テッポウオ

データ

図鑑No.:223
分類:ふんしゃポケモン
タイプ:みず
高さ:0.6m
重さ:12.0kg
特性:はりきり/スナイパー

任天堂の育成RPG「ポケットモンスター」に登場するポケモン。「金・銀」から登場。
モチーフは実際に存在するテッポウウオという魚。また、コバンザメのような要素も見受けられる。


モチーフ通り口に水を蓄え、そこから水を噴射することができる。噴射した水は100メートル先で動く獲物にもあてることができるとその精度は極めて高い。
また、生活の知恵として マンタインの羽にくっついてそのおこぼれにあやかっている などちゃっかりしたポケモン。
マンタインの進化前であるタマンタの進化条件に関わっているあたり筋金入りである。

「金・銀・クリスタル」とそのリメイク版である「ハートゴールド・ソウルシルバー」では44番道路の池にのみ生息するが、釣れる確率が低い。
だが大量発生のイベントが起こると釣れる確率が高くなり、ボロの釣竿でさえも釣れるようになっている。
もっとも「コロシアム」・「リーフグリーン」・「エメラルド」・「ダイヤモンド・パール・プラチナ」では普通に入手できるので、
そこから通信で送ってきた方が早い。

「ダイヤモンド・パール・プラチナ」においては、タマンタをマンタインに進化させるための重要なポケモンだが、
野生のマンタインも登場する上に、進化前のみ覚える技もないためタマンタから育てる必要は無く、この進化方法自体の影が薄い。
レベル25以上で「オクタン」に進化するが、そのモチーフは、タコ
どうして魚類から軟体生物になるのかは謎で、
ポケモンにおける突っ込みどころではとくに有名。鉄砲→大砲というイメージらしいが…*1
アニメBW編ではトレーナーに捨てられたポケモン達が海賊行為で人間たちに復讐しようとするエピソードがあったのだが、
その中にオクタンがおり、捨てられた理由が他でもない「テッポウオがオクタンに進化するとは思わなかった」というものだった。
このことは回想シーンで語られるのだが、トレーナーに件の台詞を言われた後の愕然とした様子の顔アップは視聴者の同情と笑いを誘った。

また唯一「オクタンほう」をレベルアップで覚える事が出来るキャラである。
とはいうものの、タマゴからの遺伝により他のポケモンにも覚えさせる事が出来るのだが。
ちなみに「ダイヤモンド・パール」における電気ポケモンの使い手、ジムリーダーのデンジの手持ちにこのオクタンがなぜか居る。(おそらく地面タイプへの対抗策)
あまりの違和感と、デンジの手持ちポケモンが最後の一体となった時のセリフである 「こいつが!オレのきりふだ!!」 という
台詞のおかげで(場合によっては最後の一体がちゃんと電気ポケモンのレントラーになるのだが)一部のファンにはよくネタにされた。
「プラチナ」では電気タイプオンリーの構成に変更されたため、この違和感のある光景は拝めない。


「口から水を噴射する」とあるが、水だけにとどまらず、水タイプお約束の氷タイプのビームの他、
、あげくの果てには相性的に噛み合ない火炎放射電撃ビームも飛ばしてくる。おまけに進化前の癖に はかいこうせん まで習得できる。
進化後のオクタンよりも素早く、特性が「はりきり」のポケモンの中では何気に一番攻撃力が高かったりする。
「はりきり」は物理技の命中率が落ちるが攻撃力が1.5倍になるというもので、実は並の進化後ポケモンよりも高い攻撃力を得ることが可能となっているのだ。
このように進化後のオクタンとはまた違った戦い方ができるポケモンだが、防御面は所詮進化前なのであくまで「進化前としては強い」というレベルに留まっている。

漫画作品の『ポケットモンスターSPECIAL』には、3章の主人公であるゴールドの手持ちとして使われる。
ただしマンタインの羽にくっついているので、テッポウオ自体がゴールドの手持ちというわけではない。
このゴールドのマンタインが他のマンタインと一線を画すのはテッポウオのくっついている数。その数なんと 20匹
一斉射撃で伝説のポケモンであるルギアにも有効打を与えたり、下の方にいるテッポウオがビリヤードのキューを咥えてハングライダーのようにして空を飛ぶなど
要所要所で活躍をしている。


MUGENにおけるテッポウオ

MUGENにおいては、手描きうどんげボボボーボ・ボーボボのキャラで知られている、樹(ju)氏によって作成されたものが存在していた。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
グラフィックはGBA版のものを使用している。(ただし、ふきだしはFR・LG版のものを使用。)
口から斜め上に飛び道具を噴射して空中の相手を落とすという全く新しい戦法となっている。

出場大会




*1
尚、同じく任天堂のゲーム『ゼルダの伝説シリーズ』には
「オクタロック」というタコのような姿をしていて岩を吐きだして攻撃してくるモンスターがおり、こちらもMUGEN入りしている。

所謂「セルフパロディ」のようなものなのだろうか?


添付ファイル