バラン


1958年の東宝映画『大怪獣バラン』で初登場した怪獣。別名は「大怪獣」または「むささび怪獣」、「有翼膜竜」などとも呼ばれる。

北上川上流の湖に生息していた、中生代の恐竜「バラノポーダー」の生き残り。
皮膚が非常に弾力性に富んでおり、銃弾やミサイルなど弾き飛ばしてしまう。
腕と足までの間に皮膜があり、それを広げ空中を颯爽と滑空する。その飛行速度はマッハ1.5。あの空の大怪獣ラドンに匹敵する。
光を好む習性があり、照明弾を飲み込むという奇妙な一面もある。
また本来は気の優しい性質であると説明されている資料も存在する。

北上川の秘境の岩屋村で、村人達の守り神婆羅陀魏山神ばらだぎさんじん)」として恐れられ、崇められていた。
ある時、自分の縄張りに人間達が大人数で押しかけた上に大騒ぎをかました為に怒ったのか、
湖から姿を現し、岩屋村を全壊させてしまった。
それによって自衛隊がバラン撃滅の為に湖を攻撃し、住処を追われてしまう。
陸上自衛隊の集中砲火、空軍の爆撃、海上自衛隊の爆雷攻撃とあらゆる火力をものともせず、
やがて東京湾に入り込み、羽田空港へと上陸しようとしていた。
対策本部はバラン打倒の為に、藤村博士(演:平田昭彦氏)が発明したダイナマイト数十本分の威力を持つ
特殊火薬の使用を考案。トラックに詰まれた特殊火薬をバランの至近距離で爆発させるのに成功はしたが、
瞬間的なダメージを与えただけで倒すには至らない。
最終手段として、光り物を飲み込む習性を利用し、特殊火薬を仕込んだ照明弾を飲ませ、内側から爆発させると言う作戦が取られた。
それにより特殊火薬を計2発盛られたバランは、1発目の爆発で大ダメージを負い、
海中に逃れようとしたところを、2発目の爆発でついに絶命。東京湾にその命を散らした。

人間たちの自然へのむやみな介入、それによって生活していた生き物が行き場をなくし、
逆に人間たちのテリトリーに入り込んだが為に無残にも殺されてしまうという悲劇がこの映画から感じ取れる。
モスラ』以前に人間たちの自然破壊を題材にした映画と言われ、またモスラ以前に「怪獣=神」というのを
全面的に表現した映画であり、モスラの歌同様にバランを崇める合唱曲が存在する。

+作品の立ち位置や後の作品でのバランの出演など
ポスターなどの宣伝文句であるように、当時としてはゴジラ、ラドンを超える怪獣という設定だった。
それだけにバランの造形は鬼神の様な表情の上、生物感あふれる皮膚の作り、
かなり筋肉の引き締まったボディ、更に腕と足の間に飛行するための皮膜があるという、
かなり凝りに凝ったデザインで、十二分に最強の新怪獣たる威厳の持ち主………であったのだが、
比較的低予算で映画を作らなければならず、更に元々海外テレビドラマとして作られていて劇場公開が決まり、
前回のカラー作品『地球防衛軍』があるにも関わらずモノクロ映画となり、全体的に地味な雰囲気の映画になってしまった。
その為、徐々に忘れられて行く作品になってしまい、バランというキャラクターもメジャーになりうる可能性を
持ってはいたが、結果的にはそこまでメジャーになる事は無かった。

1968年の『怪獣総進撃』にも登場しているが、ほぼ2カットのみで名前すら呼ばれないという酷な扱いぶり。
しかも元々はゴジラたちと同じ着ぐるみを使用した巨大怪獣だったにも関わらず、
劇中で使用されたのが小型のそんなに精密に作られていなかった飛行ポーズの人形のため迫力も薄く、
予備知識の有無に関係なく「キングギドラを倒したと思ったら、何故かちっこい怪獣が空を浮かんでいた」
というような印象しか受けない。本来はゴジラクラスの巨大怪獣なのだが……
その為、一部の資料や雑誌などでは、怪獣ランドに生息しているバランはまだ幼体と説明してある記述も見られた。

