ピーチ

「助けて、マリオー!」

『スーパーマリオ』シリーズに登場するキャラクター。
攫われ役のヒロインを長年務めるキノコ王国のプリンセス。
マリオが主役のアクションでは攫われ役もボスキャラもいろいろ存在していたが、
何やかんやでピーチ姫がクッパ大魔王に攫われマリオが救出することが定番となった。

キノコ王国に王の姿は見られず、ピーチは姫にして実権を握る存在…浚われても王国が動くあたり、所謂立憲君主に当たるのかもしれないが。
(厳密にはごく初期の海外コミックなどではピーチの父と思われる国王の姿が登場していたのだが、以後は消息不明)
この王国、人間は少なめで所謂「キノピオ」が多いため、何故人間型の姫が実権を握っているのかは良く分からない。
などと思っていたら、マリオストーリー以降は城下町こそキノピオが多いものの最初期からキノコ王国の国民設定があったクリボーや、ノコノコ等の各種モンスター、
モンテ族やマーレ族などマリオシリーズに登場した数多くの生命体が住人として存在しているということが判明。
人種のサラダボウルなんてレベルではないため、統治者は数が少ない種族のほうが都合がよかったのかもしれない。
が、『メイドインワリオ』シリーズにてワリオが住んでいるダイヤモンドシティには人間しか住んでいない。
因みに『スーパーペーパーマリオ』にてクッパとピーチが結婚し、そこにルイージが絡むと世界が崩壊する事が判明した。

年齢は一部作品でベビィマリオ&ルイージと同時にベビィピーチとして登場したりしてるので、大体2人と同じなのだろう。
厳密に言うと、同作品でベビィマリオ&ルイージが多少の会話が出来、既に飛んだり跳ねたりといった行動も取れるのに対し、
ベビィピーチはおしゃぶりを咥えてよちよち歩きをするような完全な赤ん坊なので、彼等よりは多少年下と思われる。
ちなみにこの人(亀)も彼等と同世代である。

ちなみに、初期の頃の海外での彼女は、名前が「Princess Toadstool」であった。
海外ではそのカラフルな外見から幸運のお守りとして扱われて、
赤地に白の水玉模様という配色は、絵本やアニメなどにもよく登場し、
マリオシリーズでもスーパーキノコが同じ配色になっているトードストールである。
だがこのトードストール(「toad」「stool」で分けて訳すと「ヒキガエルの腰掛け」)、
日本語に直すと、いわゆる「ベニテングタケ」などのポッコリとした傘のキノコ。
……そう、ガチで 毒キノコ なのである。
いくらキノコ王国のお姫様がじゃおかしいからって、この名前は……。
ピーチだと外国では卑猥なイメージを持たれるから変えたらしいが毒キノコ……。
一説によればキノコ王国が「Mushroom Kingdom」と訳されている事から
食用キノコである「Mushroom」とは別格である事、いわば王族を表しているらしい。
元々「Toadstool」は「キノコ」そのものを表す言葉であり、キノコを意味する英単語の中でも最も古いとも言われている。
そういう意味ではキノコ王国を預かる身として相応しい名前と言えなくもない。
「ひれ伏しなさい、愚民が」
…あながち間違ってないかもしれない。
なお、『スーパーマリオ64』以降は海外においても「Princess Peach」の名前で統一された。
上記の経緯があるため、フルネームが「Princess Peach Toadstool」として扱われることも。
なお、キノピオの海外名「Toad」も同じくToadstoolから。こちらは現在でもそのままである。

(黒歴史な)実写映画には出演していなかったものの、マリオカート8とGLAのコラボで作製されたCMにはとうとう実写で出演。
声はゲームのものなのでちょっと違和感
…こっちはTordstoolでもよさそうな気がする。

劇場アニメ『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』ではピーチの声優を山瀬まみが担当していた。

+経歴
初登場は『スーパーマリオブラザーズ』。
ストーリーは「クッパ率いるカメ一族にキノコ王国が滅ぼされ、住人のキノコ達もクッパの魔法でレンガやツクシに変えられてしまった。
ピーチ姫ならこの魔法を解くことができるが、彼女もクッパにさらわれてしまった。
この話を聞いたマリオはクッパの行いに激怒し、ピーチ救出を決意した。」というもの。

