ベムラー


『ウルトラマン』の記念すべき第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場した怪獣。別名「宇宙怪獣」。
身長50メートル、体重25000トン。
その名前は『ウルトラQ』に続く新たな特撮番組として当初企画されていた『科学特捜隊ベムラー』に由来する。*1
武器は口から放つ青色の熱線。他にも青い球体のような姿になって自由に飛行することができ、
データカードダスの『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』ではこれで体当たりする必殺技を持っている。
ウルトラマン曰く「宇宙の平和を乱す悪魔のような怪獣」で、性格は凶暴で残忍。
ちなみにベムラーは第1話の怪獣ではあるが、この当時の怪獣ものに「二足歩行の爬虫類をモチーフにした怪獣」は何度も出てきたため、
「全体的にスマート」「顔が前後に長くない」「前足は退化して小さくなっている」などよく見ると結構捻った造形になっている。

「死刑囚」として護送されている途中に脱走。「青い玉」となって地球に飛来し、竜ヶ森湖にその身を潜めた。
そして「青い玉」の知らせをうけてビートル機で調査に向かっていた科学特捜隊員のハヤタ隊員は
青い玉=ベムラーを追ってきた赤い玉と衝突し命を落とす。
赤い玉の正体である宇宙人(=ウルトラマン)はハヤタに命を与え、共に地球を守るため戦うことを約束する。

その後、ベムラーは科学特捜隊の「ウルトラ作戦第一号(ハヤタの潜水艇と他のメンバーの空中からの挟み撃ち攻撃)」によって遂に湖からその姿を現す。
しかし、ベムラーの攻撃でハヤタは窮地に陥り「困ったときにこれを使え」と言われたベーターカプセルを使うとハヤタは赤と銀の巨人に変身。
ベムラーは巨人との格闘の末、分が悪いと見て逃亡を計ったが、宇宙人が腕を十字に組んで放った光線を浴びて、遂に撃破された。

ハヤタ「キャップ、ところでベムラーは、どうなりましたか?」
ムラマツ「うん、宇宙人が追っ払ってくれたよ」
ハヤタ「やっぱり、が出て来てくれましたか。僕も、そうじゃないかと思って安心してたんですよ」
フジ「すると、あなたを助けてくれたのも」
ハヤタ「彼だ!」
イデ「ちょ、ちょ、ちょ、ちょい待ち!彼、彼って親しそうに言うけど、一体、名前は何て言うんだい?」
ハヤタ「名なんか無いよ」
イデ「よせやぁ~い、名無しの権兵衛なんて、あるもんか」 

ハヤタ「う~ん、そうだなぁ…じゃあ “ウルトラマン” ってのはどうだ?」

こうして、「ウルトラマン」の名を冠された巨人と科学特捜隊の地球を守る戦いが始まったのである。
……まあ英語版だと「アイム ウルトラァマァ~ン」と自分からハヤタに名乗ってるんだけどね

初代ウルトラマンがゼットンに敗れ地球を去った後も様々なウルトラ戦士が地球を守るためにやってきた。
…それはベムラーが地球に逃亡し、それを追ってきたウルトラマンとハヤタの邂逅があってこそだったといえるだろう。
そう言う意味では皮肉にもウルトラ一族と地球人の間に橋渡しをした存在でもある。

ウルトラマンが地球で最初に戦った怪獣というだけあってシリーズでもその扱いはそれなりに大きく、
ウルトラマンティガ』や映画『ULTRAMAN』ではベムラーのオマージュである怪獣が登場する。
この他、様々なメディアミックス作品において「ベムラー=何らかの始まりを表すもの」という記号的な扱いを受けることも多い。
もっとも、公式作品で一番初代へのオマージュ度が高い『ウルトラマンパワード』に限って、バルタン星人にその役を取られてしまっているのだが。

+ その後のシリーズでの活躍

+ メディアミックス作品におけるベムラー


MUGENにおけるベムラー

這い寄る混沌氏によってSFC版を基に製作したものが2009年9月5日に公開された。
長らくMUGENにいない状態であり、ウルトラマンの記念すべき最初の敵ということで待ち望んでいたファンも多いと思われる。
登場シーンも青い球の姿で降りてくるという、凝ったものになっている。
氏の怪獣キャラにしては能力が低めで技も熱線のみと地味だが、リーチが長く斜め下に発射され、更に地面からは火柱もあがり、
後には判定のついた炎も残るので意外と広範囲をカバーできる。
この他に対空版や超必殺技版もあり、超必版は持続が非常に長いうえに火柱部分だけでも約5割、
熱線部分がクリーンヒットすればなんと9割もっていく
AIは現在のところ試作用とのことだがそれでもゴッドルガールが相手にならない辺りやはりというかなんというか。

出場大会

出演ストーリー

その他



*1
常識を越えた事件を専門に扱う科学特捜隊と、彼らのピンチに駆けつける烏天狗のような
謎の宇宙生物「ベムラー」の活躍を描いた作品が想定されていた。
なお、同企画の主役怪獣ベムラーは、2009年の映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』にて
ラストに登場する百体怪獣ベリュドラを構成する怪獣の一体に組み込まれている。

*2
スタッフのインタビューによれば、厳密には新造では無くアトラクション用スーツの改修らしい。
改修前は相当損傷が酷い状態だったらしく、曰く「一から新造した方が手間がかからなかったかも」とのこと。