命は投げ捨てるもの

「命は投げ捨てるもの!(キリッ)」

乱入した瞬間相手は既に席を立っていた」
あぐらによって闘劇を制した瞬間、会場はため息の後静寂に包まれ、ただテーレッテーのみが鳴り響いていた」
など、様々な伝説を持つトキ。彼の勝利台詞 「命は投げ捨てるものではない!」 を途中でスキップするとこう聞こえることから、
暴力はいいぞ! と並んでAC版北斗の拳におけるトキを象徴する言葉の一つになっている。
別の解釈をするなら、それぐらいの覚悟がなければ修羅達が巣食うこの世紀末ゲーを生き延びる事など出来ない(主にコンボや一撃技等による即死永久バグ的な意味で)――とも言える。

ちなみに原作での「命は投げ捨てるものではない」はレイラオウ返り討ちされた直後、
レイの制止を振り切り、ラオウから受けたダメージにも屈せず挑もうとしたケンシロウを、遅れて現れたトキが引き止めた際の台詞である。

MUGENだと、北斗キャラは仕様や体格の違いからコンボを決められない相手が多く、
またAI作成が非常に困難などの理由でその実力を発揮できなかったことが多かった。
まぁ、トキの場合は当身ぶっぱも強いんで、その時点で既に凶キャラとして活躍していたが。
最近はキャラ・AIともに充実してきており、この台詞を聞ける機会は増えるだろう。
また、ドロウィン氏製のトキにkoikoi氏のAIパッチを導入すると、デフォルトで「命は投げ捨てるもの」で切れる仕様となる。

上記のkoikoi氏AIを試合速度Fast1で戦わせた場合、ボイスが普段よりも早くカットされる為、
「命は投げ捨てる」、酷い時は 「命は投げ捨てろ」 に変化する。
後者に関しては北斗の拳MADでトキが平気で言うことも。

また、この言葉のフレーズ自体がニコニコMUGENユーザー達に気に入られたのか、
至る所で「○○は○○するもの」と断言しているコメントが良く見られる。

一例。
  • トーナメント開催したいけど出したいキャラ達の性能差が酷いし調整めんどくさい→バランスは投げ捨てるもの
  • ストーリー動画でキャラを立たせたいが原作設定がややこしい→原作は投げ捨てるもの。
  • 味方殺し技使いたいけどまだタッグ相手が生き残っている→牧師焼き払うものor足軽は使い捨てるもの
  • 連載しているMUGEN動画早く製作したいけど受験や仕事が忙しい→ リアル生活は投げ捨てるもの
  • ↑いや、リアル大事にしなきゃ駄目だろ、命削って動画作れとでも→ 命は投げ捨てるもの

※あくまで使用例である。

+他の勝利台詞も……

「せめて痛みをwwwww」

こちらは「命は投げ捨てるもの」程注目されていないが、
トキが北斗有情破顔拳で相手をFATAL K.O.した際に言う勝ち台詞、
「せめて痛みを知らずに安らかに死ぬが良い」をスキップした際の台詞。
語尾に「www」を付けるとしっくりくる気がする。うぜえ。

ラウンドを取ったトキの体力が少ないと「互角か……」と言ってくれる。
この状況になるのは大抵 後一歩まで追い詰めたのに、刹活孔CHや神の1F当身で一瞬にして逆転された時
相手の実力を認める台詞のはずだが、言われた側にとってはひどく癇に障ってしまう。

「もういい、ここまでだ」という勝利台詞もあり、これを切ると「もういい」となる。 こっちのセリフだ

こうして悪い方に悪い方に解釈されているのは、ひとえにゲーセンで暴れすぎたからである。

「安心するがいい、まだ秘孔を突ききってはいない!」

もう負けてるんだからいい加減にしてくれ。


その他ニコニコでの使用法

最近は格ゲーやMUGENファン以外にもこのフレーズのインパクトが伝わっているのか、
ニコニコではゲーム動画であえて死んでいい結果を出す( デスルーラ とか)ときに使われるほか、
いわゆる覚えゲーや無理ゲーオワタ式で死にまくったり、異様に死人が出るアニメや動画でタグとして機能していることが多い。
また、「 文字通りの意味で 」命を投げ捨てられてしまった某魔法少女の動画にもこのタグが付くことが多い。


関連項目:カレー軽い命だ 命なんて安いものだ…特に俺のは