この『スーパーマリオブラザーズ』は2009年に『Wii Sports』に抜かれるまで、全世界で最も販売数の多いゲームソフトであった。
(ただし『Wii Sports』は海外ではWii本体に同梱されておりその数もカウントしているので、単独での売り上げトップは相変わらず『マリオ』がトップである。)
それほどの人気ソフトであるので勿論シリーズ化したが、
攫われたピーチを救出するというお約束が出来上がった結果、ピーチが攫われる理由付けが希薄になったものと思われる。

『スーパーマリオUSA』(海外版の『スーパーマリオブラザーズ2』)では部下のキノピオともどもプレイヤーキャラに昇格(クッパは退場)。
この作品でスカートによる空中水平移動の術を会得する。
元々この作品は日本で『夢工場ドキドキパニック』というフジテレビと任天堂のタイアップ商品を、
海外で発売する際にプレイヤーキャラクター4名をマリオファミリーに置き換えたものであり、空中浮遊も元キャラクターの仕様を受け継いだものである。
そして『USA』はまさかのマリオによる夢オチ。
ただし『USA』は夢の国サブコンが舞台であり、「4人が同じ夢を見て、夢で見たものと同じ世界で冒険する」というものなので、ループオチともとれる。

『スーパーマリオRPG』では冒頭でこそ攫われヒロインキャラとしてクッパに誘拐されてしまったものの、
旅の途中でマリオと再会してからは、共に パーティメンバーとして戦う ことを決意。
この作品で初めてパラソルによる低速落下を披露した。どんな体重してんだアンタ
技だけ見ると回復技を複数持ち、攻撃技は一つしかないのでサポート要員なのだが、
フライパン だの ビンタ だのでモンスターを引っ叩きまくり、アグレッシブに大暴れしている印象が強いかもしれない。
またピーチの回復技の「みんなげんきになあれ」は「消費FP4(フラワーポイント、最大値は99)、全体五割以上回復&状態異常回復」
とチートクラスの性能である上、ピーチ自体素早さが二番目に早いため最強の回復役としても大暴れしていた
ちなみにこのゲームにおけるピーチは大器晩成型、すなわち最初は弱いがレベルアップによる能力の伸びが高いタイプであり、
一応補足しておくとマリオを除いた他の四人は基礎攻撃力が高いほど武器が弱くなる傾向がある。
そのためクッパに至ってはピーチの最強武器の半分以下の攻撃力の武器しかない。
そして装備を固めたマリオはパーティ中最強の攻撃力と理論上最強の特殊技スーパージャンプが使え、
クッパもなんだかんだで耐久力に優れているため完全にピーチに劣っているというわけではない。最初に仲間になるマロに関しては擁護のしようがないが。
この作品では圧倒的戦闘力を見せた物の、後の作品では「戦闘力は皆無」であるように描写されることの方が多い。
コミックボンボンに掲載された漫画版スーパーマリオシリーズではマリオと組んで冒険している事も多いが、こちらではギャグを飛ばしつつもマリオに匹敵する戦闘力を誇っているかのような描写が多い。

ルイージですら主役が貰える世の中である為、当然『スーパープリンセスピーチ』で主役をゲット。
女の涙を武器にする(水分的な意味で)など、天然ぶりに磨きが掛かってますますはっちゃけてきた。
このとき雑食傘「カッサー」登場。下僕ヨッシーを改造した姿だとかさまざまな噂が流れたが、真実はいつも闇の中である。
凄く便利そうなのに、1回出演で使い捨てにされてしまった。
どこぞのゲーム誌に連載されていたスープリ漫画では、天然に磨きが掛かっておりとても可愛らしいが、詳細はもはや闇の中である。
なおこの作品ではピーチ姫の扱いがあやふやになっており、クッパがピーチ姫に対してただの侵入者のような扱いをしている所を見るに、
この作品でのみ「ピーチ=さらわれキャラ」という設定が無いのかもしれない。
そしてこの作品でもルイージの扱いは相変わらず…というかピーチ姫にすら名前を忘れ去られていた。緑のオッサンを助けた!?

