うずまきナルト


「俺は絶対、火影になるってばよ!」


週刊少年ジャンプで連載されていた岸本斉史氏の漫画『NARUTO -ナルト-』の主人公。
忍者の頭目を目指す少年。口癖は「…ってば」と語尾に「だってばよ」。
好きな食べ物はラーメンとお汁粉。趣味は花の水やりとイタズラ。
アニメでの声優はレインボー・ミカメタビーの中の人、竹内順子氏。同じジャンプでいえばゴンさん…だったのは過去の話。
餓狼MOW』の少年忍者、北斗丸もこの人である。

木ノ葉隠れの里出身で、四代目「火影」こと波風ミナトと渦の国出身のくノ一であるうずまきクシナの間に生まれた。
「木ノ葉の黄色い閃光」と称された父親譲りの金髪と青い目を持つ。
名前の由来は自来也の書いた小説「ド根性忍伝」の主人公だが、コレは「ラーメンを食いながら考えた適当な名前」だったため、
自来也は流石に諫めるが、両親の強い希望でこの名前になった。
生まれたばかりの頃、ミナトの手によって当時里を壊滅状態に陥れていた妖怪「九尾の妖狐」を体内に封印させられた。
(ミナトが自分の息子なら、半分に封印した九尾のチャクラの力を使いこなせると信じ、
九尾を操り木の葉隠れの里を襲わせた黒幕と特別な力がないと太刀打ちできないために封印した)

そのせいで九尾の妖狐を恐れる里の大人達から差別され、自分と同年代の子供達にも疎まれながら育つ。
(ただしシカマルやチョウジなど同世代の友達も少ないながらもいた。後付けとか言うな)
その反動から周囲の目を自分に向けさせようと、歴代の火影の顔岩に落書きしたり授業を抜け出したりと
里に散々迷惑をかける問題児だった。しかし自分を認めてくれた忍者アカデミー(忍者の学校)の担当教師
うみのイルカの存在もあってか、人間的にはグレることなく成長している。

勉強の出来が悪く、アカデミー時代の成績はいつも最下位で、
卒業試験は毎回苦手な術だったため3度にわたり不合格となっている。
しかし3度目の不合格直後のある事件に巻き込まれた事がきっかけで、イルカから忍者の証である額当てを貰い、晴れて卒業する。
ちなみに座学の成績は悪いが、影分身を利用して螺旋丸の習得難易度を下げるなど頭の回転自体は速い方である。
特別な忍術の才能にも恵まれているわけではないが、厳しい修行の末に高難度忍術を習得し、
窮地の際にも最後まで諦めず状況を打開するなど、並外れた根性の持ち主である。
常人離れした行動力を持ち、良くも悪くも味方の運命を左右することが多いために
「意外性NO.1のドタバタ忍者」と評され、異名にもなっている。

卒業後、ライバルのうちはサスケ、恋心を寄せる春野サクラと共に
上忍のはたけカカシの下で【第七班】として三人一組(スリーマンセル)を組み、
カカシによる合否判定の演習を経て正式に忍者(下忍)となった。
ナルトは、波の国での護衛任務、中忍試験、さらに伝説の三忍の1人・自来也との出会いを経て大きく成長を遂げていく。
第二部では様々な任務や、ペイン襲撃の解決を経て「木の葉の英雄」として認められるまでにいたる。
最終話では七代目火影に就任。また日向ヒナタと結婚し、2人の子供をもうけている。

主な使用忍術は大量の実体を伴った分身を発生させる禁術「多重影分身の術」、
師匠の自来也より教わった、チャクラを手のひらに球体状に集め圧縮し、相手に押し付けて攻撃する「螺旋丸」を使用。
この螺旋丸は派生技が多く、螺旋丸を核に風のチャクラが手裏剣を形作る「風遁・螺旋手裏剣」を始めとして、
両手で作る「螺旋連弾」、通常より巨大な「大玉螺旋丸」などなど非常に様々がバリエーションが存在する。
また、物語初期から美少女に変身する「お色気の術」が使えるなど、変化の術が得意だったりする。
(以上、Wikipediaより抜粋、改変)

+ 人柱力
+ うずまき一族
+ 仙人モード
+ 尾獣チャクラモード
終盤には、九尾がデレて仙人モードのチャクラを受け入れた事で尾獣チャクラモードと仙人モードの併用が可能になった。こちらは瞳の部分がそれぞれのモードを組み合わせた十字型に変化。

ネットコミュニティにおける『NARUTO』の扱い

2000年代の少年ジャンプにおける屋台骨の一柱作であり、「忍者もの」ということもありその人気は国内だけでなく国外でも高い。
ドラゴンボール』や『ONEPIECE』に次いでジャンプでもメジャーな作品という扱いを公式でも受けているのか、
この二作とのお祭りバトルゲームが発売されたり、ジャンプアルティメットスターズでは合体技も豊富に搭載されている。

…なのだが、ニコニコや2ちゃんねる、ふたば等ではネタ扱いが著しい。そこらへんは『BLEACH』と良い勝負である。
まず第一に挙げられる理由が、長期連載にありがちなマンネリ化。
  • 当初のチャクラや忍術を使った頭脳戦から万国ビックリ人間ショー化
  • やたら天才児、潜在能力の高いキャラクター等が多い
  • それらを形容する師匠、敵対キャラクター達の「大した奴だ」「やはり天才か」「まさかここまでとは」等のテンプレ化しつつある台詞
  • Aが真相だと思ったらBだった…とでも思ったか?Cだよ!な裏がありすぎる展開
これら斜めよりの視点からの購読には、「半ばグダグダ」「もうギャグの域」と称されている。ジャンプ作品にはよくあることだが。
これに加え、最近ではマクドナルドのハッピーセット「チャクラ宙返り」のネタとしての爆発的流行、
それに飛び火したかふたばの文化「ナルトス」のふたば外放出により絶賛大ブレイク中である。つまりどういうことだってばよ!?

無論ニコニコMUGENでもナルトやサスケが登場するとその類の台詞、ネタコメントが一気に流れ出す。…大した視聴者だ。
まあ勿論元々が原作を茶化したネタであるがため、真面目なNARUTO動画やら普通の作品ファンが多いであろうそこらでは
やはり自粛が暗黙のルールであろう。視聴者は調子に乗るのをくれぐれもやめろォ!
なお、現在NARUTOはきちんと原作が完結したので、ネタ扱いもある程度沈静化していくだろう事は想像に難くない。


MUGENにおけるうずまきナルト

+ YOUKAI氏製、完全手描き仕様

+ バジル氏製、メルブラドット改変仕様

上記の他にも、携帯機のアクションゲームやジャンプスーパースターズ等のドットを元にしたキャラ数点が制作・公開されている。
ほとんどが海外産なあたり、原作の海外人気の高さがうかがえる。
また、ドロウィン氏製作の手描きの物が存在していたが、
現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可となっている。

出場大会

削除済み




添付ファイル