アルトアイゼン

「分の悪い賭けは嫌いじゃない…!」

バンプレストの『 スーパーロボット大戦 』シリーズに登場する、ゲームオリジナルのロボット(PT:パーソナル・トルーパー)。
初出は『スーパーロボット大戦COMPACT2』三部作。
その後、リメイク作『~IMPACT』やバンプレストオリジナルロボット・キャラクター達がオリジナルの世界観やシナリオ、設定の下に集合した
『OG』シリーズでの活躍を経て、今やすっかり人気者。設定的にはパイロット含めぶっちゃけ主人公機としてシリーズ最弱クラスなのだが後付設定や人気補正で暴れ回っている。
尚、本項に出てくる「特機」というスパロボ用語は、パラメータ上で「攻撃力・防御力に長けるが運動性は低く、近接・格闘を得意とするユニット(駒)」の事を指し、マジンガーZ等の所謂“スーパーロボット”のことを表している。

元々「アルトアイゼン」は「ゲシュペンスト」という同じくバンプレストオリジナル機体をベースとして、量産化を前提に開発された機体である。
設計・改修を担当したマリオン・ラドム博士の意向によって、不安定要素の多い異星人の超技術EOTは使用されておらず、機体の信頼性は高い。
(この為、素の状態では飛行能力も持たない。
 ただし、ブースターに加えてアフターバーナーや過給器まで搭載されているため、短時間だがとんでもない加速で「跳ぶ」ことはできる。
 コミカライズ版では、この方法で真上にいたリオンに無理矢理追いついて掴んだ上でクレイモアをぶっ放した)
が、ビーム主体になりつつある機体が多い中でガトリングガン(機関砲)パイルバンカー、クレイモア*1等の実体弾てんこもり(…とされていたが、実は メイン武器のパイルバンカーがビーム兵器 *2である)の重武装に
重装甲とビームコート(バリア)をひっ被せ、強力なブースターによる爆発的な加速力を利用した
『絶対的な火力をもって正面突破を可能にする機体』、つまり「正面突破」「先手必勝」「一撃必殺という、たとえ両腕がもげようとも肩のクレイモアで、
肩が無くなろうとも頭にある予備兵装ヒートホーン(搭乗者は普通に奇襲で使ってるが)で突撃可能という、
まさしく浪漫溢れる極端すぎる機体コンセプトは「時代に逆行している」と酷評され、
(但し、実弾銃や実体剣はジャミングやバリア等で無効化されにくいという設定の為、量産武器としては実はこれらの方が主流)
パイロットを選びすぎる(乗り換えシステムの関係上、多くの自軍パイロットが搭乗可能ではあるが機体との相性が悪い場合が殆ど)ピーキーな性能もあって、結局量産化には至らなかった。当たり前だ。
(搭乗者にすら初見で「ばかげた機体」と言われ、さらには他の人物から「キワモノ」とも呼ばれたほど。
 格闘寄り、超能力持ちのチームメイト(CV:杉田智和)ですらシミュレーターに乗っただけで吐くレベル。
 しかも、搭乗者に言わせればそのシミュレーターですら「Gが軽くて参考にならない」。
 搭乗者もアルトで無茶な駆動をかけた際に骨にヒビが入ったり、吐血したりしている描写がある。開発者の性格がうかがわry)
その為、量産化の際に付けられる筈だった「ゲシュペンストMk-III」の名称も貰えず、テスト時のコードネーム
「アルトアイゼン(ドイツ語で古い。意訳するならクズ鉄)」という蔑称が定着してしまった。
一方で、パイロットの腕込みとはいえ達人クラスのパイロットの搭乗する倍近いサイズの特機に対して互角に戦えるというのは特筆出来る点だろう。

メインパイロットであるキョウスケ・ナンブ()との相性は非常に良く、パートナーであるエクセレン・ブロウニングが駆る
兄弟機「ヴァイスリッター」とのコンビネーションによって激戦を戦い抜いている。

