スナイパージョー


CAPCOMのアクションゲーム『ロックマン』シリーズに登場する敵キャラクター。
初代から登場している古株であり、「メットール」と並んで出番も多い。
緑のボディに赤のモノアイという姿であり、バスターとシールドを装備している。

もともとは、Dr.ワイリーブルースを改良した際に得たデータを元に制作したロボット。
つまりは、ブルース量産型ともいえる存在である。
武装がシールドとバスターなのも、そこを反映しているのであろう。
ただしブルースの初登場は3作目なので、後付けの設定だと思われる。
また、後のシリーズでも戦車バイクに乗っていたり手榴弾を投げたりと戦闘員のような役割をすることがあり、
ハンマーを使う「ハンマージョー」や骨を投げつける「スケルトンジョー」などアナザーバージョンも多い。
素手で格闘する「ナックルジョー」や美しいジョーはいない。

基本戦術は、動かずに盾を構え、ときどきバスターを撃ってくるというもの。
盾を構えている最中は攻撃が効かないが、バスターを放つ直前と発射中は攻撃が通る。
ふつうにいる分にはそれほど問題ではないが、狭い道にいたりすると鬱陶しいことこの上ない。
また、一部の特殊武器では盾を貫通してダメージを与えることが可能である。

ちなみに、ロックマンXシリーズやロックマンゼロシリーズにも「盾を持っていて攻撃中のみダメージが通る」雑魚敵が登場している。

MUGENにおけるスナイパージョー

Team Spoilerに所属する、SpiderMew氏、Alexziq氏、Susan氏の3名が合同で制作したものが存在している。
現在ベータ版であるが、技そのものはかなりの数が搭載されている。
基本的にはシールドとバスターがメインになっているが、ハンマーを使う「ハンマージョー」、
手榴弾「グレネード」など、別バージョンの攻撃も使用できる。
超必殺技にも、ジェットバイクに乗って攻撃する「スナイパージョー・ライド」がある。

ビイト氏が制作したFC仕様のスナイパージョーも存在している。

またMabsKMK氏がロックマン7登場のトラックジョーを製作している。
コマンド技は無くボタン技のみ。
AIは搭載されていない。

出場大会

  • 「[大会] [スナイパージョー]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル