一星龍


「俺を許さねえだと?この俺を生み出したのは誰だ?お前だ、孫悟空!」

アニメ『ドラゴンボールGT』に登場したキャラクター。
「イーシンロン」と読む。声優は柴田秀勝氏。無印でチャパ王も演じた方であり、MUGEN的にはアニメ版のギース・ハワードなど。

+詳細及び原作ネタバレ
ドラゴンボールのマイナスエネルギーによって生み出された生命体「邪悪龍」の1体であり、
当時におけるドラゴンボール史上最強の敵にして最後の敵である。
もっとも、後年に入ってからは2013年には映画『神と神』に登場した破壊神ビルスに史上最強の称号が与えられたかと思えば
2015年の『ドラゴンボール超』に登場する全王がそうであるいう風となっている。
「史上最強とて、この俺を超える事は出来ぬぅ!」

+マイナスエネルギーと邪悪龍について
ドラゴンボールを一度使うと、膨大なマイナスエネルギーがドラゴンボールに蓄積され、それを浄化するのに100年の時を要する。
だが孫悟空らがドラゴンボールを幾度も使った上、デンデが出力をアップさせたこともあり、マイナスエネルギーが爆発。
それが原因で神龍が邪悪龍へと変貌、ドラゴンボール一つ一つに邪悪な生命体が宿り、孫悟空らと対峙することになった。

邪悪龍それぞれが、ある願いによって生じたマイナスエネルギーによって生み出された存在であり、
彼の場合は「フリーザ一味に殺された者を生き返らせた」時のマイナスエネルギーから生まれた。

他にも「ウパの父親ボラを生き返らせた」時のマイナスエネルギーによって生まれた二星龍や、
ピッコロ大魔王が永遠の若さを手に入れた」時のマイナスエネルギーによって生まれた四星龍などが存在している。
無論「ウーロンがギャルのパンティを貰った」時のマイナスエネルギーから生まれた邪悪龍も存在する。
その願いから生まれた六星龍はよりにもよって女性であり、本人はそのような願いから生まれたことを恥じていた。

また、邪悪龍は過去に別の銀河で一度現れたことがあり、その時には周辺の銀河全てが滅んでいる。
この時に界王神らがどのように対処したのかは明らかになっていない。
マイナスエネルギーが充満した星は腐り落ちて爆発し、エネルギーは別の星を侵食し連鎖的に爆発させる。
その影響はなんと宇宙の外側にある界王神界にまで及び、ただでは済まない被害を受けるとのこと。

ちなみに、原作の最終章「魔人ブウ編」においても、
老界王神が悟空たちに対して「ドラゴンボールは自然の摂理を乱すため、みだりに使ってはならない」という旨の警告をしていた。
そのため、「邪悪龍編」の冒頭では、警告を受けてもなおドラゴンボールを使い続けた悟空たちを老界王神が激しく非難している。

これらのことを考えると、ナメック星にある本場のドラゴンボールもフリーザ一味の一件以降、1年間に何度も使われた上に
願い事の回数を増やしたりドラゴンボールの出力や願いを叶えられる大きさが強化されたため相当マイナスエネルギーが溜まっている可能性もあるが、
作中では特に描写されていない。

+他の邪悪龍
二星龍(アルシンロン)
「ウパの父であるボラを生き返らせた」時のマイナスエネルギーによって誕生。
毒で相手を弱らせてから闘う。邪悪龍の中では最も弱い。声優は茶風林氏。
三星龍(サンシンロン)
「地球人の記憶から魔人ブウを消した」時のマイナスエネルギーによって誕生。
冷気操る使いであり、四星龍の兄。
(マイナスエネルギーの元となった願いを叶えた順番は四星龍の方が先だが、実際に生まれた順番には関係ないらしい)
卑怯な性格で、悟空の孫パンや自分の弟である四星龍を盾にし命乞いや不意打ちをしてでも悟空を仕留めようとする
声優は塩沢兼人氏。
四星龍(スーシンロン)
ピッコロ大魔王が永遠の若さを手に入れた」時のマイナスエネルギーによって誕生。
体温を太陽の表面と同じ6000℃まで上昇させる能力を持ち、
悟空も超サイヤ人4に変身するまではまともに触れることすらできなかった。
パワーでは超サイヤ人4に変身した悟空よりも劣るが、スピードに関しては超サイヤ人4に変身した悟空ベジータを上回る。
炎を操る能力を持つ使正々堂々と戦う事を好む武人
三星龍に目を傷つけられた悟空と目が治った後での再戦を約束した直後、突如襲来した一星龍に背後から撃たれ倒される。
後に四星球が悟空に飲み込まれたことによってマイナスエネルギーが浄化され、悟空の味方になった。
彼の最大の技である「バーニングスピン」は、5つのドラゴンボールを吸収した一星龍をも粉々にするほどの威力があるらしい。
声優は山口健氏。
五星龍(ウーシンロン)
ラディッツとの戦いで死んだ悟空を生き返らせた」時のマイナスエネルギーによって誕生。
小柄だが、自分自身でもある電気スライムを身に纏う「合体スライムビルドアップ」によって
巨大化すると同時に、悟空の「10倍かめはめ波」も弾き飛ばすほどの弾力を得ることができる。
声優は天津飯と同じ鈴置洋孝氏。
六星龍(リュウシンロン)
「ウーロンがギャルのパンティを貰った」時のマイナスエネルギーによって誕生。
空気と風を操る力を持ち高速回転することによって竜巻のバリアを張ることもできる。
美しい乙姫の姿(CV勝生真沙子女史)を取り、漁師たちに空から魚などを与え騙していた。
乙姫は仮の姿であり、正体は醜い龍の姿をしている(CVは同シリーズでダーブラも演じた大友龍三郎氏)。
七星龍(チーシンロン)
「バビディの魔術にかかったベジータに殺された天下一武道会の観客を生き返らせた」時のマイナスエネルギーによって誕生。
七星球が本体であり、本体に触れた他の生物に寄生する能力を持つ。
最初はモグに寄生して地震で街を破壊していたが、隙を突いてパンに寄生し、本気で攻撃できない悟空を心身共に苦しめた。
声優はメタリック軍曹やキビト、ヒルデガーンも演じた青森伸氏。

