インパルスガンダム

「また戦争がしたいのか、アンタ達は!」

『機動戦士ガンダムSEED』の続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主人公機。
新主人公のシン・アスカ スーパーGUTSの隊員ではない) の作品前半でのメイン搭乗機体である。
劇中での正式名称は「ZGMF-X56S インパルス」。インパルス=impulse(英)=衝撃、刺激。
1979年より長らく続くガンダムシリーズの中でも、特に衝撃的なモノを色々と背負う羽目になったガンダムである。
フリーダムガンダムをはじめ『SEED』シリーズのガンダムタイプは、解説本や玩具では名前に「ガンダム」と付くが、
 劇中では基本的に名前に「ガンダム」と付けて呼ばれることはない)

コアスプレンダーが毎回切り離すミサイルはザフト驚異の技術で自動で艦に戻ってるらしいが、
どう考えても二次被害が多発しそうである。

なお、コミックボンボン誌上の質問コーナーにおける回答によると
「インパルスの機密を漏らさないようにミネルバのクルーが可能な限り回収している」とのこと。
ミサイルにも秘密があるなんてザフトすげぇ。 ソレスタルビーイングだってミサイルポッドは流石に捨てて行ったっていうのにな。
大体その前にいちいち切り離さないで済む構造にできなかったのか

インパルス概要

本体の機体構造はコズミック・イラ(以下「C.E.」)における従来のモビルスーツ(以下「MS」)群と大いに異なる分離構造をしており、
それぞれ上半身・下半身・コックピットとなる「チェストフライヤー」「レッグフライヤー」「コアスプレンダー」の計3つのパーツから成り立つ。
MSとなった本体に更に換装式のバックパックを装着し、計4つのパーツが合体して戦闘形態となる。
合体後の形態はC.E.73ではポピュラーなスタイルの万能機であり、
デザイン的にも武装的にもストライクガンダムを参考にしていると思われる。*1
この分離構造によって、コアスプレンダーさえ撃墜されなければ基本的には何度でも戦線復帰可能。
(副次的に、機体の生存性も分離による攻撃回避能力で向上した)
このため、技術・思想的には「ASTRAY R」に登場したMSが外付け武装でバックパックが本体のリジェネレイトガンダムの後継機と言える。
逆に、コアスプレンダーのままではまともな戦闘が出来ないため、漫画版ではそこを付かれて危機に陥ることがあった。
なお、この作品世界では各陣営の保有MS所持数に関する取り決めがあったため、
インパルスの合体機構は『合体能力を持つ3機(もしくは4)の戦闘機』として合法的にMS保持数から除外出来たために
有用だったという説もある。コアはともかく、胴体と足は戦闘機と呼ぶには苦しすぎるデザインだが、
この辺りのいかにも「スーパーロボットの合体」な外見は監督の狙いだったそうだ。

換装式のバックパック部位にあたるシルエットは高機動戦仕様である『フォース』、
接近戦仕様である『ソード』、砲撃戦仕様である『ブラスト』の3種類が用意されているが、
これらのシルエットは必要とされるエネルギーがそれぞれ異なるため、装着したシルエットにより機体が消費するエネルギーも異なる。
インパルスはフェイズシフト装甲(簡単に言えば「電気を流すと実弾兵器に強くなる装甲」)の発展型である
ヴァリアブルフェイズシフト装甲を持つ。
この技術は状況に応じて装甲に流す電流の量を変化させ、電力消費(SEEDシリーズのMSは大半がバッテリーで動く)の
効率化を図るもので、これにより装着したシルエット毎に装甲に掛ける電圧を調整し、
エネルギー消費量の異なるシルエットを交換しても問題なく戦えるのである。
また、その副次効果により装甲の色が一部変化する(フォースは青、ソードは赤、 色々と不遇な ブラストは黒)。
カオス・アビス・ガイアを模したシルエットの製作も予定されていたが、企画倒れに終わったという設定。

そんな感じで色々な局面に対応したシルエットを試作してはいたのだが、CE世界のザクシリーズに搭載され
実用化されている類似の換装兵装「ウィザードシステム」と比べて、特筆すべきメリットがあるとは言えなかった。
そのため、インパルスのデータは換装システムではなくフォース・ソード・ブラストの良い所をとった一つの機体、
デスティニーガンダムの製作へと昇華されることとなる。
なお、当初は一つのシルエット、ディスティニーシルエットで対応する予定だったが、
電力消耗と機体強度に激しく難があるという理由で、4機のデスティニーインパルスを製造した時点で打ち切られた。
その後、民間企業が開発を継続し強度を高めるためコアスプレンダー機能を廃したデスティニーインパルスRが開発された。
このデスティニーRシルエットは独立して戦闘機として使える機能と、プラグ規格をストライカーシステムと同じ物にしており、
リジェネレイト同様に装着した敵のコントロールを奪うことも可能。
「天空の皇女」では白く塗装した機体がインパルスガンダムブランシェとして登場している。
しかし、デスティニーシルエット自体がインパルスの「換装により多様な局面に対応する」というコンセプトを希薄にしており、
作中の人物からは「これは"インパルス"ではない」と辛辣な評価を受けている。

