タスク


年齢 : 31歳
身長 : 6フィート11インチ(約210cm)
体重 : 380ポンド (約172kg)

レア社が1996年に出したアーケード用対戦格闘ゲーム『Killer Instinct 2』のキャラクター。爪弾を飛ばすスタンドとか真宮寺とかではない。デップーと腐れ縁の彼とも無関係。 そちらも出るらしいが
筋骨隆々の巨漢で腰巻きに大剣という筋肉剥き出しの蛮族戦士で、過去世界の住人。
次元の牢獄からやって来た悪魔の王Gargos(ラスボス)と戦う権利を得るためにトーナメントに参加する。
本作シリーズでは2から登場の新キャラクターである。

『Killer Instinct』は「殺人本能」という意味で、その名の通り格闘のプロや戦闘生物が血みどろの戦いを繰り広げる。
キャラクターはリアル志向のCGで作られており、血しぶきなどの残虐演出や止め専用のFatalityもある。
ただし、そうした残虐演出は「剣で切られると人は死ぬ」的なリアリティの延長線上のもので『モータルコンバット』ほどの過剰演出ではない。

+初代Killer Instinctのおおまかなストーリー
遥かな未来、政府すら支配する巨大企業Ultratech社は人造生物の戦闘力テストのため格闘トーナメントを開催する。
そして次元の牢獄に幽閉された双頭の怪物EyedolとGargosの元への通路を構築して戦わせるのだった。

+Killer Instinct 2のおおまかなストーリー
双頭の怪物EyedolはB.Orchidによって倒されたが、怪物の死は偶然にも時間遡行を引き起こしてしまう。
過去世界でEyedolのライバルである悪魔の王Gargosが次元の牢獄から脱出、世界を支配しようとしていた。
そのせいで不安定化した未来世界を守るため、Killer Instinctで帰還できず残った戦士たちと
原住民の戦士たちからGargosを倒せる者を選出する新たなトーナメントが開催されるのだった。

MUGENでのTusk

  • Orbinaut氏制作「Tusk_KI2」
「Killer Instinct 2」から。エフェクトはマイルドになっている。
長めの通常技や突進を主体に闘う中距離キャラ。コンボ間合い、二択(中下段)間合いも広い。
コンボゲー出身のため、見た目に反してコンボがつながるが、火力は調整されている。
パリィのような防御技もあり、原作のコンボブレイカーシステムも搭載されているようだ。
一定条件でのFinish専用技では、当たると相手をホールドし、隕石を召還して押しつぶしたり、大蛇が相手を喰ったりする。
グロ要素の無いFinish専用技もあり、こちらは30ヒット級の派手な乱舞だ。
ポニーテール杯用にピッコロ大魔王氏の作成したAIが公開されているほか、
milabilis anomarodon氏のAIが氏のOnedriveで公開されている
(同ゲーム出身のキャラ、Spinalの動画にリンクが張られている)。

出場大会

更新停止中



添付ファイル