ガギ


ウルトラマンティガ』第10話「閉ざされた遊園地」及び第26話「虹の怪獣魔境」に登場する怪獣
名前がにてるけど、ギギではない。ジャギっぽいロボットでもない。
身長64m、体重6万9000t(26話に登場したガギIIは6万7000t)。別名「バリヤー怪獣」。

武器は両腕から伸びる鋼鉄よりも強靭なムチ。主にこれを主流に戦闘を行うが、これが破られた時には
手の中に引っ込め、ムチの両サイドから伸びる巨大な爪で敵を押さえ込むという、中々格闘術に特化した怪獣である。
(他には溶解液を持っているらしいが、劇中使用することはなかった)
その特徴から『帰ってきたウルトラマン』のグドンを思わせる。
しかし最大の武器は、顔の上から突き出す一角。ここから光線を発射し、透明なバリアを繰り出すことが出来る。
このバリアを張る事によって獲物を自分のテリトリーに閉じ込めるのである。

+原作ネタバレ
TBS系列の番組なのによみうりランドの地下に眠っていた。
元は宇宙怪獣で地球に飛来してからその姿を隠していたのだ。その目的は繁殖のため。
そしてよみうりランドの地下から出現し、遊園地一帯をバリアで覆い尽くす。
人間の子供だけを次々に捕らえ、自分の巣穴へと引きずりこんでいった。
子供達に卵を生みつけ、その成長ホルモンを糧に卵を育てるためである。
そしてティガと交戦し、そのしなやかなムチでマルチタイプのティガを圧倒するものの、
パワータイプにチェンジされ、ムチを引き千切られてしまう。
尚も光線や巨大な爪で反撃するも、角をへし折られ、デラシウム光流を受けて絶命した。

第26話においても別個体の ガギII が登場。
人によってわかりにくいが、ボディが赤みを帯びるなどという違いが見られる。
獅子鼻樹海に現れる妖しげな虹の先に存在する魔境に住み着き、そこに迷い込んだ人間を襲っていた。
同じく樹海に住む剛力怪獣シルバゴンと戦うが、自慢のバリアを素手で破壊されるなど、その強大な力の前に圧倒されてしまう。
光線技を浴びせたり、ムチで締め上げるなどして必死に抵抗を試みるも、しまいにはムチを千切られ噛み殺されてしまった。
その様子を見たGUTSのレナ隊員は「ティガでさえあんなに手こずったのに……」と驚愕している。要は噛ませ犬である。


MUGENにおけるガギ


zektard氏によるガギIIが手書きキャラとして2009年8月26日に公開された。
原作通り、角からの光線や両手のムチによる攻撃を使って戦う。
両手のムチによる攻撃を始めとした各技はかなり出が早く、隙が少ない上、攻撃判定がかなり広く
こうした攻撃を使っての接近戦を得意としている。また、バリアーは相手にダメージを与える攻撃技になっている。
超必殺技において、氏のオリジナルの"EXガギ"
(氏曰く『大決戦!超ウルトラ8兄弟』に登場したキングシルバゴンに匹敵する実力の持ち主)
に変身し、攻撃性のバリアを展開する。

また2013年2月8日の更新によってより実写的なフォルムのスプライトに差し替えられて公開された。

また、muu氏によってこのガギがAI、新技やスピリッツなどが追加されて
『Fighting Evolution』風にアレンジされた「 ガギFE 」も2009年10月3日に公開された。
基本的にはAIがあり、だいたい強さとしては強キャラで使いやすいガギFEが動画に登場することが多い。

さらにsnowwolf氏によってzektard氏のガギに派手なエフェクトと多彩なオリジナル技が追加された ガギEX も2011年8月14日に公開された。

新MUGEN専用だが公開サイトでwinmugen用にするパッチも公開されており、デフォルトでAIも搭載されている。
強力な光線技を武器としており、攻撃面は凶ランク。一撃必殺技も搭載されており凶ランクの怪獣と渡り合うことが可能で、5Pカラーは狂キャラ化する。

zektard氏製作版

防御力や技の威力は後述するアレンジ版より高めに設定されており、攻撃の判定も広い。
その上、超必殺技の「エクセレントバリヤー」は前後上下広範囲で一撃のみのヒット数で、更に長時間の無敵状態なため、
確実に相手に大ダメージを与える事が出来る。
その為、人操作ならば後述のアレンジ版では厳しいような強い相手との戦闘も可能である。
デフォルトAIは搭載されていない。

