えここ


1999年に、電力会社9社と三菱電機・日立製作所などメーカー4社が共同開発した
氷蓄熱式エアコン 「エコアイス」 の、東北電力のCMで使用されたキャラクター。
青いペンギン風の防寒着にピンク色のリボンをつけた、10歳前後の少女の姿をしている。
キャラクターデザインは漫画家の渡辺祥智氏、担当声優は成瀬未亜。
「こ」を一つ外すと幼稚園児になるので注意。

要するに「ヤン坊マー坊」と似たようなマスコットキャラクターだったのだが、
その愛らしい姿からインターネットで人気が高騰。多くの同人誌が書かれ、専門即売会まで開かれるに至った。
(2000年から開催された専門即売会「エコケット」は2004年11月までに実に全10回にまで達した)
最近で言うなら「はてなようせい」のようなものか。

なお、正式名称はアイスちゃんであるが、誰もそう呼ばないどころか、知っている人の方が少ないレベルである。
プロの手によると思われる自作アニメ

当時には同時期に同じく人気だった作品、『デ・ジ・キャラット』の登場キャラクターと誤解されることも多かった。
というのは、雑誌の人気キャラクター特集でえこことデ・ジ・キャラット、通称「でじこ」が
ワンツーフィニッシュで一緒に取り上げられていたり、
衣装のデザインが『デ・ジ・キャラット』のキャラクターと同じ「被り物タイプ」であったことなどによる。
また、「えここ」という愛称が「でじこ」に似ているというのもその要因であったが、そもそもこの「えここ」という
愛称自体が「でじこ」に引っ掛けてそう呼ばれるようになったものであると言われている。
以上のような経緯のためか、ファンによる二次創作の同人誌や同人ゲームでは
『デ・ジ・キャラット』キャラクターとの共演をしているものが非常に多い。

格闘ゲームとしては、脱力研究所制作の同人格闘ゲーム『まじかるヒロインズplus!』に出演している。
別に「まじかる」ではないが、気にしてはいけない。
他にも同人ゲームでは『GLOVE ON FIGHT』にも出演している。
(『GROOVE ON FIGHT』ではない。グルーヴではなくグローブ(手袋)である。ちなみにルールは『アーバンチャンピオン』)
さらにフリーの格闘ゲーム『アイ・舞・ミー』にも出演している。

『まじかるヒロインズplus!』では、接近戦が強めのキャラクター。
飛び道具を持っていないぶん、近接で使える技を持っている。対空技も持っているし、武器を使わない分技の出も早め。
相手を眠らせる攻撃や巨大ペンギンを呼んで踏みつぶす攻撃など、変わった技も多い。
……まあ、このゲームのキャラは全体的に癖が強いのだが。

また、『ETERNAL FIGHTER ZERO』においてはキャラクターとしては登場しないが、上月澪の衣装として登場している。


MUGENにおけるえここ

+NOAH氏作
  • NOAH氏作
海外のNOAH氏が制作したもの。
イントロではTOP画像のように風船に掴まりながら降りてくる。
ひととおり原作再現しているが、6Pを選択すると「ダークえここ」モードになる。
デフォでAIを搭載している上に、出の早い飛び道具(氷塊をぶつける)や
ペンギンたちによるアシストもあり、かなーり強い。
ダウンロードは氏のSkyDriveから(但しNOAH氏ではなく別名義になっているので注意)。
youtubeの「Popeye vs Ecoco」という動画から辿るのも良いだろう。
ただ、単体のキャラクターとしてよりも上月澪のコスプレ衣装として見る方が多いと思われる。

最新版はMUGEN1.0専用となっているが、旧WinMugen版も引き続き公開されている。
但し強めのAIを搭載しているのはMUGEN1.0バージョンのみなので注意。

+アリ氏作
  • アリ氏作
紫ナコルル羅刹丸など、サムスピキャラ製作に定評のあるアリ氏による手描きドットのえここ。

永らくWIP状態だったが、2013年5月18日にβ版として公開された。
そして、2013年12月19日に完成版として更新されたが、
2015年4月1日をもってアリ氏が引退した為、残念ながら正規入手は不可能となった。
転載・改変自体は自由との事。
現在はfoxy氏のonedriveにて代理公開されている。

オーソドックスな格闘ゲームをベースに、「氷ストック」やステータスを変化させる「ペンギン呼び」など独自のシステムを搭載。
突進技の「えこぱんち」、対空技の「えこアッパー」、本気でぶん殴るゲージ技「7馬力」などの技を持つ肉弾戦キャラで、小さな体でボコボコと戦う姿がカッコ良くも可愛らしい。

AIはβ版時代には入っていなかったが、完成版で作者によるガン攻めの簡易AIが標準搭載された。
2013年12月22日にはAir氏のAIがMUGENファイルアップローダ2で公開された(AIセットの中の一つ)。

2014年1月6日にはリースト氏のAIがアリ氏サイトで代理公開された。5段階にAIレベル調整が可能。
しかし2014年2月28日、seku氏が実は上述のリースト氏と自身が同一人物である事を明かした。
大会用にAIを自作したものの、自分のAIをそのまま自分の大会に出す事に抵抗があったため、
アリ氏に協力してもらって別名義で公開していたとの事。現在はseku氏のonedriveでも公開されている。
自由に動き回るえここを表現するため、不用意に飛び込んだり、ウロチョロしたりなどの遊びが含まれている。
コンボルートも様々で、どんなコンボを出すかは、えここの気分次第である。
また、このAIを導入すると本体のいくつかの不具合も修正される。

参考動画(プレイヤー操作)

出場大会