響良牙


「ここはどこだーっ!!」

高橋留美子の漫画『らんま1/2』の登場人物。頭に巻いたバンダナと牙(八重歯)がトレードマーク。アニメでの声優は山寺氏。
主人公・早乙女乱馬の転校前の同級生。昼食時の購買部パン争奪戦で乱馬に負け続け、敵視するようになった彼に決闘を申し込む。
決闘を受諾したにも関わらずすっぽかした(実際は良牙が大遅刻しただけ)乱馬を追って中国へ渡るが、
偶然立ち寄った呪泉郷で黒豚溺泉に落ちたため、「水をかぶると黒い子ブタになり、湯をかぶると元に戻る」体質になってしまう。
その後日本に戻り、半ば逆恨みのような形で(後に呪泉郷に突き落としたのが乱馬と判明したため結果的に逆恨みではなかったが)
復讐しようと乱馬の前に現れる。
基本的に正々堂々とした戦いを好み、決闘したり時には共闘したりと事実上のライバルに当たる。

素直で単純な性格の好青年なのだが、思い込みの激しさやその単純さであっさり騙されたり、問題を起こしたりする。
乱馬の許嫁の天道あかねに惚れているが、極度の奥手の上、あかねの鈍さもあって全く進展しない。
また黒い子豚姿を本人が強く恥じ、そんな体質を知られればあかねは自分を嫌うという思い込みも大きな原因ではある。
(そしてこの変身体質が乱馬への恨みや怒りの大きな成分でもある)
が、一方でその姿はPちゃんと呼ばれてあかねに可愛がられており、本人もそれに満足してる節が見受けられる。
(あかねの胸に抱かれているのをらんまにエロブタと言われた事もあったり)
また極めて純情で普段の姿であかねやシャンプーの裸体を見ると、パニックを起こす乱馬に対して、良牙は大体鼻血を出して気絶する。

物語中盤では久遠寺右京とコンビを組む事が多く、映画でも何気に良い雰囲気になったりしていたが、
物語後半では雲竜あかりという良牙にベタ惚れのブタが大好きな女の子も登場し、
(ただし当初は良牙がブタに変身できることを知らなかったので、それが惚れた理由ではない。
 惚れたきっかけは良牙がブタと戦って勝ったからで、ブタに変身できると知った後より一層惚れたりはしたが)
あかねへの想いを残しつつも、気持ちが彼女の方へシフトしていってるようだ。
余談だが、あかねがショートヘアになった原因の人物でもあるがお互い遺恨は残っていない模様。

また極度の方向音痴である。どれぐらい方向音痴かというと東京都内を移動するのに北海道と九州を経由してしまうほど。
というか向こう岸が見えている池すらまともに半周する事が出来ない。
そもそも冒頭の”決闘に大遅刻した”原因もこれ。
池を半周出来ない男の為に数日学校で待った乱馬とは案外仲がいい感じがする程。
温泉郷での二人三脚ではスタート直後に真後ろに走ろうとしたこともある。当然相方もろとも転倒した。
そのため、「自分の家に連れ帰ってもらうために乱馬に道案内を頼む」というおかしな状況になる(これは幼少時かららしい)。
本人もある程度は自覚しており、目的地に予定通りつくため一週間早く出発したり、
野宿用のテントなどを入れたリュックサックを常に背負っていたりする。
更に爆砕点穴を覚えてからは迷子になると爆砕点穴で地面を掘り進むようになった為、ますます迷子に拍車が掛かってしまっている。
ちなみに良牙の家族も極度の方向音痴であり、自宅には飼い犬のシロクロ以外殆ど常に誰もいない模様。
買い物前に息子に作った料理が干からびても家に辿り着いていないほどで、方向音痴は遺伝性の物のようである。

