リーゼロッテ・アッヒェンバッハ





            「我が血に宿る盟約よ、形を成せ…」
初出作品: アルカナハート
格闘スタイル: 緋目の人形遣い
出身地: 国籍: ドイツ/現住所:千代田区内幸町帝京ホテル(スイート)
誕生日: 10月4日(てんびん座、10歳)
身長: 114cm
体重: 19kg
スリーサイズ: B56 W51 H59
血液型: AB型(Rh-)
好きなもの: しっとり目のクッキー
趣味: 旅行
苦手なもの: 不味いもの全般
特技: ヨーロッパ主要国の大体の言葉
家族構成: 姉(ゼニア
得意な科目: 無い
苦手な科目: 無い
所属(学年、部活): 学校には行っていない
キャッチコピー: 「闇に彷徨う緋目の人形遣い」
関連キャラクター: はぁと - ミルドレッド - ゼニア - ドロシー


アルカナハート』に登場するゴスロリ少女。ドイツ出身。
ファンの間では「リーゼ」と略されて呼ばれることが多い。スパロボオリジナルロボではない。
確かにドイツ語とか共通点多いけど。
声優は『真マジンガー 衝撃!Z編』のさやかさん役などの本多陽子女史。人形(エルフリーデ)も同じく氏が担当。

時々混同されるが、某光の使者の黒い方ではない。あっちは「本陽子」女史である。

 愛乃はぁとの拉致を依頼された暗殺者で、「緋目の人形遣い」の異名をもつ。
 その名が指すとおり、『1』では死んだ姉の魂が宿った木の人形を
 駆使して戦う、事になっていた。
 しかし『2』では「行方不明」という設定に変更され、
 明らかにそれっぽい新キャラのゼニア・ヴァロフが登場。
 このため人形に宿っている物が「死んだ姉の魂」から「リーゼのもう一つの人格」に変更された。
 そして、『3』のエンディングにて完全に姉妹である事が確定。
 明らかに後付け設定だが格ゲーにはよくあることだし仕方がない
 冷淡かつ冷酷な性格だが、どうやら幼い頃に家族を失ったことが原因らしい。
 因みに本人に無愛想だという自覚はまるで無い。

聖女の条件である「純粋さ」が、負のベクトルであっても適用される一例である。
 尚、リーゼロッテ本人は戸籍の上では死亡扱いのため、現在彼女の使用しているパスポート等は偽造されたものである。
+ 『3』ネタバレ

依頼主のミルドレッドに囮として利用されていたことを知って彼女と戦うことになり、
その戦闘後、魔法陣の消滅に巻き込まれそうになったところをはぁとに救われ、
それがきっかけとなって人を信じることを少しだけ覚えたようだ。
後日談を描いたムックのSSでは暗殺中にはぁとから誘われ、そっちに行くことを優先して標的を見逃している様子が描かれている。
更に『2』では、"喫茶あいの"の夏の新メニュー試食会に呼ばれて来日したり…
(一応、日本聖霊庁から「関東各地に出現した次元の歪みの解決」を依頼されていることもあるのだが)
と、徐々にはぁとの放つ愛の毒電波に汚染されガチ百合に目覚めていっている。
そのためはぁとをめぐって冴姫と小競り合いを起こす事もしばしば。

リーゼ「今から、愛乃はぁとの家に泊まりに行く」
冴姫「はぁ!?」

アルカナハート3では勝利台詞で
廿楽冴姫の思いなんてその程度。私のほうが愛乃はぁとの事好きだから
…と言うなど完全にガチレズの世界へ足を踏み入れてしまった。やっぱり愛だよね!

『2』の新キャラ、ドロシー・オルブライトには
「人形に埋め込まれている宝石が家宝の『真紅の聖霊石』ではないか」
と因縁をつけられているが、ほとんど相手にしていない様子。
もしくは公式が、ドロシーから冴姫へライバルポジを変えたという説もある。3とか上の台詞見てると特に

漫画版では 実質ヒロインともいえる扱いを受けており、
単行本2巻では、彼女を中心とした連載最終話後のエピソードが描きおろされているなど優遇されている。

+ ちなみにこんな勝利ポーズも…


原作での性能

本体と人形との二段攻撃が強力なテクニカルキャラ。(といいつつ、コンボ自体ははぁとより簡単だったり)
極度の扱いにくさ故に当初は舞織とともに「マオリーゼ」として最下層に沈んでいた。
しかし研究が進むにつれて徐々にその地位は上がっていき、バージョンアップされた『FULL』では性能自体も上昇。
神依と並ぶ最強キャラとして位置づけられるまでになった。
ただし、『アルカナハート2』では大幅な性能変化により、最弱キャラ扱いに逆戻りとなってしまった。
それでも隠しキャラとも言われる某有名リーゼ使いによりはぁと舞織を差し置いて闘劇'08本戦に出場した。
そしてその後のバージョンアップにより再調整を受け、最弱からは脱出した。
『3』も当初はあまり強くないとされていたがテクニカルキャラの常として、やりこまれるに従って
しだいにランクが上昇。最上位とまではいかないが二番手グループにいる強キャラとなっている。
このようにシリーズ中でもキャラランクの変動が最も激しいキャラとなっている。