尤も、「主演作品が作られる=ネタキャラとして確立する」という図式が成り立っているため、
「助けるべきか弱く美しい姫」を務める彼女にとっては死活問題であったと取れる。
結果、続編は出ないしロゼッタという新キャラが登場するしで「ヒロイン」から「その他マリオファミリー」への降格が危ぶまれる。
まぁ遥か以前にメインヒロインを務めたデイジーがファミリー専用キャラに留まっているあたり、杞憂ではあろうが。
むしろロゼッタこそせっかく珍しい人間キャラクターとして登場出来たのに、しばらくはただの解説キャラ位にしか扱われていなかったため、
彼女やその他の女性がメインヒロインの位置を奪うのは、逆に相当難しいと思われる。
そもそも「主演作品が作られる=ネタキャラとして確立する」という図式の元になっているような、
ワリオ、ルイージ、クッパの3人は主演作品ができたころには、既に公式でネタ扱いされていた連中であって、
遥か以前に主役を飾ったヨッシー、キノピオ(『ワリオの森』というパズルゲームにて)が主役取得以後もそれまでどおりの活躍をしているため、
前述の図式そのものが在って無いようなものである。

といってもマリオと同じく明確なキャラクター設定はされておらず、作品によって様々な性格として描かれており、
『ペーパーマリオ』シリーズでは攫われた身でありながら監禁用の部屋を抜け出し、
少しでもマリオの助けになろうと敵のアジトを探りまわって情報収集をするという、かなり行動的且つ気丈なキャラとして描かれていた。
兵士が大量に見張りをしている中、ライトの光をくぐりながら、兵士の何気ない会話などから情報収集をする様は、
本当にお姫様であるのかを疑ってしまうほどであった。
本人も自覚はしているようで、マリオに対し「私ももう少しお姫様らしくするべきかしら?」と尋ねたりしていた。ちなみにマリオは普通にうなずいていた。
『マリオ&ルイージRPG』ではマリオが病気で倒れてしまい、頼みの綱のルイージは薬草のある洞窟にいる魔物にビビり、
震え上がって動けなくなったため最初は「マリオのためですものね?」などと諭していたのだが、業を煮やしたのか最終的に''「い く わ よ ね?」''と明らかにルイージを脅していた。
結果としてルイージは兄を助けたい想いと ピーチ姫に対する恐怖 から、嫌がる身体を精神力でねじ伏せ歩き出す事に成功した。

そしてWiiUで発売された『スーパーマリオ3Dワールド』ではマリオ、ルイージ、青キノピオ、そしてクリア後に合流するロゼッタと共に
クッパに襲われたようせいの国を救う冒険に参加。
『USA』でも使っていた空中浮遊能力が現実でも使える事が明らかとなり、初心者救済用キャラとしての側面も持つ。
また、浮遊能力を駆使したショートカットで、TAでもジャンプが高く慣性を維持しやすいルイージ、足が速くネコ縛りでは最速のキノピオと
それぞれの個性を生かし活躍する。今度の赤ルイージはお留守番!

また上記『3Dワールド』で変身した、ピンクの猫の着ぐるみに身を包んだ姿である「ネコピーチ」(の人形)が、
後に任天堂の公式ホームページで展開されているゲーム紹介動画番組『ニャニャニャ!ネコマリオタイム』にて、
同じく猫の着ぐるみ姿の「ネコマリオ」(の人形)と一緒に司会進行役として登場している。
解説者としてゲームを紹介したりと場をまとめているのだが、時折マリオを攻めたり毒舌キャラが目立っている。
嘘でしょ!? 」が口癖で、番組内で最低1回は(多少強引に)使用されていることから、
本動画のネコピーチの代名詞的な台詞になっている。

ちなみに毎度毎度さらわれ過ぎな事については『スマブラX』にてスネーク
さらわれない様に城の警備を強化した方がいい」と無線会話で突っ込まれている。
(実際に一部作品ではそうする事で防げたであろう例も幾らか見られた。)
ただしクッパのさらい方も年々レベルが上がっており、警備の強化で対応出来ないものも最近では多くなってきている。
例えば『RPG』や『サンシャイン』だと警備の手薄な外出中を狙われたり、酷い時には城ごと地上げして拉致という強行策を用いられる事もあった。

