ドラゴンクエスト3勇者


そして でんせつが はじまった!


エニックス(現スクウェア・エニックス)のRPG『ドラゴンクエストIII』の登場人物。
本作では主人公専用の職業である。

魔王バラモスを討つ為に旅立ち戦死したとされる偉大なる勇者オルテガ(この人ではない)を父に持つ、アリアハン在住の少年(あるいは少女)。
自身が16歳となったとき、亡き父の意思を受け継いで魔王討伐の冒険へと旅立って行く。
男性版でも女性版でも逆立っている髪形が特徴的。鳥山明氏のイラストだと孫悟飯やビーデルにそっくりとかは禁句。

『DQ』の主人公は基本的にプレイヤーが命名出来る為、固有の名前は特に定まってはいない
今作では性別も決まっておらず、名前共々操作前に任意で設定するものとなっている。
SFC版・GB版のオープニングやスクリーンショットでは「アルス」とされており、
この名前は後に『DQVII』の主人公の取説、スクリーンショット、小説版に引き継がれた。
旧エニックスより発売されていた二次作品(高屋敷英夫氏による小説版、CDシアター版(ドラマCD)、
藤原カムイ氏による漫画作品『ロトの紋章』)では「アレル」という名の男勇者になっている。
担当声優はCDシアター版では緑川光氏が務めている。

一応ゲームでは女勇者も選択できるのだが、 FC版ではグラフィックが全く変わらず 、リメイク版でも微妙に差がある程度。
ゲーム中も装備可能品が違う程度で、ストーリーもほぼ変化しない。道中で 父オルテガと間違えられる 展開も同じ。
スタート直後に母親から「立派な男の子として育てた」と言われ、アリアハンの王様からも「オルテガの息子」と呼ばれるが、
その次の村で子供から「女の人」と言われた際に、主人公自身が自分は男だと否定している(≒女であることを隠している)描写がある。
リメイク版では一応「男の子のように育てられた」など、男勝りである事のフォロー(?)が加わっている。
そのためか、公式の二次作品にIII勇者が登場する場合はほぼ全てが男勇者になっており、女勇者は影が薄い。
ファンイラストなどでは「よく男の子に間違えられるボーイッシュな女の子」とされる事が多い模様。
次作『ドラクエIV』では女勇者のグラフィックが大幅に差別化されたが、男勇者に比べ影が薄い点は同様であり、
その後主人公の性別を変更できる作品は『ドラクエIX』まで間を空けることになる。

性能面では武器戦闘と呪文の両方に長けた万能型
「HP」「ちから」の成長が良く、装備出来る武器や防具も幅広いので攻撃が安定している。
呪文においても攻撃・補助・回復とバランスよく備えてくれるので、状況による臨機応変な対応に優れている。
特に今作初登場である勇者専用の最強攻撃呪文「ギガデイン」、全体全回復呪文「ベホマズン」の双方が大変強力。
ただしどちらも消費MPが多いうえ、この勇者は『DQIII』職業の中でも、
また歴代主人公の中でもMPの伸びが芳しくない(そもそも呪文が使えない『DQ2』のローレシア王子を除く)ので、
あまり強力な呪文を乱発出来ない弱点がある。
その為、呪文の分野を担当する賢者や魔法使い等をパーティーに連れて行く人も多かっただろう。
この作品以降、デイン系統の呪文は勇者の専売特許になってゆく。
その割に子孫はその呪文を使えないが、細かいことは気にしてはいけない。
それに子孫の頃はベギラマが雷の呪文だったから間違ってはいない。
バトルロードではシリーズ初のオリハルコン製の剣とギガデインの使い手故かギガブレイク(ダイの大冒険版)を使用している。

ライデインは掌から細い糸が無数に出て相手に絡みつき、高圧電流を流し込んで殺す呪文で、
ギガデインは敵の体を内部から破壊する呪文と、勇者専用にしては恐ろしいものである。

+以下詳細な原作の展開
実は魔王バラモスは尖兵にすぎず、真の黒幕は地下の世界アレフガルドを支配する大魔王ゾーマであった。
大魔王の存在を知った勇者一行は、彼を倒す為にギアガの大穴から地下の世界へと旅立って行く。

「王者の剣」「光の鎧」「勇者の盾」そして「聖なる守り」を手にして大魔王を討ち滅ぼした後の世界は、
それまで続いていた永遠の夜から永遠の昼が訪れており、かくして勇者の名前は末永く語り継がれることになった。
この国に伝わる真の勇者「ロト」として。
そして上記の彼(彼女)の装備品は「ロトの装備」として、「聖なる守り」は「ロトの印」として、
後の物語となる初代『ドラゴンクエスト』の時代にまで遺されることになるのである。
サブタイトル「そして伝説へ…」は、まさに言葉通りであった。
このことを受け、ファンからは『DQ』シリーズの中でもI・II・IIIは纏めて「ロト3部作」と呼ばれている。

