Dark bolt






Ethan Lives氏が製作したオリジナルキャラで、Brazil Mugen Teamの改造キャラ企画「Spec Ops」シリーズの1体。
ZEROシリーズの春麗を元にして制作された改変キャラである。
ボイス月華真田小次郎から拝借。決して「零番隊ってなーに?」と突っ込んではいけない。

細かい設定はついていないが、元ネタとは違い、電撃やら手裏剣やらを駆使して戦う忍者キャラの様である。
黒の全身タイツと相まって、まさに名前通りのキャラであると言えよう。
また、Defenceが95と少々脆い。
勝利ポーズで同僚や上司と思しき どこかで見た様な 忍者達が現れたりする辺り、何らかの組織に所属している模様。
後述の専用ステージにはえらくSFチックな建造物が見えるので、ひょっとしたら未来世界の忍者なのかも知れない。

MVCの仕様をベースとしており、アドバンシングガードやエリアルレイブも可能。
同氏製作のSonic machineにも同じことが言えるが、特筆すべきはその 必殺技の多さ。
通常必殺技だけで 21種類 、超必殺技は 17種類 もある。
派生技まで含んでいるとはいえ、相当な量であることは間違いない。
中でも2種類の飛び道具が優秀で、ボタンの強弱で手裏剣やクナイを最大三連射できる技は、隙が少なく牽制や削りに重宝する。
もう一つの気功掌のモーションから放つ技は出が遅いものの、ヒットさせると一定時間相手の動きを止めることが出来る。
この他にも対空技や瞬間移動する技も持っており、どの距離でもそれなりに戦うことが可能である。
ただし、後者はワープ直後に若干の隙があり見切られやすいため乱用は禁物。
前述の通り防御力が若干低いので、一度のミスで一気に体力を持って行かれてしまうことも。

また、忍者らしく「Shinobiashi」という姿を消すことが出来る技特殊技も所持している。
これは時間制限が無く、解除するか相手の攻撃がヒットするまで効果が続く優れもの。
…が、言うまでもなくAI戦においては あまり意味が無い ので対人戦で活用する程度であろうか。 使ってるほうも何処にいるのか分かり辛いし。

AIもデフォルトで搭載されており、手裏剣を連射してゴリゴリ削り、瞬間移動を駆使して幻惑して来る。
エリアルも積極的に狙い、ゲージがあれば高確率で超必殺技に繋げたりと中々強い…のだが、
肝心のエリアル始動技である蹴り上げのリーチが少々短く、コンボの〆に出したはいいが空振りして隙だらけ…というケースが非常に多い。
また、昨今の強いAI相手では瞬間移動の隙を容易く狩られてしまうこともしばしば。

この他、MOTVN氏により専用ステージ「NUCLEAR ASSAULT」が公開されている。
中々カッコいいステージなので、興味のある方は入手してみてはいかがだろうか。
+参考動画(youtube)

出場大会


出演ストーリー

木の葉隠れ半蔵(忍者軍団の一人)