ハリウッドによる実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』では登場しない
デイジーはまだいいとして、レディ(本作ではダニエラ・ポリーン・ベルダッチ)まで出ているのに
むしろ、よく当時既に覚えている人も少なかったであろうレディに目を付けたな……
余談だが、その後のGB版『ドンキーコング』では、『スーパーマリオブラザーズ』の前日談という裏設定があり、
「マリオがドンキーコングと恋人ポリーンをひたすら追いかけて辿り着いた最終ステージの先、
コングの故郷近辺にキノコ王国があり、マリオはそこで ピーチに出会って乗り換えてしまった
……という宮本茂によるインタビューが存在した(ただし冗談交じりなため、公式設定かは定かではない)。


上記ではピーチをネタっぽく解説しているが、念のためフォローしておくと、
清らかな心を持つ者の歌声のみで目覚めさせられるスタービーンズを、目覚めさせられる唯一の人物であったり、
カゲの女王復活のために必要な「穢れなき魂を持つ美しい女性」として肉体を利用されたり等々、
共通して使われる設定では「優しい心の持ち主である」ということのほうが多い。



大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるピーチ


スマブラシリーズでは『DX』から登場。
全国の老若男女にハイキックをさせられ、下着をカメラ撮影される。格闘ヒロインのお勤めお疲れ様です。
この作品で『USA』以来となる野菜ひっこ抜きとスカート舞空術が復活。
当時は『USA』や『RPG』でしかプレイヤーキャラクターを務めていなかったので、採用せざるを得なかったのが実情であろう。
姫にあるまじき汚れ仕事をしたための焦りか、それともマリオシリーズのヒロインとしての余裕からか、
マリオとのラブラブ妄想に旅立つ様子が見られる。
大乱闘そっちのけでふわふわ飛ぶ姿や後述する「亜空の使者」での行動は強烈にマイペースという印象を与えた。
+各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
  • キノピオガード(NB)
キノピオを盾に使う という表立った悪行荒技。いいんです姫だから。
キノピオを出している間に攻撃を受けるとカウンターが発動し、胞子で反撃する。
一瞬だけピーチは無敵状態になるので、背面からの攻撃を使って前方の敵に攻撃を与えるという芸当も可能。
他キャラのカウンター技より攻撃範囲は広い代わりに攻撃力の面で劣り、撃墜力も低い。
また、胞子は連続ヒット系なので真正面以外だとカス当たりもしやすく、いささか頼りない。

  • ピーチパラソル(上B)
パラソルを斜め上へ突っ立てて飛び上がり、それを開いて浮かぶ。発生が早い。
スティックを下に入力するとパラソルを閉めて尻もち落下状態になるが、上に入力すれば元に戻る。
開いている傘には攻撃判定が出ており、閉じたり開いたりすることで着地タイミングをずらすことも出来る。
『DX』では上昇力が低かったが、『X』以降では空中ジャンプの上昇力が大幅低下した代わりに、こちらの上昇力が大幅に向上した。

  • 野菜ひっこ抜き(下B)
地面から野菜(カブ)をひっこ抜き、投擲アイテムとして利用できる。
野菜の顔によって威力や吹っ飛ばし力が異なり、中でも 顔がしわくちゃな「皺カブ」や目が点のカブはスマッシュ攻撃並の威力で、相手を普通に吹っ飛ばせる
この二つ、特に「皺カブ」は滅多に出ないのだが、
TAS動画では乱数調整で皺カブを引き当て続けてボスラッシュを異常な火力で攻略する様を見られる。
また、ホームランコンテストでは全キャラで唯一単独で999%蓄積可能という超トンデモぶり。
なんなんだこのカブゲー バットは捨てるだけ

また、稀にボム兵やビームソードなどといった普通のアイテムが出てくることもある。

  • ピーチボンバー(横B)
真横にお尻を突き出して突進。『DX』ではスマッシュ入力によって飛距離がアップしていた。
何かに当たるとハートのエフェクトと共に爆発させ(『DX』のみ普通の爆発)、自身は跳ね返って少し後退する。
宙に浮くため、地上で空振ると尻もちをついて隙をさらしてしまう。空中からの発動でも硬直が長めなので乱用厳禁。
相手がシールドを張っている場合は当たらないので注意。

