うさだひかる

「変身!ラ・ビ・アン・ローズ!」 (着替えるだけ)

株式会社ブロッコリーが展開しているキャラクター企画『デ・ジ・キャラット』の登場人物。
紫色の大きなツインテールに特大のウサ耳、サイコロの髪飾りが特徴である。
キャラクター名は「ラ・ビ・アン・ローズ」だが、本名はページ名の通り「うさだひかる」である。
ただし本人は本名で呼ばれることを嫌っている
理由は元ネタ 実在の 有名アーティスト「う○だひかる」氏と被るから。でじこはそれを承知で「うさだ」と呼ぶ。
ちなみ名前は両方とも読者からの公募で決まったもの。あくまでも公募しただけで、選考は作者と編集部のみで行われたけど。

秋葉原のゲーマーズでアルバイトをしてたり実家が床屋だったりと、設定が作品毎に異なり、家族構成すら毎回変わっている。
あかりという姉(作品によっては従姉)が居たこともあり、さらにはあかりが現役売れっ子アイドルの場合も。
…ん?あかりとひかる?(こちらは姉と妹が逆だが)

また、シリーズのキャラを使用した同人格闘ゲーム『ばとるにょ』にも出演している。
CVは氷上
一時期二代目として矢澤なえかが演じていたが、氏の引退に伴い再度氷上氏に戻っている。

宇宙人であるでじこ達と違い、生粋の地球人。
アイドル志望の中学生だが、あかりの力を借りるつもりは無いらしい(初登場時にあかりの設定は無かったが)。
性格は高飛車で勝ち気。何かというとでじこと張り合ってトラブルを引き起こす。
だが、実際は面倒見が良くて優しい上に寂しがりや。外見がかわいくて中身がわがまま姫のでじことは正反対である。
学校では学級委員長をやっており、優等生で通している。勿論ウサ耳やサイコロ型髪飾りは着けておらず、仕事の事も秘密。
そして地味な三つ編眼鏡っ娘である。
逆にア○ミラモドキな仕事着(自前)の時はコンタクトレンズを着けている。
(後に作られた前日譚(うさだ12歳)の『ゲーマーズ・ガーディアン・フェアリーズ(G.G.F.)』では
 ゲーマーズ各店を守る妖精の力による正真正銘の変身である。売れなかったので無かった事に平行世界かもしれないが)
戦闘力もツルペタなでじこやぷちこの逆を行く14歳ながら見事なもの…だが明確な数字は設定されていないようだ。
戦闘力未知数のウサ耳14歳…うーむ
なお、『GGF』ではツルペタである。2年で凄い成長だ。絵師が違うのが原因かも知れないが
(最初のデザインや本編はコゲどんぼ(現こげどんぼ*)氏だが、『GGF』のみ早瀬あきら氏)

地球人であるため、当然ながらビームの類は撃てないが、アクセサリーに過ぎないはずのよく動くウサ耳で空を飛んだり、殴ったりできる。
そして何故かロケットランチャーまで取り出す
さらに某アイドルモドキを彷彿とさせる顔で飛び膝蹴りを放つ事も多い。
まぁ元からコメディ作品なので、他のキャラもギャグ顔は基本だが(GGFは一応は正統派魔女っ娘物なのでここまでふざけてはいない)。


『ばとるにょ』でも、飛び道具や対空技など基本的なところを押さえている。
ある意味ピーキーなでじこより使いやすいかもしれない。

MUGENでは

にゃん☆鬼龍氏によって制作されたものが存在していたが、トクトクのサーバー復旧後にサイトが消滅し現在入手不可。
前記のロケットランチャー等、ひととおり原作再現されているほか、音声素材を使用したボイスもついている。
台詞の一部は高嶺響のものが使われている

柊・竹・梅氏がAIを製作しており、対空手段がゲージ依存だが、ゲージがない状態でもうかつに飛びこむとサイコロで撃ち落とされるので要注意!
動画で見る機会は(でじこに比べたら)多かったが、公開停止したキャラのAIを公開停止&動画使用禁止にする方針により現在公開停止。

出場大会




添付ファイル