1972年の『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』においてはラドンと共に登場する企画が練られたものの、
アンギラスに変更され登場できず、更には2001年の『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』にも
アンギラスと共に登場する予定だったが、モスラとキングギドラに変更されてしまうという後々の世では非常に悪い扱いを受けている。
『ゴジラ FINAL WARS』にてようやく…『大怪獣バラン』の時の映像が流れた。
この時も登場する予定ではあったが、キングシーサーやミニラに出番を奪われてしまった。何という大怪獣(笑)…


しかしながら『大怪獣バラン』は、後々の東宝特撮映画シリーズに大きな影響を与えた作品でもある。
バランのキャラクター性はモスラのアイディアに繋がり、その鳴き声はバラゴンを始めとする
多くの怪獣の声にアレンジされていった。
伊福部昭氏のBGMも非常に完成度が高く、バランのテーマ曲は後のラドンのテーマの元になり、
爆雷攻撃のマーチ曲は翌年の『宇宙大戦争』など、他多くの作品に流用された。
後々の多くの東宝映画の楽曲の大元を形作った作品といってもいい。
そして何よりセットの造形はかなりのもの。山の斜面に建てられた仏像を背に縦横無尽に歩き回るバランの姿、
作りすぎて円谷英二の注意を受けたという、羽田空港のセットは東宝の美術スタッフの技術力を痛感させられる。

ちなみに『大怪獣バラン』の海外版『VARAN The Unbelievable』ではキャスト、脚本がほぼ一新され
バランも最終的には死なないというオリジナルと一味違った作りになっている。


ゲームにおけるバラン

ゴジラ家庭用ゲームソフトの元祖であるFC版「ゴジラ」において、2面ステージのボスとして登場し、
それ以降の最終ステージまで敵として立ちはだかって来る。
プレイヤー操作こそ出来ないものの技やアクションが豊富で、かなり格闘ゲームとして完成されたキャラである。
格闘戦ではゴジラとも互角以上の立ち回りを演じるほど。
しかし飛び道具を一切持たない為、距離をとられて尻尾攻撃や放射能熱線で仕掛けられると何も出来なくなってしまう。
また何故か体色は茶色ではなく紫色である。

GBソフト「怪獣王ゴジラ」においても、最終ステージの中ボスとしてバランが登場。
本作品では、なんと口から火炎弾を連続で発射してくる。更に常に飛行している為、格闘戦も仕掛ける事が出来ない。
火炎弾は隙が少なく、最終ステージの中ボスなだけにHPもかなり高い為、本作品においてはトップクラスの実力を誇る。

近年海外において発売されたWiiソフト、「Godzilla Unleashed」においてもバランが登場。
モスラバトラ同様に空中を自在に高速移動する事が出来る上、地上においても俊敏に移動する事ができる為、かなり機動性に
恵まれたキャラである。
口からは七色や赤色の熱線を吐き攻撃する事が出来、更に波動攻撃のような技も繰り出している。

一作品目の「ゴジラ」では原作に準じ飛び道具が使えなかったのが大きなデメリットであったバランだが、
それ以降のアクションゲームではかなりの特殊能力を有しているという描かれ方が多い。


MUGENにおけるバラン

ドラコガギなど手書きのウルトラ怪獣の製作者として知られるzektard氏による
ファミコン版『ゴジラ』のドットを使用したバランが2009年9月9日に公開された。
手書きのアニメーションも数枚追加されており、近年海外で発売されたWiiソフト『GODZILLA Unleashed』風にアレンジされている。
後の2011年4月22日の更新により、スプライトほぼ全体が一新され、完全手描きのキャラに生まれ変わった
そして2015年6月20日の更新により、再びスプライトが完全に描きなおされ、解像度がアップしさらに迫力が増している。
こちらのバランは格闘戦のできるキャラに仕上がっているが、遠距離攻撃も強力なものが搭載されている。
サイズも普通のサイズで相手の怪獣や一般キャラと殴りあわせることができるだろう。
空を飛行する技などは搭載されていない。改変は自由とのこと。