その場で踊りだすと共に音楽が鳴り、画面にピーチのイラストが左右に入ったフレームとステージ上に桃(回復アイテム)が出現。
一旦発動されると対戦相手はダメージが蓄積され、眠りだす。ピーチに近いほどその効果は持続し、また、ダメージ量も多くなる。
しかしスマブラにおける眠りを引き起こすワザは「地上でしか食らわない」仕様が存在する。
すなわち「空中に居続ければ寝ない」のでプリンカービィ等の滞空時間を長く引き伸ばせれるキャラがタイミングよくジャンプするとほぼ無意味に回復アイテムを撒き散らかすだけになってしまう。
一応音楽が鳴り続けてる間はずっと眠らせる判定が続いているので狙いの相手が着地しなければならない状態になるタイミングの少し前に放とう。
え?崖捕まり?

・・・など一部相手にはほとんど機能しなかった技だったがforにて空中でも眠るようになった。Xの時のように空中に飛び出すとそのまま眠って垂直落下してしまう。当然下が崖であれば無抵抗に落ちてしまうので移動はステージ上から離れずにピーチから離れる程度に抑えたほうがいいだろう。

『スマブラ』シリーズにおける彼女は地上移動が遅いものの、と空中浮遊で空中横移動復帰力に優れた長時間滞空キャラとなる。
しかし決定打が少なくふっとびやすいのが欠点。
(上スマッシュ攻撃「オルゴールダンス」は回りながら片手を上にあげて相手を吹き飛ばす…という見た目は頼りない攻撃なのだが
クッパドロップとかち合っても余裕でクッパを吹き飛ばす技となっている。)
また、得物により威力や吹っ飛ばし方向の異なる横スマッシュや野菜の種類により威力が変わる「野菜引っこ抜き」などランダム要素を含む技もある。
なおこの野菜引っこ抜き、異様にダメージがでかい通称「皺カブ」というレアものが存在。さらにビームソードやボム兵も稀に引き抜いてしまうため
このキャラの理論値と実戦値の差は他キャラとは一線を画する物となっている。

ちなみに『DX』ではあらゆる攻撃の判定が妙に強く、
相手がしゃがんでる状態でこちらの下スマを当てると 50%前後の ダメージを一度に蓄積できる上、
多少の隙は出来るとはいえ野菜引っこ抜きでいつでも飛び道具を得られるなど全体的に恵まれており、キャラランクは上位に位置する。
空中浮遊を生かすことでテクニックの『ぺち』を有効に使える数少ないキャラでもある。

『X』以降では前述の下スマが全く使い物にならなくなるなど全体的に弱体化を喰らい、中堅に落ち着いている。

+亜空の使者での活躍
『X』のアドベンチャーモード「亜空の使者」では序盤から登場。
ゼルダと共にマリオとカービィの試合を観戦していたが、途中で亜空軍の来襲に遭う。
ピーチ自身も戦場に立って迎撃するが、隙を突かれてゼルダ共々ボスパックンに捕えられてしまう。
この後のボスパックン戦で二人がそれぞれ入っているカゴの内、一方の体力を0にすることでそのカゴの姫を救出することができる。
救出しなかった方はワリオの持つダークキャノンによってフィギュア化され、連れ去られてしまう。
救出した方はカービィと共にワープスターに乗り、戦艦ハルバードの追撃を受けながらも振り切って地上に降りるが、
今度はクッパに襲われてフィギュア化してしまった。
(この時にクッパは影虫を使ってピーチorゼルダの偽者を作り、他のファイターと戦わせていたり誤解からの同士討ちの原因ともなった)。
最終的に二人のフィギュアはハルバードに置かれることになったが、そこにメタナイトルカリオ、スネークが現れ、二人の偽者との戦いを経て彼に救出された。
その後のピーチはゼルダが変身したシークとフォックスが対決しそうになるところを止めて紅茶を差し出したり、
デュオンとの戦いでスネーク、ルカリオ、シーク、フォックス、ファルコが戦闘態勢を取る中、一人だけスカートについた汚れを払っていた。

