Moses Maddigan


海外のSEAN JOHNSTON氏が制作したオリジナルキャラ。
名前の読みは「 モーゼス・マディガン 」。
同氏がハイスクール時代から描いている漫画『S.H.A.D.E. of Manhattan』の登場人物でもある。
チョッキが似合うナイスミドルであり、この作品におけるラスボス的存在である。

プロフィール

元々はイギリス系移民の息子であり、生まれたときに母親のキャサリンを亡くした。
そのせいか父親のジョゼフ(ん?)にとても甘やかされて育ち、冷酷で女好きな性格になってしまった。
ジョゼフは彼が21歳の時に「不慮の事故で」死んでしまい、経営していた小さな製薬会社を嗣いだ。
ところが、彼が会社を継いだとたんに大成長を始め、生物兵器や遺伝子工学にも手を出し始める。
しかし、強化人間制作目的のプロジェクト「S.H.A.D.E」が失敗したことにより激怒。
実験体すべてを葬り去るべく、自身の権力と強化した肉体をもって活動を開始した。

立ち絵でも確認できるようにいつも右手を後ろに回しているが、これは右手にジョゼフの形見の黄金懐中時計を握り込んでいるからである。
これは、自分の戦闘時間を計るためと、強化された右手を使用して人目を引くのを避けるためである。

性能

さすがにボスキャラだけあって、性能もかなりなもの。
飛び道具のたぐいはいっさい持っていないが、その強化された肉体によるパワーとスピードはすさまじい。
特に投げ技が充実しており、コマンド投げだけでも、遠くに投げ飛ばす「Hostile Takeover」、叩きつける「Overhead Slam」、空中可能な「Chokeslam」の3つがある。
また、この他にもタックル技の「Bull Market」、カウンター技の「Insider Trading」などがあり、接近戦ではほとんど困らない。
3レベル必殺技ではその右手を使いパンチを繰り出す「Black Monday」「Black Tuesday」が強烈。
同じ動きだが前者が通常技で後者がカウンター技になっており、見極めるのが非常に難しい。

余談だが、彼の技名はすべて経済学用語になっている。
(Hostile Takeover = 敵対的買収、 Insider Tradeing = インサイダー取引、 Total Monopoly = 完全独占、など)

出場大会