ランディ・M・グリーン







「おいら、ランディ!張り切っていこうぜ!!」



初期ステータス

体力 知力 精神力 素早さ
3 2 9 9 5 2
1996年1月26日にトレジャーから発売された格闘RPG『ガーディアンヒーローズ』の主人公のひとり。
中東風の格好をした自称「超魔道士」の少年。CVは亀井芳子。
火、氷、風、雷と様々な魔法をマスターしており、それらと杖による棒術を駆使して闘う。
スピードはあるが攻撃力と防御力は共に弱めであり、強力な魔法攻撃でそれを補う。
エドワード・M・コニャックという小動物の姿をした使い魔を連れており、ストーリーモードではランディのサポートとをしてくれる他、VSモードでは単体として使える。
ランディの師匠もエドと同種族と思われる使い魔をつれており、使い魔を巨大な化け物に変身させて森に侵入する軍勢や主人公たちを撃退しようとした。
エドも同様に変身能力を持っていたのか、続編という名の黒歴史『アドバンスガーディアンヒーローズ』においては、
仲間の裏切りによって散ったランディに代わり、彼の姿を借りたエドが登場している。
名前の由来は1990年にデータイーストから発売されたアクションゲーム『エドワードランディ』から取られている。
他にもトレジャー製のゲームに同作のオマージュらしきものがあり、開発者の中によほどのファンがいるようだ。



MUGENにおけるランディ

MUGENではSplode氏によって製作されたランディが存在する。
経験値によってレベルアップする面白いシステムが搭載されている「RPGモード」と、それらのシステムが無い代わりに、ガーヒーの仲間達が援護してくれる「アーケードモード」の二種類からプレイモードを選択できる。
…援護してくれるキャラに道化師とか中学生とかも混ざっているが、気にすることはない。連中もトレジャー製作でゲーム化されており、そっちの縁だと思われる。
原作を再現した魔法攻撃はどれも強力であるが、全体的に火力は低めであるので、スピードを駆使してエリアルコンボで攻めつつ魔法攻撃を繰り出していこう。

ニコニコでは初期に男女ペアによるタッグバトル大会にて花小路クララと魔法使いタッグを組み参戦したが、それ以降の出番には恵まれていない。
現在はSplode氏本人のサイトは閉鎖しているが、「RandomSelect」にて代理公開がされている。


「もうこれ以上あんたの勝手にはさせられない!!」


出場大会