エヴァンゲリオン零号機


「我々のアダム再生計画、 通称E計画の雛形たる エヴァ零号機だよ」
「神のプロトタイプか…!」

95年に放送され、大ヒットを飛ばして社会現象にまでなった90年代を代表する
SF・ロボットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(2007年以降公開の新劇場版では『ヱヴァンゲリヲン』表記)にて、
ヒロイン・綾波レイが乗り込む架空の人型兵器。零豪鬼ではない。

特務機関ネルフの前身組織ゲヒルンが、人類の脅威となる使徒に対抗する為の
「E計画」の先駆けとして建造したプロトタイプ(試作機)。
レイの起動実験中に暴走したため、巨大な十字架の付いた停止信号プラグを挿入され凍結されていた。

試作機故に、当初は肩部ウェポンラックなどの実戦装備の無い、黄色いカラーリングの機体であったが
第五使徒ラミエル戦で大破、後に青いカラーリングになり、実戦型弐号機と同型の装甲と武装に換装された
エヴァンゲリオン零号機・改」となり、本格的に実戦導入された。
(改造前と区別するための設定上の表記であり、劇中・外部出演共に「改」付けで呼ばれるケースは殆ど無い)
+ 新劇場版では改装後もカラーは黄色のままである。
戦闘ではサポートに回る場面が多かったが、第十五使徒アラエル戦では「ロンギヌスの槍」を投擲して大気圏外のアラエルを撃破した。
最後は第十六使徒アルミサエルに浸蝕され、レイの手によって自爆して消滅した。

+ 外部作品での扱い


MUGENにおけるエヴァンゲリオン零号機

初号機と同様に手書きと思われるエヴァンゲリオン零号機、及び零号機・改が存在する。作者はTonyADV氏。
劇中の如く、パイロットの綾波レイの状況が中ポトレで表現されており、負けるとミサトからの通信が入る。
零号機は近接武装を持たない為、ライフルなどでの射撃を主な攻撃手段とし、ラミエル戦で使用した巨大な盾で防御を行う。
一方、零号機・改は近接武器も使用し、2ゲージ消費でロンギヌスの槍を投擲するなど、劇中の設定を再現した作りとなっている。
公開先のサイトの消失により、現在は新規DL不可能。
+ 対戦動画(Youtube)
このような経緯ゆえに、動画では初号機同様パイロット自身が生身で戦う姿を見る機会の方が多い。

出場大会

エヴァンゲリオン零号機
エヴァンゲリオン零号機・改
  • 「[大会] [エヴァンゲリオン零号機・改]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル