グリーンゴブリン

「俺様のことを笑うのは、これが最後だ、スパイダーマン!」


アメリカのマーベルコミックの人気シリーズ『スパイダーマン』に登場するヴィラン(悪役)。
1964年とかなり初期から登場するキャラクターで、スパイダーマンの宿敵の一人。
その名の通り紫色の服を着た緑色の小男で、コウモリを模したグライダーに乗っている。

代替わりがあり、初代と二代目の二人が存在している。
また、彼の模倣犯としてホブゴブリンがいる。

初代の本名はノーマン・オズボーン。
ピーター(スパイダーマンの本名)の親友であるハリー・オズボーンの父親である。
巨大企業オズコープの社長であったが、あろう事か社内で部下達による派閥を作られ、クビにならざるを得なくされた。
その際最後の賭けとして、自身が開発リーダーを務めていた身体を強化する新薬(試作段階で投与した動物が凶暴化していた)を、
自身に投与し試す事で製品化を急がせようとする。
しかしその際過剰に新薬を吸収してしまい、凶暴なもう一つの人格を自身の精神の中に誕生させてしまう。
そして機関銃や鋭利なブレードを内蔵した飛行機体バットグライダーや、
人体を一瞬で骨だけに分解してしまうパンプキンボム、
携帯遠隔操作機能付き手裏剣バットカッター等の自身の軍事発明品を持ち出し、
社内の自身の敵達をパーティーの席で一同に会していた所に乱入し抹殺してしまう。

結果無事オズコープの社長として返り咲いたノーマンだったが、彼は何故急に自身の敵が消えたのか謎を抱く。
そしてある日の晩、自身の精神内にいるグリーンゴブリンに話しかけられ、自身がすべてやった事と教えられた。
一時は罪を償う為自殺も考えたが、グリーンゴブリンがそれをたびたび邪魔をする。
そしてグリーンゴブリンはその暴力衝動の魅力と、それを邪魔されるスパイダーマンへの恨みを、
ノーマンにもゆっくりと植えつけて行った…。
最後はピーターの最初の恋人であるグウェン・ステイシーを殺害したことで怒りを買い、殺害される。

二代目の本名はハリー・オズボーン。上記のピーターの親友である。
ノーマンの死後オズコープを継いだが、そのことによるストレスで精神をやられてしまい、ノーマンの発明品を引っ張り出して二代目グリーンゴブリンとなった。
親友であると同時に父の敵でもあるスパイダーマンとは対立関係にあったが、最終的にはスパイダーマンを助け、穏やかに死んでいった。

この後、実は死を偽装していたノーマンが再びグリーンゴブリンとして活動し始める。
シビルウォー事件(キャプテンアメリカの項目参照)では服役していた所を、
犯罪者更生の名目で作られた元ヴィラン達の ヒーローチーム 「サンダーボルツ」のリーダーに据えられ、政府側の手先となり暗躍。
続くシークレットインベイジョン(スクラル帝国の侵略)の最終局面でスクラルのヴェランケ女王を射殺、一躍英雄として祭り上げられるに至った。
これによりトニー・スタークを追い落としてS.H.I.E.L.D.(ヒーローと協力・管理するための合衆国国家機関)長官にまで上り詰め、
トニーのアーマーを奪って アイアン・パトリオット を名乗った。
その後はマーベル世界最大の悪役のポジションを手に入れ、X-MENなどと抗争に入っていたのだが、
手を結んでいたドゥームに愛想を尽かされたり、さらに偽アヴェンジャーズの仕立て役をさせていたタスクマスター クレジットカードを盗まれ
隠し口座がなかったら明日の食事にも困る ハメに陥ったりと散々な目にあっている。
(その際、紆余曲折ありタスクマスターが デッドプールと協力しており 、タイツを借りて デッドプールの格好をしていた ため、
 デッドプールともう一人誰が犯人かはわからず仕舞いであった)
その後、瀕死になったタスクマスターを脅して再度仲間に引き入れ、神相手に戦争を仕掛けるも敗北。
結局タスクマスターには逃亡される。
(脅した事で恨まれたようで、逃亡する際に「この前お前の金盗んだの俺だよ!」と追い討ちをかけられている)
それどころかトニー・スタークの作戦に引っかかり、 自分の本性を全世界に生中継されるという大失態をやらかしてしまい
正に立つ瀬がない状態になってしまった。
結局S.H.I.E.L.D.長官の座を追われ、元のグリーンゴブリンに戻ってヴィラン活動を続けている。

