雛苺


「白くてー、黒くてー、赤くてー、うにゅ~!」

PEACH-PITの漫画『ローゼンメイデン』の登場人物。「ひないちご」。
アニメでの声優は 野川さくら 。ドラマCD第1作では金田朋子
人形師ローゼンの製作した「ローゼンメイデンシリーズ」の第6ドール。

容姿は、頭に大きな桃色のリボンを付け、桃色を基調としたベビードールのような活動的な服装。髪型は金髪で内巻きの縦ロール。瞳の色は黄緑。
一人称は「ヒナ」。口癖は「…なの〜」「…のよ」「うにゅ〜」。

普段は泣き虫で甘えん坊かつ我侭だが、姉妹への思いやりはある。姉妹の中でも特に幼稚な為、純粋無垢な性格ゆえに翠星石から「チビ苺」等と呼ばれたりなど、おちょくられている。
ただ序盤の序盤では子供の純粋さ故の残酷さというか、怖さを見せるような表情も見せていた。某天才の謎の強さのごとく、あっさりなかったことにされたが(たぶん理由も同じだろう)。
お菓子(特に苺系のもの)が好きで、中でも苺大福が大好物(口癖の「うにゅ〜」は苺大福を指すことがある)。
苺がとにかく好きなのか、味覚がすさまじいのか、苺入りおにぎり、苺スパゲッティなるものをおいしく食べたりしている。 名古屋 でやれ

+ イッチゴッジャムゥー♪イッチゴッジャムゥー♪
お絵描きと歌、巴に髪の毛をとかしてもらうことが好きで、孤独が嫌い
アニメではワニなど爬虫類系のぬいぐるみがお気に入りで、悪事を働く翠星石へのトラップとしても活躍。

本来、茨を操ったり人形を巨大化させる能力があったが、真紅との戦いで力を使い過ぎて、危うく契約者・柏葉を消滅させかけた。
結果、彼女を助けるために自ら契約を破棄、敗者となることを覚悟したが、真紅はそれを良しとせず、自分の配下となるか、只の人形となるかの選択を問いかけ前者を選択。
その際パワーダウンしてしまい、以降は苺わだち(苺の実がついたツル)を操る能力のみとなった。
それでも人一人を軽く持ち上げたり、一時的に相手を束縛したりすることが出来るが、燃やされたり切られたりすることがほとんど。
なお、巴との契約解消後は、真紅を通してジュンから力を得ているため、戦いの中では率先してジュンを守ろうとする等、真紅を助けようとする強さを見せる。
ジュンと契約した当初は、そのころの彼自身がまだ心を閉ざしていたため、いきなり怒鳴られるなどと多少おびえていたが
彼が泣いていた自分のために苺大福(雛苺は苺大福の名前を知らなかったが、ジュンはうまく見抜けた)を買ってくれたため意外とあっさり打ち解けた。
要は食い物に釣られたわけなのだが 、巴と離れ離れになりショックを受けた直後の雛苺には、ジュンも巴と同じように自分のことを思ってくれるというのがうれしかったのだろう。
その純粋さのおかげか、ジュンを意識しているツンデレ達と違い、ジュンと喧嘩するような事はほとんどなかったりする。
アリスゲームに関しては否定的な意見を…というか、アリスゲームの宿命だとかを深く考えるような描写は少なく毎日無邪気に過ごしてばかりいる。
どう見たって少女じゃなくて幼女だもんなあ。

契約解消後も巴とは仲が良く、遊びに来てもらったりしている。

人工精霊ベリーベル(ピンク)を使うが、雛苺の躾け不足でイマイチ頼れない性能になっている。

字は壊滅的に下手で、『水銀燈の今宵もアンニュ〜イ』Vol.3の劇中劇で水銀燈にハガキを送った際にめぐから「ひない ご」と誤読された程である。
ただ、先述のハガキに描いていた絵をめぐから「前衛絵画」と勘違いされ大絶賛された。
ジュンに日ごろの感謝の手紙を、わざわざ外のポストから投函するものの「新手のDM?」とか「っていうか、コレでよく届いたな」と言われてしまっている。

原作、アニメ共に、彼女が2番目の敗者となってしまう。原作では雪華綺晶に体を奪われ、ローザミスティカのみでの魂の維持が出来なくなり
「私のやり方でアリスゲームを終わらせる」という真紅と共に皆を護るために、自らの望みで真紅にローザミスティカを託した。
原作第二期には未登場だが、真紅を助けるために残ったという。
アニメでは蒼星石の敗北(=アリスゲーム開始)に伴い、真紅を通してジュンから力を得ることが出来なくなり
ローザミスティカを真紅に託し、巴に「ありがとう」と告げて巴の腕の中で機能を停止した。

アニメ第2期HPで行われた人気投票では第5位に輝いている。


二次創作ではほのぼのとカオスの二つに分かれ、前者は原作を雛苺の視点で画いた内容が主で、巴に関するシーンでは原作の未公開シーンかと思わせるような泣ける作品もある。
後者の場合は極端なキャラ崩壊こそ多いが、のような
ヤンデレ化変態化は少ない。
R-18な作品では幼さ故に「赤ちゃんはどこから来るの?」等の質問攻めでジュン達を困らせるパターンが殆どである。


予断だが、雛苺はアニメ版『ひぐらしのなく頃に』でゲスト出演しており、綿流しと呼ばれる夏祭りで射的の景品になっている。
しかし、只の人形として出演しているため台詞は無い。
(PS2版では真紅に変更されている。)


「あ~っ、お花がお喋りしてるぅ 面白いねぇ」
(以上、wikipediaより一部抜粋、改稿)

MUGENでの雛苺

mugenではドロウィン氏が製作されたコンプゲー『Rozen MUGEN traumend』のものが存在していた。(現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可)
空中ダッシュが出来なかったり空中での攻撃が乏しいと空中戦では不利だが、地上では苺わだちのおかげで技を当てやすくなるため、地上戦ではかなりの強さを誇る。
他にはクレヨン乱舞という瞬獄殺的な技は、顔に落書きされる特殊やられ付きで、翠星石蒼星石がこの技を食らうと一部の技を封じられる。
また黄金の仮面伝説の投稿者であるikuiku氏によってAIパッチが製作された。


出場大会

出演ストーリー



添付ファイル