特殊KO

特定の必殺技で相手に止めを刺したときに起こる演出。
例えば『月華の剣士』のキャラの場合、こちらが1勝している時に斬り攻撃で相手に止めを刺すと相手が血を出しながら倒れ消える。
また超必殺技でKOした場合に背景演出が流れるゲームや、特定のキャラ同士による演出など種類が多い。
mugenではプレイヤーがKOした場合に値を返す「WinKO」トリガーを設定することで再現が出来る。

次に挙げる特殊KOは個別ページがあるのでそちらを参照されたし。

特殊KOは特殊イントロと同様にもう一つの「キャラクター個性」とも取れる演出として利用され、
ある意味キャラ人気や必殺技の魅力を引き出す物として使われる事が多い。

特殊KOの概念そのものから考えると、初代『餓狼伝説』での2ラウンド勝ち取りの際でのギース・ハワードをビルから蹴り落とし、
『餓狼伝説2』『SP』でのヴォルフガング・クラウザーのKOダウンといった「普通のKOとは違うKOシーン」という始まりがあると見られる。
また特殊KOの派生としては「弱パンチや必殺技の削りでの威力による崩れ落ちKO」というのも考えられる。
またすっかりお馴染みとなってしまっているが、『KOF』シリーズにおけるチームの最後の一人がKOされた時、
そのまま画面がホワイトアウトしていくという演出も、特殊KOの派生とも見る事が出来るだろう。

特殊KOは、通常のKOとは違う刺激のある効果として、またその格好良さから新たな魅力が光るキャラ造形を作り出す事も出来る演出といえるだろう。


特殊KOの例

ビシャモン(『ヴァンパイアセイヴァー』)の「咎首晒し」

『ヴァンパイア』は専用の特殊やられが多いのが特徴だが、これもその内の一つ。
技性能自体はダウン追撃専用の技で、これでKOすると技名通りに 相手を落ち武者のごとく晒し台の上に晒す
キャラによっては普通に生首が晒され、コミカルな雰囲気が逆にグロさを引き立てたりもするが、そこは流石一癖もふた癖もあるヴァンパイア。
タダでは晒されない奴等ばっかりだったりする。
参考動画 微グロ注意

・『ウォーザード』の「切断KO」

レオムクロによる斬撃、タバサの「レヴェリーソード」によって敵キャラクターを仕留めると、 身体が真っ二つに両断されてKOする
上述の『ヴァンパイア』シリーズにも、特殊やられがそのまま持続する似たような特殊KOが存在するが、
こちらでは 縦斬りか横斬りかによって両断演出が変化する という、より凝った見せ方が成されている。
切断面も緻密なドット絵によって事細かに描かれている為、よりその演出の違いが顕著であり、大変印象深い。
参考動画 微グロ注意

・『餓狼伝説3』の「ライン飛ばしKO」

キャラ毎に、手前のラインに飛ばすか、奥のラインに飛ばすかで、またステージによっても演出が変わる。
こちらに向かってどアップで吹っ飛んでくるキャラは中々の迫力。

アテナレッドアリーマー(『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』)のKO

「特定の必殺技で倒した場合」に限らないのだが、『SVC CHAOS』ではこの二名にやられると、キャラ毎に 動物だのモンスターだのに変化させられる
変化先はキャラ毎に脈絡が合ったり無かったりで、まさにカオス。アリーマーに至ってはむしろ強くしてるんじゃないかという場合も……。
参考動画


MUGENにおける特殊KO

特殊イントロと同様に演出挿入されているキャラクターが複数存在する。
参考動画