「永遠に昼の世界」になるというオチ以外にも結構ネタを引いていて、
吟遊詩人ガライがまだ生きている為にガライの町がなかったり、メルキドの城塞やゴーレムが建造途中だったり、
後に竜王に滅ぼされるドムドーラがまだ健在だったりと、過去の物語ならではの様子が所々に散見する。

余談であるが、上記の装備品は勇者の最強装備であって、必須アイテムという訳では無い。
その為「あぶない水着」やら「ぬいぐるみ」やら「ステテコパンツ」やらの変な装備を遺されて、子孫が困るというネタもしばしば見られる。
尤も上記の装備品は勇者の最強装備以前に、ゾーマが奪ったアレフガルド城の宝でもあるのだが(王者の剣だけはゾーマに破壊されたので新造したもの)。
ちなみに王者の剣はⅦにおいて攻撃力が全く同じでデザインも似通っている「王者のつるぎ」が登場している。
ファンサービスなのか、関連性があるのかは不明。
VIIの主人公のデフォルトネームが「アルス」のためある程度狙っているのかもしれない。

さあ、君も素手でゾーマを倒して ロトの拳 を後世に伝えよう!

+ユウシャロトココニネムル
FCディスクシステム『リンクの冒険』に何故か「ユウシャロトココニネムル」という謎のメッセージが書かれた墓が登場する。
勿論アレフガルドとハイラルは繋がってなどおらず、ただのパロディである。
FFにも「リンク ここにねむる」という墓が存在し、『スターオーシャン3』に『ユウシャロト ココニモネムル』の墓が、
『ケルナグール』には「ゆうしゃのはかはめぐりめぐる リンクしかりロトしかり」というメッセージがある。
また『天外魔境II』でもある村の墓地が「林句」だの「麻里魚」だのと墓碑だらけである。
昔はこういうパロディには大らかだったのだ。
(一応ドラクエとスターオーシャンは両方共エニックス
 …と言いたい所だが、当時のエニックスは自主開発をしないパブリッシャー(販売会社)であり
 それぞれ別の下請けディベロッパー(製作会社)による作品なので、勝手にやった可能性も高い)

+勇者の“IF”
2013年にネット小説として連載され(同年完結)、翌年7月にエンターブレインより書籍化された
『勇者、或いは化け物と呼ばれた少女』(著:七沢またり)という小説作品があるのだが、
実はこの作品、著者が過去に執筆したドラクエ3の二次創作小説が原型だったりする。
氏が後に執筆したオリジナルの小説作品とも(当然、版権要素以外の)一部設定・世界観を共通させており、
その繋がりで著者の次作として、ドラクエ要素を省いた上でオリジナル作品として一から叩き直された経緯を持つ。
なお、書籍が発売された現在でもWEB掲載版は閲覧可能。

原型となったドラクエ3の二次創作小説は、現在は掲載サイトそのものが権利関係の都合で閉鎖しているが、
作者自らの手で当時のテキストファイルが公開されているので読むのは容易。
あくまで二次創作とはいえ、小説版をベースにドラクエ世界の裏側を壮絶にブラックな解釈で描いており
読者によっては賛否が分かれる一面もあるが、(リメイク前・後共に)「勇者」という一個人を描き切った傑作に仕上がっている。

また同人誌『クリムゾン』シリーズで有名なサークル・クリムゾンの一般漫画『蒼い世界の中心で』においては、
コンシューム大陸最強の勇者ミョムト=ユーティとして彼をモデルとしたキャラクターが登場しており、
「はい」「いいえ」「ガンガン行こうぜ」などの台詞しか喋らぬも、無辜の人々を助けるため躊躇な戦い続け、
自身の命を狙っていたが仲間に裏切られ殺されかけた際も、一切の迷いなく手を差し伸べるなど、
その行動はまさしく、かつての我々がDQ3をプレイして思いを馳せた「勇者」そのものであった。


MUGENにおけるドラゴンクエスト3勇者

  • mugenda氏製作・FCドット風
ファミコン版の勇者のドットをそのまま使用した作りになっている。
技は「メラ」「ヒャド」しか使えないが、一応動いてはくれる。……原作でヒャド使えたっけ?というのは禁句。

iswebライト終了によりサイトが消失し、現在は入手不可。

  • moyomoto氏製作・手書きドット風
こちらは2014年に公開された手書きドットの勇者。
上記のものとは違いこちらは格ゲー風になっており、非常に高いドットクオリティに仕上がっている。
メラやイオといった攻撃呪文や各種剣技を駆使し、3ゲージ技としてギガデインも搭載。
デフォルトAIは搭載されていないが、Air氏、ちゃんこ氏による外部AIが公開されている。

「あいつは わたしたちに まかせて! はやく にげるんだ!」


出場大会




添付ファイル