肌は白く、膝や肘、背中に黒く太い棘が付いており、人間とは似ても似つかない存在。
なお、この棘は伸ばして相手を串刺しにすることもできる。
冷酷無慈悲で、自分以外の全てを見下す「傲慢」「尊大」といった言葉を絵に描いたような性格。
強大な力を持つ故か、不意を突かれたり追い詰められると大袈裟に驚いたり急に弱気になる。

「10倍かめはめ波」も通用しない強さで悟空を圧倒するも、
悟飯からサイヤパワーを貰った悟空の反撃を受けて敗れたかに見えた。
だが、6個のドラゴンボールを吸収し全ての邪悪龍の力を得た「超一星龍(スーパーイーシンロン)」に変身。
本人曰く「10倍以上にパワーアップした」とのこと。
しかし、悟空ベジータがフュージョンした超サイヤ人4ゴジータには歯が立たず惨敗。
ゴジータの「ビッグバンかめはめ波」を受けて6個のドラゴンボールが体外に出てしまい吸収しようとするが、
四星球だけは悟空が飲み込んでしまい、仕方なく他の5つのドラゴンボールを吸収。
その後、四星球から現れた四星龍の「バーニングスピン」で倒されそうになるが、彼の体を乗っ取り生き残る。
全ての邪悪龍の力を取り戻した一星龍は悟空を倒し、地球全体をマイナスエネルギーで覆い尽くすが、
最後は全宇宙の元気を集めた「超ウルトラ元気玉」を受けて消滅した。

必殺技はエネルギー弾を連続で発射する「秒殺魔光弾」。
超一星龍になると他の邪悪龍の技を全て使えるようになる。
劇中で使用したのは、
  • 五星龍の「ドラゴンサンダー」
  • 六星龍の「烈風真空斬」「旋風回転刃」
  • 三星龍の「冷凍光線」
  • 四星龍の「大地からのエネルギー波」「体温上昇」
また五星龍自身は使っていないが、一星龍曰く彼の技として
悟空の龍拳で粉々に砕かれた身体を電気スライムのように変化させ集結させることで再生させたほか、
本体であるドラゴンボールを四星龍に撃ち込み体を乗っ取るという、七星龍の「寄生」らしき技も使った。
最大の技はマイナスエネルギーを集めて作り出す「マイナスエネルギーパワーボール」。

(以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。(一部加筆、改訂)

ゲーム媒体で登場する時は、やはりシリーズのラスボスだけあって高いスペックを誇る。
『Sparking!』シリーズでは、幼少期の悟空に「ごっついナマズ」呼ばわりされて激怒するという、
このキャラにしては珍しいネタ要素も存在する。(4:30~)


MUGENにおける一星龍

MUGENでは海外のRabani94氏製作のPS2&wiiソフト『Z Sparking! NEO』のCGを元にした超一星龍が存在する。

ジョジョキャラ達を上回る程でかい。
小ポトレもでかい。ゲージ消費量もでかい。火力もでかい。でかい尽くしなキャラ。
AI操作にすると、トーナメントに出しても戦えるのかどうか疑問に思うくらいチャージを繰り返してくる。
だが必殺技をひとたび発動すれば相手のHPを半分は持っていける上、
コマンドなしの攻撃でもそこそこの威力があるのでプレイヤー操作なら強さを生かせるかもしれない。
ただし、重量キャラなのでコンボが繋がり難い点には注意したい。

出場大会

  • 「[大会] [一星龍]」をタグに含むページは1つもありません。

添付ファイル