ガギFE(muu氏アレンジ版)

防御力や火力が低めに調整されており、新技「バリヤーフィールド」が追加されている。
この「バリヤーフィールド」はゲージを大きく消費する代わりに自分の周囲に一定時間バリアーを張る技で、
使用中は無敵になる。またこのバリアーにはダメージは微量ながらも攻撃判定と敵を僅かに弾き飛ばす効果がある。
他にも2011年6月の更新でリーチのある下段攻撃の尻尾攻撃が追加された。

2010/6/12の更新でガードキャンセル攻撃の追加とAIの修正が行われ、
最大レベルのAIだとかなり攻撃的な立ち回りをするようになった。
全体的には以前のAIだと温存していたゲージやスピリッツを一気に使用し、短期決戦をしかけるAIになったといえる。
+具体的には
元々ガギは隙の少ない広い攻撃判定の技による接近戦を得意としていたのだが、これにガードキャンセル攻撃による
ガードからの反撃が加わり、さらに攻撃するようになった。

また以前に比べてAIが角からの光線を有効に使うようになった。この技はムルチの光線などとは違いゲージを消費する技だが
その分威力も高くて判定も当てやすく強力で、使用頻度が増えたのでかなり強くなった。
バリヤーフィールドの使用頻度も上がっており、この技で敵の必殺技を回避し接近し接近戦をしかけたりもするようになった。

他にもスピリッツの使用頻度も増加しており、スピリッツを使わないまま倒されていた以前に比べ、強いスピリッツを活用することが増えた。

その為、この更新版だと短期決戦で回復の隙を与えずにアボラスを倒したり、ネロンガエレキングに勝つことさえある。
とはいえ、素早い動きの相手や変則的な動きで襲ってくるダリー、飛び道具で遠距離攻撃をしてくるメカゴジラなどは苦手としている。
また同じく接近戦が得意でコンボによる火力の高いガイガンとは接戦になりやすく、スピリッツの当たり外れが勝敗を分けることも多い。

とはいえAIレベルは10段階に調整可能で、AIレベルを9に下げれば以前のバージョンくらいの立ち回りになるので
気になるようなら調整するといいだろう。


ガギEX(snowwolf氏アレンジ版)

攻撃力に優れ、角度を調整できる直進する光線や、爪で敵を切り裂く突進攻撃、
どうみてもレイジングストームなエネルギーの刃を周囲に発生させる技などの派手な攻撃を使う。
バリアーもやはり搭載されている。ゲージ技としても無数の光弾を降らせる技やEXガギに変身して広範囲を攻撃する技が揃っており、見栄えと攻撃範囲は申し分ない。
なぜかイントロでいびきをかいて眠っているなど少しお茶目なところもある。

1Pの性能面は割と防御面こそ普通だが充分に凶キャラと言えるものなので、エフェクトが派手な凶キャラが欲しい時には使ってみよう。一撃必殺技もあり、バリアもあまり使わずガン攻めしてくれるので戦い方も動画向きである。
怪獣キャラとならデストロイアEXや対凶怪獣仕様版のメガロ、ネロンガ、ギマイラtypeBといったキャラといい勝負をしてくれる。


出場大会

zektard氏製作版
ガギFE(muu氏アレンジ版)
ガギEX(snowwolf氏アレンジ版)

出演ストーリー

わたしたちのすわこさま(その3)
仮面ライダーMIOMEGA(第6話、28話中編、29話前編)
怪獣王 王座復権への道
炎邪じゃー!!(48話、71話)
ネクサスまてぃっく(第9話)

その他

ワラキア_ex布教動画(ガギFE、Part181)