ドラキュラ伯爵


 「私は自らの力で蘇るのではない。

   欲深な人間共によって蘇るのだ。

    力が唯一の正義なのだからな」

『悪魔城ドラキュラ』シリーズの登場人物であり、同シリーズのほぼ全ての作品でラスボスを勤める。
名前で判る通り、近代吸血鬼の祖であるブラム=ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』がモチーフ(つまりアーカードと同一存在)だが、
ドラキュラのモデルとなった実在人物の方をベースに大幅なアレンジを施した、殆どオリジナルキャラとしてデザインされている。
ただし史実の方では公爵であり、そっちと同一視設定の上で伯爵を名乗ると、肩書きが途中のどこかの時点で大幅に落ちる事になる。
(ヨーロッパの爵位は領地所有に付随するもので、公爵は公爵領の領主、伯爵は伯爵領の領主。
 例えば公爵領と伯爵領の両方を持ってたとすれば位が高い公爵のほうで呼ばれ、公爵領を譲渡したり没収された場合は伯爵になる)

演じた声優は、若本規夫氏の他、大場真人氏、中田譲治氏、石丸博也氏など。
2011年現在、若本氏が担当した作品が一番多く『月下の夜想曲』『ギャラリーオブラビリンス』
『Xクロニクル』(『血の輪廻』のリメイク)『奪われた刻印』『Harmony of Despair』の5作。

ファンとしてもその印象が強いのか「吸血若本」「神祖若本」なんて呼ばれることもある。
作品によっては に走らないきれいな若本ボイス で「ダークインフェルノ!」「デストラクションレイ!」 「そうしてぇ!」 などと
技名を叫んでくれることもあり、非常に渋カッコイイ。

本名は前述の実在するワラキア公爵の名より、ヴラド・ツェペシュ。享年937歳。
なお、実在人物の「ツェペシュ(「串刺し」を意味する)」は名字ではなく「ドラキュラ(「竜の子」の意味)」同様にあだ名であったが、
『悪魔城ドラキュラ』シリーズでは、これが名字と言う設定(後述のアルカードのフルネームなど)になっている。

吸血鬼にして全ての魔物を束ねる魔王であり、冥府の番人である死神を始めとした強力な魔物を配下に置く。
力の根源は混沌(=宇宙)と人々の悪意であり、約100年ごとに魔王の力、つまり悪魔城と共に復活する*1
息子のアルカードによると、ドラキュラ(魔王)とは「『神と対極の存在』であり、世界に不可欠なもの。よって、絶対に不滅」らしい。

復活しては宿敵のベルモンド一族やヴァンパイアハンターに倒され、そしてしつこく復活を繰り返すが、
1999年にユリウス・ベルモンドとその仲間によって混沌と切り離され完全に滅亡する。
ちなみにこのエピソードは、今現在は回想として語られるだけでゲーム化はされていないが…
  • ドラキュラの完全なる復活か滅亡が予言されている運命の年
  • ユリウスやアルカード、ドラキュラの魔力の繋がりを断ち切った白馬神社の神主など充実したメンバー
  • 時を操る能力を持つサンジェルマンなる人物がこの戦いを見学しに行っている
等々話として盛り上がる要素が多いため、ファンの間では「 この話がゲーム化される時、悪魔城シリーズは幕を閉じる 」と噂されている。

その後、2017年に来須蒼真という名の日本人に転生し、
『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』と『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架』にて主人公を務めている
(ちなみにこちらのCVは氏)。

+ 余談

+ ドラキュラ伯爵の出自

ちなみに『悪魔城ドラキュラ』シリーズとはいっさい関係ない余談だが『ワールドヒーローズ2』の没キャラにドラキュラが存在する。

+ 外部出演


原作でのドラキュラ伯爵

作品によってある程度の違いがあるのは当然だが、基本的な戦法は多くの作品で似通っている。

第1形態では基本的に歩行や飛行等はせず、移動はワープのみで行うことが多い。
接触すれば当然ダメージは受けるが、完全に現れるまで接触判定は無いため体当たりに関してはさほど脅威ではない。
初期の作品を除けば光の柱のようなもので出現位置が分かるので、事前に回避するのも容易。
出現後にはマントを開き、中から「ヘルファイア」(火炎弾)や「ダークインフェルノ」(スパークする暗黒弾)を繰り出す。
弱点は頭部のみで、サブウェポンを除けばジャンプしないと攻撃が当たらないため、
焦ってジャンプすると降り際に伯爵の攻撃を食らってしまうことも多く、落ち着いて対処するのが何より重要。

マント姿の第1形態を撃破するとモンスターのような第2形態へと変身するのが定番だが、『奪われた刻印』のような「変身しない第2形態」や
『Xクロニクル』『ドラキュラ伝説 ReBirth』で「ある条件を満たすと第3形態に変身する」という変則的なパターンも存在する。
変身すると飛行したり攻撃範囲が広がったりするのだが、ワープしなくなる上に全身が弱点となるため攻撃を当てやすく、
むしろパワーダウンしてる と言われることも結構多かったりする。
ちなみに『奪われた刻印』の第2形態では周囲を切り裂く大上段からの踵落としを繰り出す他、
伯爵の貴重な歩行シーンを見る事ができる。ただし頭部のみの当たり判定も変わらないのでかなり厄介になっている。
更に倒しても「この程度の術では私は滅ぼせない(意訳)」と言ってしばらく力を溜めはじめる。
この時にドミナスの合成印術を使えば伯爵を倒してクリアになるが、そのまま放置すると即死攻撃を撃たれてゲームオーバー。

MUGENにおけるドラキュラ伯爵

+ ライグ・ギラル氏製

+ ライグ・ギラル氏製 ドラキュラファントム
+ fhqwhgads7氏製 I wanna be the guy仕様


出場大会

出演ストーリー


*1
……と、設定上はなっているのだが、現在では作品数の増加に伴う後付けにより まともに100年眠っていたことの方が圧倒的に少なくなっている
というか、ちゃんと100年寝ていたのは1591年(ドラキュラ伝説II)~1691年(悪魔城ドラキュラ)の 1回きり である。
一応「100年近く」まで条件を緩めれば1479年(闇の呪印)~1576年(ドラキュラ伝説)や1698年(ドラキュラII)~1792年(血の輪廻)も該当するのだが(ドラキュラファントムはノーカウント)。