ドラゴンクエスト3勇者


そして でんせつが はじまった!


エニックス(現スクウェア・エニックス)のRPG『ドラゴンクエストIII』の登場人物。
本作では主人公専用の職業である。

魔王バラモスを討つ為に旅立ち戦死したとされる偉大なる勇者オルテガ(この人ではない)を父に持つ、アリアハン在住の少年(あるいは少女)。
自身が16歳となったとき、亡き父の意思を受け継いで魔王討伐の冒険へと旅立って行く。
男性版でも女性版でも逆立っている髪形が特徴的。鳥山明氏のイラストだと孫悟飯やビーデルにそっくりとかは禁句。

『DQ』の主人公は基本的にプレイヤーが命名出来る為、固有の名前は特に定まってはいない
今作では性別も決まっておらず、名前共々操作前に任意で設定するものとなっている。
SFC版・GB版のオープニングやスクリーンショットでは「アルス」とされており、
この名前は後に『DQVII』の主人公の取説、スクリーンショット、小説版に引き継がれた。
旧エニックスより発売されていた二次作品(高屋敷英夫氏による小説版、CDシアター版(ドラマCD)、
藤原カムイ氏による漫画作品『ロトの紋章』)では「アレル」という名の男勇者になっている。
担当声優はCDシアター版では緑川光氏が務めている。

一応ゲームでは女勇者も選択できるのだが、 FC版ではグラフィックが全く変わらず 、リメイク版でも微妙に差がある程度。
ゲーム中も装備可能品が違う程度で、ストーリーもほぼ変化しない。道中で 父オルテガと間違えられる 展開も同じ。
スタート直後に母親から「立派な男の子として育てた」と言われ、アリアハンの王様からも「オルテガの息子」と呼ばれるが、
その次の村で子供から「女の人」と言われた際に、主人公自身が自分は男だと否定している(≒女であることを隠している)描写がある。
リメイク版では一応「男の子のように育てられた」など、男勝りである事のフォロー(?)が加わっている。
そのためか、公式の二次作品にIII勇者が登場する場合はほぼ全てが男勇者になっており、女勇者は影が薄い。
ファンイラストなどでは「よく男の子に間違えられるボーイッシュな女の子」とされる事が多い模様。
次作『ドラクエIV』では女勇者のグラフィックが大幅に差別化されたが、男勇者に比べ影が薄い点は同様であり、
その後主人公の性別を変更できる作品は『ドラクエIX』まで間を空けることになる。

性能面では武器戦闘と呪文の両方に長けた万能型
「HP」「ちから」の成長が良く、装備出来る武器や防具も幅広いので攻撃が安定している。
呪文においても攻撃・補助・回復とバランスよく備えてくれるので、状況による臨機応変な対応に優れている。
特に今作初登場である勇者専用の最強攻撃呪文「ギガデイン」、全体全回復呪文「ベホマズン」の双方が大変強力。
ただしどちらも消費MPが多いうえ、この勇者は『DQIII』職業の中でも、
また歴代主人公の中でもMPの伸びが芳しくない(そもそも呪文が使えない『DQ2』のローレシア王子を除く)ので、
あまり強力な呪文を乱発出来ない弱点がある。
その為、呪文の分野を担当する賢者や魔法使い等をパーティーに連れて行く人も多かっただろう。
この作品以降、デイン系統の呪文は勇者の専売特許になってゆく。
その割に子孫はその呪文を使えないが、細かいことは気にしてはいけない。
それに子孫の頃はベギラマが雷の呪文だったから間違ってはいない。
バトルロードではシリーズ初のオリハルコン製の剣とギガデインの使い手故かギガブレイク(ダイの大冒険版)を使用している。

ライデインは掌から細い糸が無数に出て相手に絡みつき、高圧電流を流し込んで殺す呪文で、
ギガデインは敵の体を内部から破壊する呪文と、勇者専用にしては恐ろしいものである。

+ 以下詳細な原作の展開

+ ユウシャロトココニネムル

+ 勇者の“IF”


MUGENにおけるドラゴンクエスト3勇者

  • mugenda氏製作・FCドット風
ファミコン版の勇者のドットをそのまま使用した作りになっている。
技は「メラ」「ヒャド」しか使えないが、一応動いてはくれる。……原作でヒャド使えたっけ?というのは禁句。

iswebライト終了によりサイトが消失し、現在は入手不可。

  • moyomoto氏製作・手書きドット風
こちらは2014年に公開された手書きドットの勇者。
上記のものとは違いこちらは格ゲー風になっており、非常に高いドットクオリティに仕上がっている。
メラやイオといった攻撃呪文や各種剣技を駆使し、3ゲージ技としてギガデインも搭載。
デフォルトAIは搭載されていないが、Air氏、ちゃんこ氏による外部AIが公開されている。

「あいつは わたしたちに まかせて! はやく にげるんだ!」


出場大会




添付ファイル