また、インパルスは「デュートリオンビーム」という特殊な送電システムに対応しており、後述の「ザムザザー」との戦いでは
戦闘中にバッテリ-切れを起こすも、母艦のミネルバから発射されたデュートリオンビームでパワーを回復して逆転勝利を収めた。
そこに至るまでの展開や演出も含めて、結構熱いシーンでもある。「リアル系ロボットなのにいいんだろうか」と
疑問に思う人もいるかもしれないが、ガンダムシリーズは初代からスーパーロボットの要素を受け継いでいる点が
多々見られるので何、気にすることはない
そもそも設定だけを見て「ナデシコかよ」と思った人の方が多い気もする。

+ 劇中での活躍

+ 原作外での活躍

ゲームボーイアドバンスで発売された同作の格闘ゲームでは、フォース・ソード・ブラストの3形態が個別のMSとして登場。
アニメ本編が放映されたばかりの頃に発売されたゲームなので、パイロットはシンのみ。
シルエット通り、フォースは万能機、ソードは格闘機、ブラストは砲撃機。
超必殺技はソードが「エクスカリバー一閃」、ブラストがレール砲とケルベロスビーム砲の連続射撃「ビームバレイ」、
そしてフォースがビームサーベルで敵を自機の真上へ浮かしたあと、ファーストの最終話のようにビームライフルを放つ、
名前もそのまま「ラストシューティング」。


MUGENにおけるインパルスガンダム

+ 天田志朗氏製 ソードインパルス
+ 蓬莱氏製 ソードインパルス
+ 死門氏(+yokurei氏)製 フォースインパルス

「アンタは俺が討つんだ…今日、ここで!」


出場大会

削除済み

出演ストーリー

ザ・ジャンボォ!
(以上全て天田志朗氏ソードインパルス)


*1
シンを始めとして「SEED」の大戦でオーブの人間がプラントに一部避難しているため、
恐らくその中の技術者からデータを得たのだと思われる。
また、DESTINY ASTRAYにはストライカーパックシステムの研究用に開発されたMSが登場している。
インパルスの各シルエットと同じコンセプトのものがストライク時代から存在しており、
さらにそれらを複合した汎用バックパックが構想されるもコストとエネルギー効率面から企画倒れになったという、
全く同じ道を辿っているのも皮肉なことである。

*2
公式サイトのストーリー欄では「コクピットを避けて攻撃するしかないキラ」と言われているが、
監督自身が「(この戦法は)絶対ではなく、時と場合によっては解除する」と述べているので
(例・前作ラスボス)、キラがそこまで追い込まれたと解釈するのが妥当だろうか。
むしろ想定外のコックピット狙いをも回避し、即座に反撃を仕掛けたシンを賞賛すべきである。
この後キラは「あの時は戦っていいか迷ってた」という、要するに負けたのは本気じゃなかったから的な発言をするのだが、
種は割れてたし不殺解除だしで「明らかにお前殺る気満々だっただろ」とか、「母艦がピンチだったというのに本気で戦ってなかったってどういうこと」と色々突っ込まざるを得ない
ちなみに、TV放送中(エンジェルダウン作戦後)に制作されたゲーム『GENERATION of C.E.』でのifシナリオのキラは、最後までインパルスのコックピットを狙わなかった結果、戦死してしまう。

*3
但し、アスランとメイリンの撃墜に関しては2人は脱走兵という扱いになるため、
連れ戻す事が不可能となった時点で軍事機密の秘匿などと言った理由から撃墜命令が出るのは当然である。
また、シン自身も連れ戻すために説得を行っており、上記の通り決して誤った命令でもないため、
この件でシンを非難するのは筋違いだろう。
フリーダム撃墜直後の態度に関しては、当のアスランエネミーであるアークエンジェル組を擁護する発言に終始しており
(挙句、事実上シンがキラに撃墜されて死んでも構わないという態度まで取っている)、
軍人として明らかに問題のある態度を取る人間が、いくら挑発されたとはいえ、職務を全うした人間を殴れる立場なのか
という疑問が残る。
メタな話としては、意図的にシンの人気が出ないように描写したという話すらある。出来れば誇大妄想であって欲しいところだが…

