お市

+ 史実のお市


「みんな死んでゆく…… これも市のせい……」


戦国BASARAシリーズに登場するキャラクター。 キャッチコピーは「幻妖言惑」。
『戦国BASARA2』から登場するが、プレイヤーキャラとなるのは続編の『戦国BASARA2英雄外伝』から。
『英雄外伝』では片倉小十郎、夫の浅井長政と共に主役級の扱いを受けている。
CVは能登麻美子。OVA版『殿といっしょ』でもお市(とこの人)役を演じているが
性格は『戦国BASARA』の市とは異なり、極端に臆病な長政に振り回されている。でも夫婦仲は悪くないよ!
また、アニメ版『織田信奈の野望』に能登女史の出演が決定した際「またお市か」とファンの間では冗談交じりでささやかれていたが、実際は今川義元役だった。
そもそも『信奈』にはお市は登場どころか存在しないのだが、ネタバレを含むため割愛する。

「第六天魔王」と人々から恐れられている織田信長の妹。
絶世の美女だが、魔王の妹であるということに罪深さを感じ怯えており、内向的かつ自虐的な性格。
常に自分を卑下し、泣いて謝ってばかりいる。口癖は「これも市のせい…」。
その儚くも妖艶な美しさに魅了される者も多く、知らず知らずのうちに己が美貌を利用して、
部下を裏からコントロールする魔性の女としての側面も持つ。長政の正義の為よりも彼女のために戦う兵士も多い。
イメージとして能登女史の代表作の一つである『地獄少女』を意識した演出がなされており、台詞や彼女の第七武器(藁人形の形をした双薙刀「呪恨」)等にもそれが見られる。

しかし、信長に対面したり森蘭丸に挑発されたり大技を撃つ時などには、
人が変わったように高笑いしたり、「是非も無しッ!」「片腹痛いわ!」等と言ったりと、信長と似通った本性が表に出る。
濃姫曰く、「この世でただ一人、真に上様を理解できる者」らしい。
人の幸せを見るのを好まず、前田夫婦を「どうでもいい」と評している。
また、宮本武蔵に面と向かって「市…あなたのこと、嫌い…」と言ったり、
伊達政宗のことを「市、あの人嫌い…」と言ったりと、内気ながらも意外とはっきりと物を言う。
『英雄外伝』のお市編では蘭丸に慕われており(お市編以外の蘭丸はお市の事を馬鹿にしている)、濃姫からは気にかけてもらっているのだが、
お市としては信長の天下布武を手助けしている二人は気に入らないらしく、濃姫に対し「あなた、どっか行っちゃえばいいのに…」と言っている。

夫の長政のことを深く愛しているのだが、それ故にまた極度に長政に依存している。
しかしそのネガティブな性格が災いし、一緒にいると長政を不幸にしてしまうという思い込みから深く立ち入れず、自らを精神的に追い詰めている。
それでも不器用ながらも長政を一途に慕っており、何かと気を引こうとしたり、
長政の活躍を見て喜んだりと、彼の前では年相応の少女らしい一面を見せることも。
英雄外伝の長政のストーリーでは前田夫婦に負けず劣らずのラブラブ夫婦っぷりを見ることができる。

その反面、自身のストーリーモードはとにかく暗い
徐々に彼女の心が崩壊していくストーリー展開はシリーズ史上最も陰鬱とも言えるレベルで、深すぎる愛と依存心の強さからくる恐ろしさが垣間見える。
あまりの暗さに『英雄外伝』発売前にプロデューサー自ら「英雄外伝のストーリーは小十郎→お市→長政の順でプレイして下さい」とコメントしている。
市はただ…咽び泣くだけ…
そう…めそめそと泣くな。
お市の『英雄外伝』ストーリーのスタッフロールは専用のものが用意されており、エンディングテーマも能登女史が歌う挿入歌『眠れ緋の華』が専用曲として流れる。
彼女の固有技名やストーリーのタイトルはこの曲の歌詞とリンクしているものが多く、第四章の後半で歌詞の一部を口走っている。

その正反対な二人のストーリーのお陰か英雄外伝でのストーリー人気投票ではお市が4位で長政が5位、
武将人気投票は二人仲良く12位にランクインと、それなりに高い人気を獲得した。(ちなみに戦国BASARA2の時はお市12位、長政21位だった。)
このような人気を見てか、浅井夫婦をメインにした少女マンガまで出ている。
ネガティブな部分はやや抑えたほのぼのとした恋愛物になっているため、幸せな二人が見たい方は是非どうぞ。
ちなみに準レギュラーは慶次でさり気に重要な役回りである。素直じゃない長政様にとって有難い友人として登場。

+ 3でのお市(ネタバレ注意)

+ 4でのお市(ネタバレ注意)

『2』では敵専用武将で、通常攻撃モーションはまつの流用だった。
更に明智光秀や毛利元就と同様に味方に攻撃を当てる事が可能だったが、
『英雄外伝』でプレイヤー武将に格上げされると同時に味方殺しはなくなり、攻撃モーションも固有の物になった。
二つに分離することの出来る双頭薙刀を武器として使用する。
能力として戦場で死亡した武士たちの怨念を黒い手として具現化し、攻撃に使うという特徴的な固有技を持つ。
モーションは凝っているが、攻撃後にふらついたりへたり込んだりする動作のせいで隙が多い。
魔の手を使った攻撃は薙刀技よりも更に隙だらけだが、威力は非常に高い。
信長同様に相手の生命力を吸い取ることができるが、発動中は気絶してしまい無防備になってしまう。
ちなみにこの魔の手は無意識で出しているとの事。

