暴発

概要

キャラを操作中にコマンドミスなどによってプレイヤーの意図しない技が出てしまった時「 ○○が暴発した 」と言う事がある。
また、出したい技とは別の技が暴発した場合には「 ○○が××に化ける 」と言われる。
これは先行入力や仕込み入力しつつのヒット確認を行っている間に入力猶予が過ぎ去っていた場合、
あるいはレバー入力が正確でなかった場合などによく起こる。
前者はレバー入力の途中から最後にかけて被っているコマンドに、
後者はレバー入力の最初から途中にかけて被っているコマンドに化けやすい。
素早く正確なコマンド入力が必要な格闘ゲームにおいて、
コマンドミスによる暴発は勝敗を左右するだけでなく精神的ダメージも被る危険な事故。
ぶっちゃけ格ゲーマー最大の敵といっても過言ではない。
ただしコマンド入力の難易度や化けた先の技の性能などを含めた上で技性能調整の一環とする事も多々ある。

また、「 漏れる 」と言う用語もあるが、
こちらはヒット確認でガードされたのに暴発してしまった場合や牽制に仕込んでおいた必殺技が暴発した場合等に使われる。
化けるが「意図しない技を意図したタイミングで出す」のに対し、漏れるは「意図した技を意図しないタイミングで出す」点が異なる。

なお化けやすい化けにくい以前に、そもそも開発者にまともに使わせる気がないと思われる迷コマンドの数々については こちら を参照。


MUGENにおける暴発

MUGENのキャラクターでも操作ミスによる暴発はもちろんあるが、
それとは別に製作レベルでの暴発の可能性というのもある。
それは大抵、似たコマンドが揃っていたり、ラストの締めの行程がいくつも重複していたりすると起きやすい。
これはCMDファイルにコマンドを登録した際、上に書かれているものほど優先されるという仕様があるため。
その為、超必殺技クラスの長いコマンドをうっかり下の方に書くと暴発率が跳ね上がるのである。
そんなワケで、コマンド表に載っていてCPUは出してくるのにプレイヤー操作だと類似した技が暴発するという事も多々ある。

よくある一例
;波動拳
[State -1,Hadou-Ken]
type = ChangeState
value = 1000
trigger1 = Command = "波動拳"

;昇龍拳
[State -1,Shouryu-Ken]
type = ChangeState
value = 1100
trigger1 = Command = "昇龍拳"

;真空波動拳
[State -1,Shunkuu-Hadou-Ken]
type = ChangeState
value = 3000
trigger1 = Power >= 1000
trigger1 = Command = "真空波動拳"
このような記述をすると波動拳の方が優先順位が高いため暴発が起こりやすい。

なので
;真空波動拳
[State -1,Shunkuu-Hadou-Ken]
type = ChangeState
value = 3000
trigger1 = Power >= 1000
trigger1 = Command = "真空波動拳"

;昇龍拳
[State -1,Shouryu-Ken]
type = ChangeState
value = 1100
trigger1 = Command = "昇龍拳"

;波動拳
[State -1,Hadou-Ken]
type = ChangeState
value = 1000
trigger1 = Command = "波動拳"
とすれば暴発が起きにくい

また
;波動拳
[State -1,Hadou-Ken]
type = ChangeState
value = 1000
trigger1 = Command = "波動拳"
trigger1 = Command != "昇龍拳" && Command != "真空波動拳"

;昇龍拳
[State -1,Shouryu-Ken]
type = ChangeState
value = 1100
trigger1 = Command = "昇龍拳"
trigger1 = Command != "真空波動拳"

;真空波動拳
[State -1,Shunkuu-Hadou-Ken]
type = ChangeState
value = 3000
trigger1 = Power >= 1000
trigger1 = Command = "真空波動拳"
という方法もあるが、文字が無駄にかさばるためおすすめはできない。

なお、AIはコマンド入力なしで技のステートに直接飛んでいるため、プレイヤーの苦労なんざ知ったこっちゃねえ!と
言わんばかりに的確に技を繰り出してくるわけで、そういう部分で対人戦のバランスをとっているキャラというのも存在している。
キャラクター製作の際には、こういった配慮も心にとどめておくと良いだろう。

とりあえず、特に何も意図がないのであれば「 昇龍拳波動拳より上に置くこと 」だけは覚えておこう。

また、MUGENにはわざと暴発しやすいコマンドに失敗モーションが搭載されているキャラも存在する。


コマンド以外では、綴りが同じせいで、同名の別人に対して特殊イントロが暴発することがある。
アサギシグマの対ロックマンゼロ用のイントロがチョビヒゲとか一つ目お化け」にも発動してしまう」等。

格闘ゲームにおける具体例

+ ...

格ゲー以外

+ ...