ビックバイパー


“This is Vic Viper T-301. Commencing attack on the enemy."
「(こちらビックバイパーT-301。敵への攻撃を開始する。)」

1985年にコナミから発売され、強制横スクロール(一部、任意縦スクロールも併用)シューティングゲームの
歴史的代表作の一つに数えられている『グラディウス』シリーズに登場する自機。
よく『ビッバイパー』と名称を間違えられるが、『ビッバイパー(Vic-Viper)』が正解である。
公式でも初代『パロディウス』や『コナミワイワイワールド』で間違ってたけど
おそらくシリーズ定番ボスの名前が『ビッグコア』なのも勘違いの一因かと思われる。

作品によって細かい設定は度々変わるものの、大抵の作品ではグラディウス宇宙空軍に属する超時空戦闘機となっている。
軍の主力戦闘機として描かれる事が多く、グラディウスシリーズの大半で主役機として登場している。
イメージカラーは 。機体の先端が左右に分かれたデザインが特徴。
初期装備は貧弱そのもので、雑魚敵にすら圧倒されてしまう事も多々ある。
だが、パワーアップカプセルを集めたりアイテムを取得することで多種多様なパワーアップを行う事が可能。
フル装備時には画面内の敵を一掃できる攻撃力を持つほどになる。

本機特有の兵器として、本機に追随し同時攻撃を行う『オプション』があり、
これを4体引き連れることで攻撃力を最大5倍にまで引き上げる事ができる。
本体が移動した後を正確にトレースするオプションたちをずらりと引き連れている姿は見ようによっては
毒蛇(バイパー)」のようにも見え、これが本機の名称の由来ではないかと思われる。
通常ならば破壊不可能な配置の敵も、当たり判定がない『オプション』のお陰でいとも容易く破壊できたりする。
作品によっては本機の武装を選択する事も可能で非常に万能な戦闘機となっている。
本機が登場する作品によってはその性能や外観が微妙に異なる場合があるが、
これは本機が同一の機体ではなく、異なるモデルのビックバイパーだからである。

恐らく世界で一番有名なSTG『スペースインベーダー』以降、当時のSTGはハードウェアの制約という面もあったが
『攻撃範囲の狭い単発ショットの連射などで敵を狙撃すること』を中心に置いた作品が主流だった。
そんな中、グラディウスは
  • 視覚的にもゲームとしても、多彩で個性的なステージが用意されている
  • 自機が画面全体を埋めんばかりのショットを使える
  • それを必然とする敵配置や激しい敵攻撃を設定したこと
など、当時としては斬新なアイディアが盛り込まれており、後のSTG界に多大な影響を与えた。
スペースインベーダー(総てのシューティングゲームの始祖)やスターフォース(連射ゲーの元祖)などを縦STGと呼ばれるのに対し、
グラディウスは横STGの王道としても名高く、後に登場するダライアスシリーズなどにも大きな影響を与えている。
なお、コナミは古くは『スクランブル』と言う横STGを出しており、パワーアップ(と連射と面ボス)が無い事を除けばグラディウスの元祖である
(場面転換や、バイパーのミサイルに相当する自由落下ボムもある。ついでにラスボスの戦闘力が0な点も)。
そして、使用されるハード性能が強化されていくと共に、STGは『敵の狙撃』から『場そのものの支配』を
主眼に置いたデザインがされるように転換されていき、STGのジャンルの多様化を進ませるきっかけにもなった。
(その一方、弾幕の強化などSTG全体の高難度化や、システムの複雑化にも繋がったが、それはまた別のお話)
『コナミ矩形波倶楽部』が作曲した音楽面でも評価が高く、サウンドトラックやアレンジバージョンも多数発売された。

また、ポーズ中に『↑↑↓↓←→←→BA』と入力することによって出来るフル装備コマンド
通称『コナミコマンド』として「裏技」コマンドの代名詞の一つになっている。
作品によっては自爆することもあるけどな! *1

「メタリオン」「ヴィクセン」などの後継機も存在するが、それらが活躍する作品が今は亡きMSX(パソコン)で
展開されていたこともあって知名度は高くない。
でも知っている人は名作と呼ぶんで、ビックバイパーと一緒にカプセル玩具として販売されたこともある。
…とか言ってたら『グラディウスリバース』でヴェノム博士と共に遂にメジャーデビューを果たした。
むしろ『沙羅曼蛇』で2P側の自機として登場した赤いカラーリングの派生機「ロードブリティッシュ」の方が
ビックバイパーの僚機としてなにかと出番をもらえている関係で多少有名だと思われる。
いずれの機体もビックバイパーの特徴的な先割れ機首を備えておらず、見た目に地味なのも知名度の低さに拍車をかけている。
その後の作品でも派生機や後継の超時空戦闘機はいくつか登場しているものの、古参ファンのために
ビックバイパーも同時参戦してることが多く、なかなかニューフェイスが定着できない結果となっている。
このあたりの事情は、同じコナミ作品のメタルギアシリーズとも似た雰囲気がある。
+ かなりの余談になるが
また、派生作品の一つである戦略SLG『コズミックウォーズ』においてはグラディウス宇宙軍と敵対するバクテリアン側にも
「VIC CYBER」というビックバイパーをコピーしたような生体戦闘機が配備されているが、残念ながら他作品では登場していない。

大御所ゆえ『グラディウス』や『ビックバイパー』をモデルにしたパロディやクローンは数え切れないほど存在するが、
コナミ自身も『ビックバイパー』をモチーフにした機体をスピンオフとして度々出していたりする。
+ 例えば……

(以上、Wikipediaより抜粋、改変)


MUGENにおけるビックバイパー

ファミコンSTGキャラクターに定評のあるFoxtrot氏が製作したビックバイパーが最も動画内で見かけられる。
ジャンプやしゃがみがなく、方向キーで画面内を自由に動ける。この辺りは他のシューティングキャラと同じ。
Aボタンでショット、Bボタンでパワーアップ、Cボタンで武装の選択が出来る。
残機制になっており、一回でも攻撃を当てられると残機が一機減る。三機無くなると終了。
ちなみに一機失なった時にパワーが1000以下の場合、パワーが1000に自動的に上がるようになっている。

この他にも海外の方で作られたビックバイパーも存在している模様。
だが、どちらのビックバイパーも公開終了およびサイトが閉鎖されているため、入手は困難だと思われる。

2010年になって、FA-007GIII氏が新たにゲームボーイ版グラディウスシリーズ「ネメシスII」仕様のビックバイパーを製作された。
対戦開始時に武装が選択できるほか、前方から飛んでくるパワーカプセルをキャッチするか、ゲージを消費することで武装を強化できる。

最近のSTGゲームに挑むバイパーの勇姿……ってそういうゲームじゃn(ビシャーン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7283968

+ 大会ネタバレ


出場大会

出演ストーリー

プレイヤー操作



*1
コマンド自体があまりにも有名なため、安易に入力させない措置と思われる。
なおこの場合ちゃんとしたパワーアップコマンドも別に用意されている事が多く、
←→がLRに置き換えられるなど大体似たコマンドになっている。