ヴィランとしての能力は、見た目によらず知性を生かしたもの。
優秀な頭脳から数々の発明品を生み出し、自身の能力を底上げしている。
コウモリ型のグライダーで空を飛び回りながら、カボチャ型の爆弾を投げてくる。
また、薬品によって身体能力も強化されているが、精神をむしばまれるという副作用もある。

+実写映画におけるグリーンゴブリン
+サム・ライミ版

「どんなにヒーローが一生懸命戦っても、民衆はお前を嫌う」

サム・ライミ氏が監督した実写映画の一作目におけるヴィランとして登場。
一連の流れは原作ほぼ同じだが、死亡原因がスパイダーマンを闇討ちするために遠隔操作して突っ込ませたグライダーが、
避けられたため自らに直撃して死亡となっている(尚、実写版ではヒロインは死亡してはいない)。
スパイダーマンがノーマンの遺体を運んできた現場を見たハリーは、スパイダーマンが何も弁解せずに逃走したため「スパイダーマンが父を殺した」と誤解。
その正体がピーターであるとも知らず、スパイダーマンへの復讐心を彼に打ち明けている
(何も言わなかったのは、ノーマンが事切れる間際に 「(自分がグリーンゴブリンであることは)ハリーには言うな」 と頼んだからである)。
ハリーは父親がグリーンゴブリンだったとは知らなかったが、
スパイダーマンへの復讐のためDr.オクトパスに協力してスパイダーマンを拉致してこさせるが、マスクを剥いだ素顔がピーターだと知って苦悩する。
その後、自宅にあった隠し部屋を発見し父親がグリーンゴブリンであると知った。
それでも憎悪は捨て切れず父の残した各装備を一新したニューゴブリンとしてスパイダーマンに戦いを挑むが、
父親の死が事故死でありピーターが故意に殺したわけではないと知り、改心する
(あっさり改心しすぎじゃね?とも言われたが、どうもスパイダーマン=ピーターと知った時点で復讐心が揺らぎ、
 本心では「ピーターを許す口実」を欲しがっていたようである。
 実際、隠し部屋を発見する直前、復讐を断念するかどうかで父親の幻聴と口論になっており、
 復讐の実行を懇願する幻聴に対して 「アイツは親友だ!」 と必死で抵抗していた)。
ベノムサンドマンのタッグ相手に苦戦するスパイダーマンの救援に駆けつけ、サンドマンと対決し打ち倒した。
続くベノム戦でスパイダーマンを庇い死亡する。
ニューゴブリンの装備は既存のパンプキンボム、バットカッターに加え、
近接用武器のゴブリンソードやバットグライダーの後継機に当たるサーフボード型グライダー・スカイスティックが加わり、
より実戦向きにカスタマイズされている。ついでに外見も大幅に異なり、コンバットスーツ型になっている。
ちなみに、映画の試作段階では、ニューゴブリンの外見は初代グリーンゴブリンと全く同じであったが、今の形に急遽変更されたという。

+アメイジング・スパイダーマン
『アメイジング・スパイダーマン』では、
一作目の時点では出演していないものの、ノーマンの名は言及されていた。
二作目においてノーマンとハリーが親子揃って登場。
オズボーン家には先祖代々から遺伝している病があるという設定で、ノーマンは同作でグリーンゴブリンになることなく死亡してしまう。
ハリーもまた症状が出始めたので治療の為にスパイダーマンの遺伝子を求めたが、
直接対面しに来た彼に断られたことで逆恨みをするようになる。
最終的に研究所の試薬品を服用したことでグリーンゴブリンと化し、エレクトロを倒した後のスパイダーマンを急襲。
原作のノーマン版グリーンゴブリンと同様にグウェンを殺害したが、戦いに敗れて投獄された。
その後も刑務所内からライノを街へ襲わせるよう仕向けるなどして暗躍している。


MUGENにおけるグリーンゴブリン

海外のAcey氏によって制作されたものが存在している。
バットグライダーに乗っているが、自由に空を飛び回ったりはできない。
技は、パンプキンボムを投げつける飛び道具(流石に白骨化させることはできず、ただの爆発のようだ)やワイヤーでの中距離攻撃、
さらにはグライダーによる突進などバランスよく揃っている。

出場大会