黒騎士

   

    魔傀「おまえか。あいかわらずあくしゅみな”義体”をつかっているな。」
黒騎士「あら、ずいぶんね。あのときはあんなによろこんでくれたのに。」

バンプレスト販売・ウィンキーソフト開発のベルトスクロールアクション『電神魔傀』(以下『魔傀』)、
そのSFC移植リメイク作『ゴーストチェイサー電精』(以下(『電精』))、
および『ガーディアンズ / 電神魔傀II』(以下『ガーディアンズ』)に登場するキャラクター。
オーラバトラー超獣機神とは関係ない。




 ロシア出身で、本名はミラ・ロマノア。年齢不詳。
 その義体は最強の”電神”と呼ばれる魔傀元聖と同等クラスの逸品。
 かつては魔傀と共に「極東連合軍・対コンピューター戦略部隊」に所属しており、
 そのころから色々な意味で浅からぬ関係だったご様子だが、
 部隊はサイバーテロリストのギルリアン・エルダインによって壊滅させられ、
 以後、ギルリアンとの決着をつけるため姿を消した魔傀とは別の人生を歩んでいる。
 プレイヤーの1人で軍の格闘顧問を務めるタルクス氏(32)からは
 「あねさん」と呼ばれ慕われているが、黒騎士の方はいいようにあしらっている。
 ちなみに連合軍時代の階級は少佐。
……ぶっちゃけ草薙素子のパ(ry

現在の職業は公共庁情報部の調査官で、『魔傀』では”幽霊課”に出向中。
情報部所属だけあって、幽霊課設立の背後にある”制御体”の思惑や、衣世の正体を知っており、
自分が利用されていることを理解したうえで、「利用されずに生きていける人間なんていない」
と語り、職務を忠実に遂行する。
再会した魔傀に未練があるようだが、魔傀があまりにつれないので若干お怒り気味であり、
EDでは幽霊課の近藤長官をヤケ酒に誘ったりなんかする。
つまりタルクス氏に冷たいのは八つ当た…
…ではなく、氏がCIAにギルリアンのデータを売っぱらおうとしているためで、
そのへんしっかり締めるところは締める人である。

「あら、最近の道具は随分なまいきな口をきくのね。」


リメイク版の『電精』ではプレイヤーキャラからリストラされ、デモ要員に。
幽霊課には所属せず、あくまで情報部の一員として隠密理に行動中。
ギルリアンを調査したり、相変わらずタルクス氏は放置プレイだったり、高層ビルから投げ出された魔傀を救出したりする。
なお上記の会話は『電精』で追加されたもの。
魔傀と衣世の同時プレイ時EDでは、エアカーで2人きりになった魔傀と良い雰囲気になるのだが、
衣世が邪魔に入ってしまいぶちこわしになっている。


『ガーディアンズ』ではプレイヤーキャラに復活。
紫髪・皮ジャケ・ホットパンツにオーバーニーのレザーブーツというそれまでのデザインを一新された結果、
衣世のパーソナルカラー(上の画像を参照)に似た、金髪ポニーテール赤ジャケミニスカートホワイトブーツであり、
黒騎士なのにどこも黒くない格好となった。 むしろ後のバンプレ的には白騎士である。
もともと何が””で”騎士”なのかよくわからなかったし、義体なので姿形は自由自在だし、
女性が服を1着きりしか持っていないわけもないのだから
別にこれでもおかしくないと言えばおかしくはないのだが……
最強の電神と同等の義体と言われた以前の義体との性能差は不明である。



+ 原作での性能


MUGENにおける黒騎士

八神庵陳念で知られる、ihoo1836氏のガーディアンズ版黒騎士が存在する。
元ゲーにボイスがないので、搭載されたボイスは他ゲーの各種女性キャラのごちゃまぜである。

普通の格ゲーのようにレバーでガード・ジャンプが出来るようになっているが、
ボタン押しっぱなしでガード、放置でゲージ回復といった原作風の操作も可能。
もともとベルトアクションなのに格闘要素の強いコンボゲーなので、違和感は少ない。

通常攻撃がレバー方向で変化するとか、やたら追撃できるとか、
得意武器の剣を取り出して装備できるがダメージを受けると落としてしまい拾い直す必要があるとか、
必殺技ゲージが空の時に必殺技を使うとライフを消費してチャージするとかは原作の仕様。
画面左上で点滅する【KUROKISHI】は、『魔傀』時代からの乱舞系必殺技「マシンガンキック」が使用可能になったことを示す合図。
ダッシュ攻撃(↓ のgifの動作)中に ← → という独特のコマンドなので、入力に慣れておきたい。
「パンツが見えたら ← → 」と覚えておこう。

AIも標準搭載。
コンボや無敵技での割り込みを適確に決めてきて、実はかなり強い。


    魔傀「人はだれでも、何者かに利用され、支配されているものさ。
               それが制御体だろうが、神だろうがオレにはどうでもいいことだ。」

黒騎士「そうね、あなたらしいわ。でも・・そういうとこ、すきよ。」
             「あくしゅみだな。」
             「おたがいさまよ。」

出場大会