+ 『3』以降の性能

+ アニメ版では…

「あなたも一度… 死んでみたらいいのに……」


ゲームでの性能

格闘ゲーム『戦国BASARA X』では「開け根の国(通称:開国)」によるモードチェンジを備えたテクニカルなキャラ。
見た目的に火力の低い非力キャラに見えるが、実際は中距離~遠距離戦をメインに、ワンチャンスからの永久・即死コンor連携10割コンで勝ちを狙う戦国一の一発キャラ。
BASARA界のマミヤ的存在。でも通常投げはある。しかし脱衣KOはない。
「拒め緋の渦・陽」での接近拒否の守り、「根の国モード」での画面端連続技などに援軍アタックが絡むと一発が大きい。

基本は中距離~遠距離戦を得意としているが近距離戦を強いられているので今一ダメージを与えられない。
しかし「開け根の国」を発動することにより相手を引き寄せることが可能になってくるのでそこから一気に攻めていきたい。
魔の手モード時間が1R毎に増えれば増えただけ圧倒的に有利になってくる。

+ 魔の手モードの恐るべき実態

また立ち回りこそ援軍の依存度が高めなものの、
火力の大本は魔の手モードに依存する為援軍カウンター後でも逆転力があることも見逃せない。

欠点は防御力に乏しいこと。
ゲーム中最弱の装甲な上、見た目より空中やられ判定が大きめで浮きが高いのでコンボが安定しやすい。
切り札の開国中も、その間ガードができないので常に即死チャンスと共にフルコンを食らい死亡する危険性が存在する。
攻撃も全体的に出が遅いものが多く、ランクとしては下位の上位~中位くらいだが、安定して勝つためには相当なやり込みが必要になる。

ちなみに、『マリばと!』の藤堂志摩子が使う超必殺技「桜の舞」のモーションがお市の超必殺技「染れ緋の雨」と酷似しており、中の人繋がりで似せた疑惑もあったが、『マリばと!』の志摩子役はネット声優が起用されているため、偶然の一致だろう。



「無言・即殺! 悪と無駄口、削除なり!」

援軍はお市の夫である「 信義不倒 」浅井長政(CV.辻谷耕史)。
実直な性格と非常に強い正義感の持ち主で、戦国の世に蔓延る悪を「削除」しようとしている。
しかし一方的に悪と決め付けたり、礼儀正しいというだけで正義扱いしたりと矛盾が多い。
どこぞのヒーローのようなカラーリングの鎧、3分間だけ有効な専用アイテム
ライダーキック、必殺技や台詞を言う時にいちいち決めポーズを取るなど、特撮ヒーローのようなキャラクター。
妻のお市のことは大切に想っているのだが、その自虐的な態度に苛立ち、
つい「めそめそと泣くな!」「無駄口を叩くな!」と厳しい態度で当たってしまう。ツンデレ
「削除する!」が口癖の為、プレイヤーから必殺削除人と呼ばれることもある。

+ 詳しい設定等

援軍要請時は地上では盾を飛ばして攻撃。盾の軌道を変えたり、飛ばした盾を停滞させることも可能。
援軍レベルが上がるとヒット数が上昇する。
対空時には上昇しながら刀で斬りつける。発生が早く優秀だがいちいち決めポーズを取るのが玉に瑕。

ホンダムや毛利といった特殊な援軍持ち以外では二番目に援軍レベルの上昇速度が速い。
しかしお市自身の移動速度が遅かったり、切り返しが貧弱なため、それらの弱点を強化するためにも早めのLv51で呼ぶことが多い。


MUGENでのお市

かつては一時期公開されていたβ版(AI製作禁止)しかなかったため大会動画での出番は皆無であった。
ストーリーでも会話のみの非戦闘員だったり動画が削除されたりと、出番に恵まれていなかったが
2015年2月についにAIがデフォルトで搭載されたお市が公開された。
今後の動画での出番が期待される。

なお、ナコ月ルル娘のレイプレイ発動時などで流れるおどろおどろしい能登ボイスは、お市のものであったりする。
このため、キャラは見たことがなくとも声だけなら聞き覚えのあるという人も多いのではないだろうか。

  • おやすみ鯛氏製作
一時期今は亡きニコろだにあげられていた。
援軍システムや状態異常付加が再現されておらず結局β版で終わりだが、一撃BASARA技を含む全ての技が搭載されているので十分に戦えた。
AIは無く、AIパッチの制作をはじめとする一切の改変を禁じられている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4609198

  • rei氏製作
2015年2月完成度96%のものがリリースされた。最終更新は2015年9月29日、完成度96.5%
イントロ前に8+スタート押しっぱなしで援軍Lv.100、一撃ゲージMAXの状態にできる。(なお、チーム戦では初期援軍Lv50)
AIもデフォルトで搭載されており、こちらの完成度は90%とのこと。
ガードクラッシュ処理と気絶処理が入っている。また、各種ゲージ位置の調整やダメージ調整が可能となっている。

出場大会


出演ストーリー

それいけ!古明地動物園(第一話に登場、戦闘なし。動画は削除されている)

プレイヤー操作



「市、長政様とずっと一緒にいたい…それでもいい?」

「う、うるさい!無駄口を叩くな!あ…当たり前の事を聞くんじゃない!」