当然のことながらパーツは専用のものが使われているらしく、OG2ではアルトが何度もイベントで壊された結果、「パーツがそろそろ足りなくなる」と言われたりする。
逆に、こんなもんを動かすパーツだけに頑丈にできているらしく、OG1では試作型変形合体ロボ「SRX」の合体における
関節部等の強度問題をアルトアイゼンのサーボ・モーターを流用して解決するという凄い事をやらかした。
何が凄いかというと、改善前の最初の合体では合体状態が3分以上維持できなかった上、
強度の問題から以後の合体が不可能になったものが、アルトのパーツを流用した途端すべてチャラになった。どんだけー。
一応、本来の設定は「合体回数が数回増える」というものなのだが、
その直前の会話で開発陣が合体可能時間の時点で頭を悩ませていた事を考えると、とんでもない進化である。


アルトアイゼン・リーゼ

「これが俺の、切り札(ジョーカー)だ!」

作品によって経緯は違うものの、物語終盤で改修されたアルトアイゼン。初出は『第3部 銀河決戦篇』。
リーゼとはドイツ語で巨人の意味で、人名ではない。これにより「クズ鉄」は「古の鉄巨人」へと昇華した。
このリーゼ、アルトアイゼンを更に 兵器として間違った ロマン溢れる機体に改造したもの。
パイロットのキョウスケが「これから戦う強敵(注:相手はバケモノ化したヴァイスや倍近いサイズの特機。前述の特機とはまた別)に対して
「当たり負けしない機体を」と改造プランをマリオン博士に見せたところ、「どうせやるなら徹底的に」と本気と書いてマジに徹底的に改造した結果出来た機体で、
  • 頭部の角でをする武器「ヒートホーン」を更に長い「プラズマホーン」に(作品によってはミサイルや近接攻撃などをこれで切り払う
  • 左腕の3連マシンキャノンを5連チェーンガンに換装。
  • 近接戦闘の切り札、両肩の「スクエア・クレイモア」をベアリング弾の搭載数を増やすため更に大型化した「アヴァランチ・クレイモア」に換装。
    上の画像を見ればわかるとおり凄まじくバランスが悪く、立体化した場合まず間違いなく腕の稼動範囲に悪影響を及ぼすモデラー泣かせの代物である。
  • それに加えて背面のブースターも倍近く増やした上に大型化。特機にもパワー負けしない
    (でも、ピーキー過ぎて並のパイロットではまともにコントロールできない*3)。
  • さらに大型フレキシブル・スラスターとヴァイスリッターより流用したスタビライザーを取り付け運動性能UP。
  • でもそのままじゃまともに歩く事も出来ないので、バランス調整用にテスラ・ドライブ(要は反重力装置。本来は飛行用)を搭載。
    (重すぎて長時間は飛べないが動けるので問題なし。短時間なら飛べないことも無いだろうが、多分ジャンプの延長。 OVAでは軽快に飛びまわってたけど気にするな!
  • テスラ・ドライブのお陰でバランス面での問題が解決したため、アルトアイゼンには大口径過ぎて著しくバランスを崩す所為でお蔵入りになってた
    試作型のリボルビング・ステーク、「リボルビング・バンカー」を搭載。カートリッジのサイズが当社比1.5倍。
  • 上記の結果、殺人的な加速Gにより出撃前に食事をとるなら消化に良いものが推奨される。