その戦闘力は非常に高く、常に超重量の番傘を持ち歩き、
それを片手で易々と持ち上げるほどの腕力を持つ。この傘は雨に濡れて黒ブタに変身しないための雨傘としても使用している。
スピードや技で戦う乱馬に対し、攻撃力で圧倒するパワー型というイメージが強い。
また、身に付けているバンダナやベルトを刃物のようにして武器とすることもできるが、序盤以降は使わなくなった。
冒頭の方向音痴のせいか地図作成はものすごくヘタなのだが、バンダナブレード投げなどを出来るため案外手先は器用で
格闘新体操をらんまに指導したのも良牙である。
後に岩盤を一撃で破砕する秘孔「爆砕点穴」や気弾を飛ばす「獅子咆哮弾」等、強力な技を会得する。
また、爆砕点穴会得時の修行の効果で異常に打たれ強くなった。

+ 技解説

基本的に乱馬の最大のライバルであり、ストーリーの最中では幾度となく乱馬に勝っていたりする。
乱馬がそのリベンジを果たすのもストーリーの流れの一つとしてよく見受けられる。
また乱馬以外のメインキャラにも殆ど負けてない辺り、乱馬に匹敵する実力である事を印象付けている。
あのナルシストの乱馬にして「俺と良牙が組めば無敵だぜ!」と言わせたくらいであり、暗にその実力を高く評価している。
なにせ、良牙と互角に戦えたから強キャラ、という説のあるキャラクターが何人かいるほどである。誰とは言わないが。
メインキャラでは二人の妖怪にはボロクソにされているが、それは乱馬を始め大概の面子も同じである。


原作での性能

爆裂乱闘編

小学館発行のオフィシャルブックによれば、6段階評価でリーチ6、攻撃力5、耐久力4、ジャンプと移動速度が3、技のスピードが1。
多彩な必殺技を持つので、遠距離から近距離まで戦えるパワーキャラである。その反面、機動力のあるキャラに弱く、対空もきびしい。
対空としてジャンプ大キックや大パンチである頭突きを頼らねばならない。接近戦では回転足払いからの獅子咆哮弾が有効だ。
バンダナ投げと爆砕点穴のタメ時間の把握、獅子咆哮弾の出すタイミング、けん制技を距離で変えていけば上級者入りである。
しかし肝心の技を2段ジャンプで飛び越えてしまう女らんま、どの距離でも優位に立てないシャンプーには致命的に相性が悪い。
ダイヤグラムは全13キャラ中8位であるが、攻略本によればランク以上の戦いができるとのこと。
……ところが、この攻略本のダイヤグラム。なぜか良牙だけやたら誤植が多い
他キャラは誤植がないのに、良牙の項目だけ非常に誤植が多くて判断しかねる。
良牙の項目では久遠寺右京は8:2と書いてあるのに、右京の項目では良牙戦は5:5というありさま。
ちなみに、苦手の女らんまとシャンプーのダイアグラムに誤植は無かった。どちらにもハッキリと8:2、7:3と記録されている。
良牙以外のキャラのダイアグラムの誤植はあかねVS八宝斉、あかねVSパンスト太郎(変身後)だけ。不憫である。

超技乱舞編

動きはやや鈍重だが、原作を再現した最高クラスの攻撃力と防御力でそれを補うパワーキャラ。
特にその装甲の硬さは全キャラ中3位、ハーブ早乙女玄馬に次ぐ性能である。

技はおなじみの飛び道具「獅子咆哮弾」、土砂を高く舞い上げる無敵対空の「爆砕点穴」、突進技として低姿勢で突っ込む「スライディング」と当たれば追撃が確定の「飛び込み頭突き」の二種類など、早乙女乱馬にも似たスタンダードな構成と言える。
ただ「獅子咆哮弾」は「猛虎高飛車」に比べると弾こそ少し大きいが、その分硬直が長い為リスクが高いなどその性能は少し劣る。