そして2014年3月15日にカーベィ氏により怪獣総進撃に登場した方のバラン(2代目)も公開された。
こちらはほぼ一枚絵のキャラでサイズが非常に小さく、
常に空中を飛んでいるなど格ゲーというよりは空飛ぶのりものに近い。
いろいろなストライカーを呼び寄せて攻撃する技や突進する技などが搭載されており、手足で殴るタイプのキャラではない。


+zektard氏製
旧版のファミコン版のバランはMUGEN関係ファイルうpろだのup0029で公開されている。
ファイル名を変えて、ファミコン版と手描き版を並ばせてみるのもいいかもしれない。

2015年6月20日更新版バラン紹介動画

通常技の攻撃判定がどの技も見かけよりかなり広めで、威力は低めだが上段を広く攻撃できるパンチと抜き手、
これらの技より威力も高く下段から上段までの広い範囲を攻撃できるキックなどがある。
サラマンドラのように投げ技もきちんと搭載されており、ゲージを使わない技の中では最大の威力を誇る。

また上述のように『GODZILLA Unleashed』が元ネタの、口からの火炎放射で攻撃する技「業熱地獄」という技も搭載されている。
この技の攻撃判定はかなり遠くまで届き相手に当てやすく、ゲージも消費しないので中々強力である。
威力も投げ技よりはわずかに低いものの通常技より高めで、しかも相手のAPを削る事も出来るので、
人操作ならこの技を中心に戦うとよい。
なお2015年6月20日の更新版では火炎というより光線に近い印象のエフェクトへと描きなおされている。

さらに『GODZILLA Unleashed』同様にパワーアップして巨大化し、口から発射する熱線で攻撃する超必殺技も搭載されている。
太い直線状の光線で攻撃するため攻撃判定が広くて当てやすく、威力も非常に高い。見栄えもいいので、決め技として使いたい。


AIは搭載されていないが、防御力も高めに設定されている。技も高性能なので人操作でその強力な性能を発揮させてやろう。

またzektard氏によってバラン用に『岩屋村』のステージも、手描きで製作され2015年6月に公開された。
仏像を背景に山の斜面で暴れる初代バランの雰囲気のよく出たステージなので、合わせて使うのもいいかもしれない。

3:25から。よくわかるバランの性能と超必殺技

+カーベィ氏製
こちらは前述の怪獣総進撃に出てきた方のバランを忠実に再現したもの。
そのため常に空中を飛んでおり、サイズも小さく、元が吊り人形のみなので動き自体も少な目。
ある意味原作再現されているだろう。
しかし技は「体当たり」「グライドアタック」など総進撃では何もやってなかったのに対しちゃんと搭載されている。
必殺技は「燃える怪獣ファイヤードラゴン」「地球の怪獣では歯が立たない宇宙超怪獣」「総進撃に出れなかった没怪獣達」の3つ。
「燃える怪獣ファイヤードラゴン」では劇中のファイヤードラゴンとラドンの衝突シーンを再現しており、うまくいけば3ヒットする。
「地球の怪獣では歯が立たない宇宙超怪獣」ではキングギドラの首に噛みついたアンギラスが敵の頭上に落ちてくるというこれも劇中を再現した技となっている。
「総進撃に出れなかった没怪獣達」ではその名の通り怪獣総進撃に出れなかったマグマとエビラが突進をしてくる。
AIも搭載されており、前述の性能から一方的な試合になることが多いので注意を。

出場大会

出演ストーリー

ウドン13(非戦闘、本編映像のみ登場)
ネクサスまてぃっく(zektard氏製作版、EX6話登場時は戦闘においてはほぼかませ、12話前編に登場)