見ての通り、「大きくすれば強くなる」という考えが垣間見える。劇中のキャラ曰く、開発者の名前をもじって マ改造
…ちなみに「大きくすれば強くなる」はキョウスケ案の中に盛り込まれており、マリオン博士からは「大きくすれば強くなると思っているのか」と言われているが、
結果はこの通り。っつーか、アルトの元パーツからしてデカかったというどうしようもないオチがついた。
こんな物、どこか壊れたパイロットしか乗れない、というか普通の人は乗らない(無理に乗せると戦闘中に文句を言い出す人物が若干いる)。
もっとも、当のパイロットもパイロットで「素晴らしい」と絶賛しているので、問題は無いのだろう、多分。褒めちゃうのかよ!
なお、マリオン博士はそれ以前にもアルトより若干マイルドだがほぼ同コンセプトの機体「ビルトビルガー」
(搭乗者及び一部のパイロットを除いた他の人間が呆れるくらいには特攻仕様、キョウスケとカチーナの意見を参考にしたとはいえバンカーの変わりに右腕にデカイ鋏を装備)を開発していたりするのだが、それはまた別の話なのでカット。
ちなみにこのマリオン博士、女性である・・・・すごい博士だ。
余談だがOG1ではすでにアルトアイゼン(とヴァイスリッター)の強化プランを作ってる旨の台詞があったりする。
その場合、どんな機体になってたのだろうか。
まさか無限のフロンティアのナハト仕様じゃあるまいな

なお、最強武器であるエリアル・クレイモア(旧ver.における『切り札』)は、全兵装を連続でありったけブチこむという、
武器と言うより必殺技と呼ぶに相応しいもの。他のパイロットでも普通に使えるのは、モーションデータを使いまわしているからだと思われる。

余談だが初出の時はキョウスケ案を元にヴァイスリッターとモビルスーツ(『IMPACT』ではモビルファイターエステバリスも含む)等の
予備パーツで改修されたという設定だった。そのため、前述のビームバリアもディストーションフィールドだったりする。
いつの間にかキョウスケ案は参考程度の設定になってしまったが。なんてこったい。

各作品における性能

+ COMPACT2
+ IMPACT
+ OGシリーズ
+ 他社ゲームにおけるアルトアイゼン

+ パイロット「キョウスケ・ナンブ」について

その他アルトアイゼンの系譜

平行世界の当機や開発過程において関係のある機体達。
+ ゲシュペンストMk-III
+ アルトアイゼン・ナハト
+ アインストアイゼン
+ フリッケライ・ガイスト
+ アーマリオン
+ ラピエサージュ
+ ダイゼンガー
+ ビルトビルガー


MUGENにおけるアルトアイゼン

+ Kn氏制作 OGS版アルトアイゼン
+ らはーる氏制作 OG2版アルトアイゼン・リーゼ

出場大会


「どんな装甲だろうと…撃ち貫くのみ!!」



*1
本来は指向性地雷のことだが、カバー下にずらりと並んだ砲口からみてこの機体に搭載されているのはチタン製ベアリング弾を使用したメタルストームの類だと思われる。
メタルストームについて詳しく知りたい方は検索してみてください。

*2
アルトアイゼン初登場のCOMPACT2のプロデューサーである森住惣一郎氏曰く 「あの構造でバンカーが爆薬で伸縮するはずがない」 とのことで、
カートリッジに入っているのは爆薬ではなく衝撃波を発生させるためのビームだと2017年3月10日配信の「生スパロボチャンネル」で明かしている。

*3

「~~うわぁ…何コレ…」
「何で陸戦機にアフターバーナーだの過給器だのついてんのかしら
…あーー あらあら うわー…」

参考までに、コミカライズ版『スーパーロボット大戦OG ディバインウォーズ Record of ATX』においてキョウスケがはじめてアルトアイゼンに乗った際、少し距離を詰めるつもりで軽くスロットルを踏み込んだところ一瞬で敵の目の前まですっ飛んだため、ビビッてステークのトリガーを引き損なうという物凄い経験をしていたりする。
その後すぐに「コツは摑んだ」と薄笑い浮かべていたが。やっぱりこいつどこか壊れてる。

そこから単純に二倍の推力を与えられたと逆算すると、普通の人間が乗ったら出撃した次の瞬間
友軍機か敵機かその他の物体に正面衝突して死亡してもおかしくないと思われる。
……少しは自重しようよ、マリオン博士(&旧設定のキョウスケ)。

*4
+ アインストとは

*5
ソウルゲインとの決着では半壊した状態で走って襲いかかるが、あっさり撃退されている。
参考までに、変質前のソウルゲインとの押し合いではその加速力で勝ちかけている。