特筆すべきは、やはりその法外な火力・爆発力の高さ。何せ上述の突進技「飛び込み頭突き」がちゃんと入るとそれだけで 気絶が確定→追撃コンボで9割が吹き飛んでしまう (ちなみにガードされても反撃は受け辛いので十分実戦的)。
そして当然のようにジャンプ攻撃からの10割コンボも実装。気絶を絡めたワンチャン火力はこのゲームにおいては珍しいものではないが、その中でも群を抜いて凄まじい爆発力を発揮していると言えるだろう。

そしてもう一つ挙げられる良牙の強み、それが「爆砕点穴」の非常に高い性能である。
無敵を持つのはもちろん、舞い上がる土砂に攻撃判定がある為無敵対空技としては 破格のリーチ・攻撃範囲 を誇る。また強版は多段ヒットするせいで地上ガードさせても距離が離れて滅多に反撃を受けず、削りダメージも高め。
空中ガードが無い本作でこの使い勝手の良さは凄まじく、二段ジャンプでフェイントを掛けられるらんま、シャンプー以外のキャラにとっては非常に脅威となる。

ちなみに、隠し技でもある最大奥義「獅子咆哮弾完成型」は、一度獅子咆哮弾を空中へ放った後脱力した良牙の頭上から飛び道具が落ちてくるという原作再現がニクい技なのだが、それゆえにかなり性能が悪く死に技となっている(まぁ最大奥義では良くあることなのだが)。


MUGENでは

海外でもLegatoB氏の超技乱舞編ベースなど複数あるが、国内でも暗黒内藤氏によって製作されたものが公開されている。
主に動画で見かけられるのは暗黒内藤氏のもの。
暗黒内藤氏の良牙もらんま1/2超技乱舞篇をベースとしているが、ジャストディフェンス・アドバンシングガード・ガードキャンセル・空中投げ・メガクラッシュ(コンボ抜け)・クイックアプローチなど
割と最近の主流な格ゲーのシステムにて構成されている。
エフェクトなども元ゲーとは大分異なり、オリジナルの必殺技・超必殺技が搭載されるなど、アレンジ要素を多数盛り込んだキャラとなっている。
獅子咆哮弾を用いた技はすべてに体力補正がかかっており、瀕死になればなる程威力を増していく。(補正最大時威力1.25倍)
3ゲージ使用の最大奥義「獅子咆哮弾完成型」は、原作の超技乱舞編では上記紹介の通り死に技であるが、それを感じさせない程強化されている。
更に原作漫画の再現で、良牙が気柱を放出した後の放心状態は飛び道具がすり抜ける状態になる。(気が抜けている為、落下してくる気弾がすり抜ける)
逆に言い換えると、放心中に相手に殴られると普通に喰らい、放心状態が解除される。結果、落下してくる気弾に自分も押し潰される。(要は自爆)
落下してくる気弾は高威力であり、原作漫画通りの展開もやろうと思えば可能。
ちなみに、ボイスは基本的にPSの『バトルルネッサンス』のものが使われているが、
一部ギュネイ・ガス(CVは良牙と同じ山寺氏)のものも混ざっている模様。
暗黒内藤氏の自作AIが搭載されている。
AIレベル・アドバンシングガード率・ジャストディフェンス率が設定出来る。
また、同氏作の天道あかねが相手だとAIレベルが強制的に0(OFF)になる。仕方ないね。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー

Mr.Kの挑戦状Dynamite(LegatoB氏製)


  • おすすめコンボ(暗黒内藤氏良牙の場合)
コマンド 備考
A→4Y→ジャンプ→JX→JY→JB→空中投げ or J2Y 立ち下段開始の空中コンボ。〆をJ2Yにするとダウン追い討ちも狙える。
2A→2Y→2B→2A+B→爆砕点穴→超獅子咆哮弾 1ゲージ使用の下段開始コンボ。ちびキャラにも当り、5割近く持っていける。
A→X→B→6Y→三連撃→爆砕点穴→最大級獅子咆哮弾 3ゲージ使用のコンボ。8割位減らせる。