カーソル


コンピューターの入力画面で、図形や文字などの現在の入力位置を示す表示や記号。ポインタとも呼ばれる。
テキスト入力で点滅する縦棒や、マウスで動かす矢印などが当てはまる。

格闘ゲームでは、キャラクター選択画面で「現在の選択キャラ」を示すために使われる。
初期位置はたいていそのゲームの主人公の位置に設定されているため、そうでない場合主人公扱いされないこともある。

MUGENでは

ゲームキャラとしての「カーソル」は、海外のN64MARIO氏が制作している。
ウィンドウズでおなじみのマウスで動かす矢印の形をしている。
その技や挙動は「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのボス、マスターハンドのパロディである。

性能はかなり極端。小さくて攻撃を当てにくい上、空を飛ぶように動き回る。
技自体は少ないが、飛び上がって急降下からドリル回転する「Drill Point」など、移動しながらの技が多いため、積極的に切り込んでいける。
ただ、飛び道具のたぐいは持っていないため、攻撃するためには接近しなければならない。そこをカウンターされ始めると戦いにくくなる。

また、人によっては トラウマを呼び起こす敗北演出 を持っている。
しかもタッグで先に倒れると上記の通りになり一切音が鳴らなくなる上、ライフバーも見えなくなるという酷いことになる。
初見の人は覚悟しておこう。

出場大会




添付ファイル