ステラの返還に関しては、「ここで返還するという選択肢を選ぶのは創作物のお約束」として擁護されることもある。
さすがに苦しい言い訳ではあるが。でもほら、前作でもうやってるし。
ただ、前作主人公は軍人ではないため、軍規違反にはならないし、
捕虜も(議長の娘だが)民間人である為、対外的に考えると人質外交を避けたのは正解とも言える。
(尤も中盤以降の地球連合は第三国に対してまで恫喝外交だった為、「対外的に」なんて気にしないかもしれないが。
 ちなみに前作主人公は民間人ということでお咎め無しだったが、簡易に開かれた裁判では銃殺刑の判決を下されていた。
 一方シンの方はシンの実力を評価している(戦場で暴れさせたい)議長の介入により独房数日と言う軽いものになっている。)
逆にステラの件は、後にステラの乗るデストロイガンダムによりベルリンが焦土化、味方に多数の戦死者をだしている。
シンは「説得できた」と言うが、成功したところで事情を知らない味方からは、シン自身が連合の内通者にしか見えない状況である。
元ネタの『Ζガンダム』に似せた構図なのだが…(シン=カミーユ、ステラ=フォウ、(このシーンのみアスランではなく)キラ=クワトロ)

…余談だが、ザフトがベルリンを救った英雄だと言う事にしたいデュランダル議長の捏造により、ザフトの公式記録では
デストロイを倒した(ステラを殺した)のはシンと言う事になっている(フリーダムの姿をベルリンの映像から消している)。
本人は直前の議長の演説(ディスティニープラン)に驚く余り気付いていないが。
と言うか、他のミネルバクルーも事実を知っている筈だが、気付いたのはアスランと艦長だけ。

*4
但し、ハイネに直接手を下したのはキラではなくステラである。
作中でその事に一切触れていないのは、AAの介入行為のほうを死因と見なしている為と思われる。
実際AAが戦場を引っ掻き回さなければ、そもそもハイネは出撃すら不要だった可能性もあり、
あのキラ贔屓三昧の脚本家ですら、アスランに「お前(=キラ)のせいで、要らぬ犠牲も出た」と言わせている。

*5
なお、その鈴村氏曰く「ガンダムに出て良かったこと」は「石田彰さん(アスラン・ザラの中の人)と仲良くなれた」であり、
感想は「ビームサーベルだった」など、作品そのものにはほとんど触れていない……。
ラジオ(ラジ種)でもよく皮肉めいたことを言っており、インパルスVSフリーダム戦後、キラが復活した回のラジオでは、
「刺すから駄目なんだよ。縦に斬ればよかったんだよ。」と言っており、その回のラジオのゲストだったキラ役の保志総一朗氏も苦笑いをしていた。
というか、ガンダムというビッグネームの主人公役のコメントがこれか!?
ちなみに、鈴村氏は「アスランに反抗するから」「キラの敵だから」等の批判レターに対して苦言を呈したこともあり、
そのような行動を取るほどに鬱憤が溜まってたことが予想されている。

*6
ちなみに、種デス放映終了後から程なくして、『ガンダムSEED』の劇場版制作決定が各メディアにて報じられるものの、一向に音沙汰がなくそのままフェードアウトしてしまったという不名誉な出来事があるが、これは当時の脚本家が病気を患い、もともと遅筆だった脚本がさらに遅くなってしまい制作の目処が立たなくなってしまったかららしい。
「脚本家を変えるべきでは」という意見も多く出たものの その意見に対しても監督は脚本家を変える事を頑なに拒否したという逸話もある
その後、 種シリーズの監督と脚本家は種関連の作品以外で名前を見ることは全く無くなってしまった
業界内でこのコンビに対する目にマイナス方面の影響を与えてしまった事は言うまでもないだろう。

なお、監督は2014年(種デス放送終了から約9年後)に放送されたアニメ『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』にてクリエイティブプロデューサー(絵コンテや演出を直接担当している回もあるため、監督だと勘違いされがちではあるが)として、ようやく種以外の仕事で日の目を見るようになった。
そちらは現場から一歩離れた立ち位置にある事や脚本家が別人であるためか、作風が過激で人を選びがちあと演出が種時代と全く変わっていない上、作画が全体的に荒れ気味ではあるものの、ストーリーと設定がしっかりと練られていると好評を得ており、いくらか評価を挽回することとなった。
脚本家の方は種放送当時から体調を崩していたらしく、闘病生活も虚しく2016年に病没。

*7
嘘と冗談で構成されるウィキペディアの偽者「アンサイクロペディア」では、その辺りの皮肉を込めて
「(アニメの)原作はコミックボンボンで連載されていた同名の漫画」と書かれている。