストライクスアゲイン』では未来世界という設定でありながら
初代が生きているが、これはあくまでもパラレルワールドの話であり、決して正史というわけではない。

なお、リランチ後の新設定ではこれらはリセットされ、現在二代目は登場していない。


MUGENにおけるクエスチョン

Jason Todd氏、Alexziq氏、Team Spoilerによって製作されたキャラクターが存在する。
Jin Kazama氏のセイバートゥースを基に作成しており、技名が未編集のため、全てセイバートゥースの技名が使用されている。
ハントレス召喚の技名にBirdieと書かれているのはその為。
ドット素体はカプエス鑑恭介と思われる。

流石にカンフーマスターの弟子だけあってか、当身投げなども保有しているのだが、
いかんせんその、単なる人間でしかないので…… 弱い。
ぶっちゃけストライカーとして現れるハントレスのボウガンのが強力である。
がんばれ、負けるな、クエスチョン!
+ 技解説

出場大会

  • 「[大会] [クエスチョン]」をタグに含むページは1つもありません。