ダムド


  身長:218cm
  体重:201kg
  血液型:A
  誕生日:9月10日
  出身:アメリカ
  特技:飛び蹴り
  好きな物:ストロベリーサンデー 金
  嫌いな物:苦労

 「グヘヘッ、マッドギアにたてつく奴には消えてもらう!」


横スクロールアクション『ファイナルファイト』のボスキャラ。
FBIとも通じており、金のためなら何でもやるドレッドヘアのカリビアン。

『ファイナルファイト』における彼は、市長ハガーの娘ジェシカを誘拐し
オープニングでテレビで犯罪組織マッドギアを名乗りハガーに対し宣戦布告。
開始時のデモでジェシカを担いでプレイヤーの前で高笑いの後
部下をけしかけ後退、スラム街の最奥で迎え撃つ。なかなか熱い演出である。
対決時には部下で囲んで身動きが取れない相手に得意のライダーキックもとい空中回転かかと落としで苦しめる。
苦戦の果てにダムドを倒したプレイヤーは、ジェシカを求めて次のステージへ進むのだった…。


とまあ、ラスボスと思いきや1面のボスである。
一発芸で驚かせるも、見切られればあっという間に撃沈するところなどまさに1面のボスそのもの。
初見殺しのボスとしては2面のソドムのほうが有名である。
犯罪組織マッドギアの幹部らしいが、誘拐、宣戦布告などを任されたのはおそらく幹部の中でパシリ扱いされているためだろう。
シャドルーにおけるバイソン…むしろバーディーか。
マッドギア総統の座を狙っているらしいが、当のベルガー総統は一人転落死させられサイボーグやらバラバラのゾンビやらになったくらい可哀想なことになっているのであまりオススメできない。

またFC版の『マイティファイナルファイト』では基本的なストーリーが1作目のものなので、同じように1面のボスとして登場しているのだが、
なぜか彼のみ、ラストステージの「これまでのボスラッシュ」に出してもらえなかった(笑)。
(もっともこのゲームはFCハードのためか全5面で、第2・4面ボスがソドムとその色違いの兄弟なので、
 ボスラッシュといっても3面ボスのアビゲイルとソドムの兄との戦いで終わりである。 登場すらできなかった奴らよりはマシであろう。)

『ファイナルファイトリベンジ』では、空中回転がブランカの「ローリングアタック」のようなものへと進化を遂げている。その名も「ダムドボール」。
口笛を吹いてアンドレポイズンに攻撃させている間に、チアガールになったり弁当を食べたりしている。
同作エンディングでは海辺でマキっぽい人をナンパしタコ呼ばわりされ、砂に埋もれながらもビキニのトップスを頂く。
どんなアクションを繰り広げたらこうなるのだろうか。


多くのマッドギアキャラ同様、洋楽が名前の由来で、彼の場合はロンドン三大パンクの一角「ダムド」。
ソドムやポイズンと並んで悪役にピッタリの名前である。
だからだろう、彼も北米版では名前が変更されて、「Thrasher(スラッシャー)」となった。


 「ギャーァハハハハハハ!!

     ギャーァハハハハハハ!!」


MUGENにおけるダムド


 Lord Sinistro氏作の『ファイナルファイト』の画像を使用したダムドが存在していた。
 現在は公開停止により正規入手不可。
 自慢の飛び蹴りでもダウンが奪えず、原作で使用していた滞空時間の短い小ジャンプは使えない。
 ストライカーとしてアンドレ、エルガド、ハリウッド、ソドムエディ・Eロレント、ベルガーといったマッドギアの面々を口笛で召還する。
 いつからそんなに偉くなった。
 彼らはすぐに退場するので人間弾幕としてはアビゲイルより良心的。っていうかアビゲイルはまたハブのようだ。
 まあボスキャラ召還にはゲージを要するので、結局画面はハリウッドの焼死体で溢れることになるが。
勝利時にはこんな人こんな人こんな人こんな人こんな人こんな人のコスプレをしたりする。ダムド七変化。

ちなみに一回ずつしか笑わない。原作では常に二回一セットで笑っていたので、ちょっと寂しい。
AIは搭載されていないが、ほしおでん氏(旧名:おでん氏)によってAIパッチが公開された。


出場大会