『for 3DS/Wii U』では、大きな変更点は空中上Aの動作が変わったことと、
空中攻撃の最中に着地すると隙ができるようになった程度で、基本的な所はそれほど変わってない。が、下着が見られなくなり、非常に残念。
しかしホームランコンテストが「ランダム要素のある技は全て1つのパターンに固定される」という仕様になったため、
ピーチも「野菜引っこ抜き」のカブの種類が固定され(皺カブやボム兵が出なくなった)、理論上のダメージがそれほど伸びなくなり、
ホームランコンテストの王の座はホムコンおじさんガノンドロフに譲ることに。
余談だが、 初期verではインターネット「だれかと」での対戦において、「野菜ひっこ抜き」でまれにボム兵が出ると
不正行為と見なされてしまい、ペナルティとして24時間ネット対戦に繋げなくなるバグが存在していた (現在は修正済)。

余談だが『X』の攻略本によると、パワードスーツを着ているサムスを除いた全女性キャラで唯一重さが中量級扱いとなっている。
重いのか軽いのか良く分からない。てか女性に体重は禁句
もっとも実際『DX』では中量級だったのだが。


MUGENにおけるピーチ姫

MUGENでは現在、2体のピーチが製作されている。

+Big Eli King氏製作
Big Eli King氏製作
NES(海外版のファミコン)の海賊(?)ソフト『カートファイター』のグラフィックをベースにしたピーチ。
もとのゲームでは色数の都合か髪が黒髪なのだが金髪にレタッチされており、グラデーションも追加され、
それ以外にも色々と手が加えられている模様。なぜかミニスカであるがこれは原作からこうなので、
Big Eli King氏の好みとかそういうことではない。たぶん。
ちなみに原作通り(?)攻撃に強弱の区別がなく、A(パンチ)・B(キック)の2ボタンになっている(一応特殊行動としてC・Zも使う)。

攫われる自分の弱さを痛感し修行して強くなった、という設定。
波動拳ライジングタックルクラックシュートレイスピンサイキックテレポートなどを習得。
勝利時にはセーラームーンのコスプレをしたりとおてんばを通り越していることも含め
中にユリ・サカザキでも入ってるんじゃないだろうか。
ゲージ消費でエクセルモードや火力アップも可能。
キノピオはいくつかのアイテムの中からランダムで1つ投げ捨てる
これを取ったピーチは一定時間時間を止めたり食らい判定がなくなったり一部の技を解禁したりする。
動きやすいためかEugeneQ氏製作のピーチよりも若干強い。

尚、超必カットインのイラストは、その…とても個性的な画風で描かれている。

Nega Peachなる裏キャラも存在。一部の技が凶に片足突っ込んだ厨性能と化す。
さらにキノピオがいなくても特殊必殺技が初めから使える。

+EugeneQ氏製作
EugeneQ氏製作
現在は氏のHPリニューアルに伴い公開停止。
ただしデータ自体は残っているので、アーカイブで探してみると良いだろう。
スマブラ他多数の作品から技のヒントを得ている。
ジャンプやダッシュの際動くまでに時間が掛かるのが特徴。後ろにいるキノピオに何か意味はあるのだろうか。
カッサーやハンマーやフライパンを振るとき見えない表情が怖い。
全体的にコマンドがシンプルに纏まっている。一見投げ技のようなコマンドの特殊技はガードが可能。
デフォルトAIはないが、ホルン氏がAIを作製している。想定ランクは強~凶中位。
プレイヤー操作

技表
→ + x ドッスン
(相手の近くで) → + y つきとばし
(相手の近くで) → + z 肘鉄
→ + a ボム兵
→ + b スライディング
↓↘→ + y カブ
x x x x ビッグパックン
↓↑ 甲羅
↓↓↑ 野菜沢山
↓↘→ + a ファイアマリオ
↓↙← + ( a or b ) デイジー
xy 回し蹴り
ab キノピオ
cz 連続ビンタ

出場大会

Nega Peach
削除済み

出演ストーリー


その他