+ 参考動画

コマンド投げ「緋の瞳のレーツェル」は決めると相手にちゅーをしている……ように見える。
実際は顔を近づけて邪視、つまり相手と目を合わせて睨んでいるだけらしい。おのれ謀ったな!?
入れられた相手は上下左右の入力が逆になってしまう。対CPU戦では意味のない技だが、対人戦だと効果時間も長く頼りになる技。
ただ、やりこんでいるプレイヤーはこの状態でもコンボを叩き込んでくることもあると言う。
例えコマンドに裏切られてもやりこみは裏切らないのである。
『2』では効果時間中にもう一度当てると効果が切れてしまう仕様になった。

クリティカルハートは「紅きメツェルンに染まる闇」。
「マーキング1つ以上設置」「人形は収納状態」という発動条件があるため少々使いづらい。
設置していたマーキングが攻撃判定に変化、命中すると人形が登場し相手を滅多切りにする。
実装当初は特定の技で追撃可能、受身不可能になり永久コンボを作れたが、バージョンアップで修正。
『すごカナ』では発生が5Fに短縮、空中ガード不可と強化された。

技中リーゼ本人は何をしているかと言うと、のんきにティータイムを楽しんでいる。
また、『3』ではエクステンドフォース中に発動すると演出が変わる。
某アカツキメガネの人のごとく目だらけ奇怪な空間へ連れ込み、
攻撃後は巨大な十字架墓標を打ち立てる。


契約アルカナについて

契約アルカナは、闇のアルカナ「ギーァ」
黒いスライムのような姿をしており、闇の中に溜まった嫉妬や憎しみといった負の感情が形を成し聖霊化したもの。
家族を失ったリーゼロッテに目を付けて契約を結び、糧を得るために力を貸している。
ディウー・モールといいこいつといい、この「ハートフル2D対戦アクション」においてハートフルな要素が一切無いのはどうしたものか。
ただ、上記に挙げたはぁととの交流などから負の感情が薄れつつあるため
ギーァとの契約が近いうちに切れるのではないかとファンの間ではしばしば言われたりする。

性能としては設置に長けている。このアルカナを選択すると自分の影がギーァとなり、
自分についてくるようにギーァが移動、そこから攻撃が発生する。
コマンドを入力後、Dボタン押しっぱなしで待機状態を持続可能。持続中はレバーの左右で影の位置を調節でき、
動作中に再度コマンド入力すると動作終了後に入力した動作を行う。

アルカナブレイズ「シュヴーァ」は範囲は狭いが発生OFのコマ投げで、当たった相手を小さなギーァのような物に変えてしまう。アナカリスの王家の裁きに近い。
変身中はガードも出来ず、前後移動、しゃがみ、ジャンプ、エネルゲイアを除く一切の行動が行えなくなるが、
攻撃を受ける度に跳ねるために多段技やロック技を当てると1段目しか当たらず、
喰らい判定(特にしゃがみ時の)が妙に小さいので、キャラによっては追撃が難しい。
2からは打ち上げ、ふっとばしの最大溜め成立攻撃がヒットしてもこの状態となるが、変わりにふっとばず地面に落ちる。
わざわざ変身させなくても吹っ飛ばしてホーミングで追いかけたほうがダメージが伸びるような気が……
この姿は相手の特徴を反映し、愛乃はぁとならハート型のアホ毛、廿楽冴姫ならヘアバンドなどをつけた状態になる。妙に可愛い。


MUGENにおけるリーゼロッテ

アフロン氏制のものが有名。
その他にもいくつかアレンジ要素の加わったものがあり、
バリエーションではこのはと並ぶ多さである。
+ アフロン氏製作
+ レイ氏制作 アインス
+ りゅん氏製作 K_リーゼロッテ
+ ミマァ氏製作 リーゼロッテ(『3』+アレンジ仕様)

また、凶悪改変キャラとしてlunatic氏製作のルナティックシステマー、影縫氏製作の沈黙少女(サイレントガール)が存在する。
余談だが人形(エルフリーデ)も狂キャラとして単体でMUGEN入りしている。製作者はルナティック、システマーと同じlunatic氏。
何故人形だけのほうが強いのかなんてことはこの際気にしない方がいいかも。



動画での活躍

人形を使う殺し屋というイメージやゲーム中の戦闘スタイルから、よく『ジョジョの奇妙な冒険』のデーボと似た者扱いされる。
ドイツで人形、ゴスロリ、鞄というキーワードから、『ローゼンメイデン』を連想する人もおり、「薔薇乙女」「薔薇人形」などと呼ばれることも。
公式のほうもそちらのほうを意識しており、各ドールを模したカラーリングが存在している
「緋の目のレーツェル」「ヴェヒタァの微笑み」など、ドイツ語と日本語の入り混じった技のネーミングセンスはレミーといい勝負である。
まあ、レミーのように通常技の全てに至るまで名前があるわけではないようなので、その点では彼に一歩譲るが。
某大会ではレミーとタッグを組んで出場したこともある)
技の名前は、姉と相談して決めたらしい。
……ちなみに、その姉であるゼニア・ヴァロフも同じようなネーミングセンスの持ち主(ただしロシア育ちなのでロシア語)である。

ストーリーでは暗殺者枠の他、シリアス系以外のストーリーでは某ストーリーの影響か割とフリーダムになっている。
また、その某ストーリーからの出張もある。


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...