Tristan Samroy


「Rolling Thunder!!!」

ロールシャッハの製作で知られるSean Altly氏が制作したオリジナルキャラクター。
名前の読みは「 トリスタン・サムロイ 」。
『S.H.A.D.E. of Manhattan』のストーリーとは無関係。

両親によって数多くの最新鋭の格闘技を習った御曹司。
しかし非常に飽きっぽい性格で、どの格闘技もマスターする前に辞めてしまい、
その結果無数の格闘技を混合させた特定のスタイルを持たない我流の格闘術を身につけている。
ちなみに最も長く習ったのはムエタイ。構えも基本的にはムエタイをベースとしている。
そんな中、彼は世界規模の格闘大会が開かれることを知り、
一つの流派にこだわらなくても、自分には独自のスタイルがあることを立証するために参加を決意する。
ドット絵ジョー東二階堂紅丸を改変して作られている。
そう考えると確かに設定は二人に似ている。


格闘スタイルは接近戦主体で、回避回転で間合いを取りながら必殺技を狙っていく。
エアニースマッシュに似た空中膝蹴り技(ただし両足で蹴る)「American Airborne」や
組みついて膝蹴りを叩きこむ「Machine Gun Knee」など、膝を使った技が多い。

+ 大会ネタバレ

「Hey!What's happen?」

出場大会